知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.07.23

斬新なアイディアで表現する『西隆行が魅せる 新しい有田焼のカタチ』

LINEで送る
Pocket

1616年、日本で初めて磁器が誕生し400年の歴史を持つ有田焼。有田焼は陶器でなく磁器。石を砕いた粉を原料にしているのが大きな特徴です。
そんな日本の磁器の聖地とも言える、佐賀県有田町で作陶する西隆行さんは、若手陶芸家ならではの自由な素材選びと斬新なアイデアが注目されています。今回、陶芸との出会いからものづくりにおけるこだわりについて、深くお話しを伺いました。
8

自分の手でものづくりをしたい

―― 西さんは、どんなきっかけで焼き物の世界に入ったんでしょうか?

昔からものをつくるのが好きで大学は建築やデザインの建築学科に進み、その後は一年くらい工務店で外構設計の仕事をしていたんです。ですが建築って設計するのは自分でも建てるのは大工さんで自分の手でつくるわけではないじゃないですか。もうちょっと自分の手の内で収まる、最初から最後まで自分の手でつくるものづくりをしたいなと思いまして。そんな想いがあり就職後1年くらいで脱サラして陶芸の方へ進みました。陶芸は23歳くらいから始めて約10年になります。

もともと大学のサークルで陶芸をちょっとやっていて、陶芸は原料をつくるところから焼き上げて商品にするところ、販売まで自分の届く範囲の中でできるところがあって。それに気づいて10年ほど前に有田窯業大学校に行きました。そこからまた助手をやりながら2年勉強して、いま独立して5年経ちます。

作品は助手の頃から百貨店に商品を出していたので、トータル7年くらいでいま自分の窯を持ちました。有田焼はけっこう分業の世界なので、窯元さんとかは絵付けの人、生地成形の人、釉掛けの人と色々分けていますが、自分は調合するところから全部やっています。
SONY DSC

自然の流れを磁器に表現

―― 西さんの作品にはいくつかシリーズがありますが、代表作について詳しく教えていただけますか? 

釉薬の流れた表情が特徴の「SHIZUKUシリーズ」が取り上げられることが多いですね。器の下部は磁器そのままで有田の標準的な天草陶土という天草で採れている土を使っています。磁器土がすごくなめらかでキレイな土なので、土そのままを出したいと思ってそうしています。

有田の方だと、焼締めだと汚れるとか言われてあまりされないんですが、自分はこの土のままのなめらかさがいいなと思っているので釉薬は塗りません。しっかり焼締めて耐水ペーパーで磨いているんで、最初につくったもので5年くらい経つものあるですが汚れてなくて真っ白ですね。もし油汚れとかをずっと放置してしまって染みたとしても磁器はキッチンハイターが使えるので真っ白になるんで大丈夫です。

この流れている釉薬は、通常釉薬というのは全体を薄く覆うものなんですけど、自分は上半分を通常の5倍から10倍分の厚みで分厚く釉をかけ、垂らしている感じです。あとは窯の中で自然と流れていきます。自然な液体の流れ方なので同じものはないですね。
6▲代表作のSHIZUKUシリーズ 時が止まったかのような液体の自然な流れを表現

―― この特徴のある釉薬について、アイデアのヒントは何ですか?

もともと釉薬って窯の中で溶けて、かたまっているものじゃないですか。性質としては高火度のガラスなんですね。昔から唐津焼の朝鮮唐津とかも釉薬が流れているもので、伊賀焼の灰釉とか、要は釉薬って流れているものなんです。

一方、有田は染付とか絵を描くので、流れないように流れないようにって調合して、流れてしまったら調合の失敗だみたいに言われたりするんですけど、自分は唐津焼やそういう釉薬の流れたものが昔からキレイだなと感じていて。流れ方次第なので苦労はありますが、青磁の流れた表情を作ろうと思い、やっていること自体は特別新しいことじゃないんですけど、伝え方や捉え方は面白いと思いました。

全国的にみると流れた作品を作っている作家さんもいます。でもこの作り方って歩留まりが悪くて、だいたい最初の頃とか商品にならなくて今も5割くらいで絶対量産はできないので、逆手に取って自分みたいな個人の作家じゃないとできない表現なんで面白いですね。

―― なるほどですね。作品をみていて、磁器土であったり釉薬であったり素材の良さを引き出す感覚について興味深く感じます。何にどう影響を受けていると思いますか? そのイマジネーションはどこからきているか教えてください。

作品はとにかく素材がよく見えるように考えています。焼き物を始めたときにいちばん好きだったのが釉薬で、その釉薬と素材の掛け合わせも質感が面白いので土物もいろいろ作っています。素材感も、磁器でやるんだったら白磁よりも青磁の青さがキレイだと思っていたんですね。SHIZUKUシリーズは青磁の釉薬を研究する中で、より青磁がきれいになるのを研究しました。そうすると厚くかけた方がキレイなんですね。厚くかけると、普通ちぢれるんですけど、これをできるまで時間がかかりました。

イマジネーションは、たとえば油絵を観るときや水彩画を観るとき、建築でもコンクリートや木材などテクスチャー自体の質感に自分は興味があると思います。もともと理系なので、研究的なものが向いていますね。陶芸の風合いは理化学的なものが大きい。深まれば再現性も大きくなります。
7▲西さんの釉薬ノート パターンが何冊にも渡り書き記されています
4

好奇心旺盛に、新しいことへ挑戦

―― その他に西さんの作品を支えているこれまでのことはなんですか?HPで拝見しました轆轤の技術の習得について詳しく教えてください。

轆轤の技術は窯業大学の助手時代から3年半ほど勉強会に通って有田の奥川俊右衛門先生に教えてもらいました。奥川俊右衛門先生は、有田の有名な人間国宝の井上萬二先生が師事していた奥川忠右衛門さんの内弟子にあたる方です。

轆轤のひき方は指の当て方や手の位置が異なったりと、いろいろありますが、有田はへらを使って形を作っていくのが特徴です。独立するまでは轆轤で飯碗とハマをひたすら繰り返して練習する日々で、陶芸教室でのバイトと陶芸の勉強の毎日でした。

あとは、好奇心旺盛なところですかね。普段からどうやってつくっているんだろう、どういう作り方をしているんだろうってものを見ています。自分よりもいいものを作っているのをみると悔しいし、やられたなぁという気持ちになりますよ。とくに同世代ですかね。いいものをみると悔しくなり、そういう部分が刺激になっていますね。
SONY DSC

西 隆行(にし たかゆき) 陶芸家
1984年福岡県生まれ。福岡大学工学部建築学科卒業後、大手工務店に入社し外構設計の仕事に就くも生業としての違和感を感じて陶芸の道へ進む。2009年4月に有田窯業大学校専門課程陶磁器科入学。卒業後、有田窯業大学校の助手業の傍ら商品を流通。2016年には有田町南山に工房を構え、現在に至る。
色の表現に際立った個性があり、若手陶芸家として注目を集めている。

記事/REALJAPANPROJECT
header_logo
REALJAPANPROJECT
REALJAPANPROJECTは日本のものづくり・地域産業のブランドづくりをサポートするプロジェクト。
“日本のものづくりをもっと身近に”という想いから、2009年にプロジェクトを発足し、日本各地のものづくりの現場に足を運びながら、ものづくりの本質を未来へとつないでいきます。

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

2019.05.01

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2019.04.29

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『34 愛しきお重ライフ』

2019.04.25

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

2019.04.17

バター不使用!おうちの常備おやつに『ナッツクッキー』

2019.04.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 32 よもぎ』

2019.03.30

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

編集部おすすめ記事

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

2019.03.25

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 31 我が町愛』

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.04.14

山菜の種類と食べ方を知っていますか?『春の息吹を味わう山菜』