作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.07.02

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

Pocket

今や定番の常備菜ともいえる『鶏ハム』。
ハーブを入れたり、塩麹で漬けたり、様々なレシピがありますが、基本は塩。今回は砂糖をなじませてしっとり感をアップさせた鶏ハムレシピのご紹介です。
基本を覚えて、お好みのアレンジしてみてくださいね。

基本レシピ『ジューシー鶏ハム』

鶏胸肉ってパサパサする?そんなことありません。余熱でしっとり中まで火を通した鶏ハムは、驚くほどにしっとりジューシー。着色料も光沢剤も保存料も入っていない手作りのハムなら、安心して食べられますね。
冷蔵庫に常備しておきたい基本レシピです。
thumb_P6271524_1024

『ジューシー鶏ハム』の材料

・鶏胸肉 1枚
・塩   小さじ1/2強
・砂糖  小さじ1
・黒胡椒 適量
thumb_P6271486_1024

『ジューシー鶏ハム』の作り方

1. 鶏肉を観音開きにし、軽く叩いたら塩と砂糖をすり込む
thumb_P6271487_1024

thumb_P6271488_1024

2.皮目には黒胡椒をすり込む
thumb_P6271489_1024

3.ラップを大きめに広げ、その上に皮目を外側にして2を置く。きつく巻き、両側はキャンディつつみにして開かないようにする
thumb_P6271490_1024

thumb_P6271492_1024

4. その上からアルミホイルをきつく巻き、こちらもペラペラしないよう口をきつく締めておく
thumb_P6271493_1024

5. 沸騰した湯の中へ入れ、中火で15分加熱する
thumb_P6271494_1024
thumb_P6271496_1024

6. 火を止め、余熱で10分放置しておく
thumb_P6271504_1024

7. 水気を切って、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし、冷えたらお好みの厚さにスライスしてできあがり
thumb_P6271524_1024

『ジューシー鶏ハム』のポイント

・余熱でしっかり中まで火を通しましょう
・砂糖を加えることで保水性が高まりしっとり感が増します
・サラダやサンドイッチの具としてお召し上がりください。
『酢たまねぎ』を上からかけるだけでもおかずになります。

アレンジレシピ『鶏ハムのジンジャーねぎあんかけ』

鶏ハムを食べるのに少し飽きてしまったら、ちょっぴり見た目を変えていただきましょう。生姜とねぎたっぷりのあんかけで、ご飯が進むおかずに大変身。
thumb_P6271528_1024

『鶏ハムのジンジャーねぎあんかけ』の材料

・鶏ハム 適量

・長ねぎ   約20cm分
・生姜    1片
◎水     100ml
◎鶏だしの素 小さじ1
◎醤油    小さじ1
◎片栗粉   小さじ1
thumb_P6271497_1024

『鶏ハムのジンジャーねぎあんかけ』の作り方

1. 長ねぎは粗みじん切り、生姜はすりおろしておく
thumb_P6271499_1024

2. 小鍋に1と◎を全て入れ、よくかき混ぜて火にかける
thumb_P6271500_1024

thumb_P6271503_1024

3. 弱火で加熱し、ふつふつしてくるまで絶えずかき混ぜる
thumb_P6271507_1024

thumb_P6271508_1024

4. とろみがついたら、スライスした鶏ハムの上からかけてできあがり
thumb_P6271530_1024

『鶏ハムのジンジャーねぎあんかけ』のポイント

・片栗粉が入っているので、必ず加熱するときは常に混ぜるようにしましょう
・片栗粉を初めから入れることで、ねぎのシャキシャキ感が残ります。ねぎが苦手な場合は、水のみで加熱し、後から水溶き片栗粉でとろみをつけても良いでしょう
thumb_P6271526_1024

レシピ/管理栄養士 片山けいこ
IMG_4099
食のマーケティング会社で開発・管理運営など多岐にわたり経験。
保育園栄養士、行政の母子保健での講師を経て、現在はフリーランスとして、サイトへのレシピ・コラムの執筆、ケータリングやプチギフトの制作、料理教室、ワークショップなどフードコーディネーターとして活動中。
肩ひじ張らない あたたかみのある自然体な食ライフスタイルを提案している。
現在2児の母。

k-meals,新ロゴ-01
k-meals,ホームページ
Facebook
instagram

その他のおすすめ記事

こってりダレでごはんがススムおかずに変身『鶏肉の香味味噌焼き』

IMG_0705

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』