得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.07.04

アンチエイジングの味方?『コエンザイムQ10のヒミツごと』

LINEで送る
Pocket

「コエンザイムQ10」ー薬局でサプリメントや美容ドリンクなどで見かけることがありませんか?
アンチエイジングに良さそうというのはなんとなくわかるけど、コエンザイムQ10とはなんでしょうか?その秘密に迫ります。

「抗老化」「抗加齢」。アンチエイジングとはなにか?

アンチエイジングとは、美容面、健康面において、加齢による老化現象を限りなく小さくすること、老化速度を緩めることをいい、「抗老化」「抗加齢」と訳される。老化による影響は、美容面では肌のシミやシワ、たるみ、健康面では認知症や骨粗しょう症、更年期障害、老眼などが挙げられる。
老化の要因は、加齢による細胞の機能低下や酸化ストレスの蓄積、ホルモンバランスの変化、免疫力の低下、紫外線のほか、遺伝子の変異などが考えられている。こうした老化現象を少しでも和らげることを目指し、現代ではさまざまな成分が研究されサプリメントなどで提供されている。今回は、「コエンザイムQ10」に注目してみよう。

酸化から身を守るなど、身体を支えるコエンザイムQ10の働き

コエンザイムQ10は「ユビキノン」「ビタミンQ」とも呼ばれ、ヒトの細胞のなかにあるミトコンドリアで作られている補酵素だ。補酵素とは、消化や代謝で働く酵素(体内で合成されるタンパク質)を助けるものをいう。ミトコンドリアは生命維持のための活動エネルギーを生産する役割を持っており、コエンザイムQ10はこのエネルギー生産に必要不可欠な存在でもある。またコエンザイムQ10は、ビタミン様物質といわれるビタミンに似た働きもしている。ほかにも身体を酸化から守る抗酸化作用が報告されており、コエンザイムQ10が減少すると、エネルギー不足、免疫力の低下、血行不良や肌の不調などの症状があらわれる。
国立健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報によると、コエンザイムQ10の有効性は、ヒト試験情報の結果では「心疾患 (心不全・狭心症・心筋梗塞)」においてコエンザイムQ10は「有効性がある」とした結果は11件、「有効性は認められない」とした結果は3件、「血圧」においては「有効性がある」が3件、抗酸化効果は「有効性がある」が3件、「有効性は認められない」が4件、糖尿病は「有効性がある」が1件、「有効性は認められない」が2件などの報告がされている。
1

20歳をピークに減少する、コエンザイムQ10の効率的な摂り方は?

コエンザイムQ10はヒトの体内では、20歳をピークに減少する。加えて、喫煙、ストレスや病気などでも減ってしまうことがわかっている。
コエンザイムQ10を含む食品は幅広く、肉類、魚介類などに含まれており、イワシ、豚肉、牛肉、鶏肉、オリーブオイル、ブロッコリー、チーズ、大豆などから摂取できる。国立健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報によると、「西欧型の食生活をしているときの摂取量は1日5~10mg程度」。また「その吸収率は低く、摂取した量の60%は吸収されずに排泄される」という報告があり、日常の食事だけで摂取するのは難しい。同研究所は、「コエンザイムQ10は脂溶性のため、空腹時よりも脂肪の多い食事と共に摂取するとより吸収率が高まる」と、効率的な摂り方をアドバイスしている。
コエンザイムQ10を効率的に摂取するために、サプリメントも多く販売されている。厚生労働省の発表によると、いわゆる健康食品としては、「1日推奨量が60mgの製品が最も多く流通しており、30mgを超える製品が80%以上を占めているほか、300mgの製品も流通しています。また、米国においては、サプリメントとして1日推奨量が100mgの製品が最も多く流通しており、多いものでは1200mgの製品も流通しています(平成16年11月(財) 日本健康・栄養食品協会調べ)」と発表している。

コエンザイムQ10の安全性は?

コエンザイムQ10は、1957年に発見、命名されて以降研究が進み、1973年に世界で初めてうっ血性心不全治療の医療用医薬品として日本で認可された。その後、1980年代にヒトを対象とした臨床研究が進み、1991年には日本で一般用医薬品として薬局薬店での販売が認可され、1990年代に世界各国でサプリメントとして販売されたあと、2001年に日本では食薬区分の変更により食品成分としての利用が認可されている。
もともと医薬品として用いられてきたコエンザイムQ10。健康食品としても同様に安全性と有効性が期待されているが、同成分でも、医薬品と健康食品としてではさまざまな違いがあり、含有量の差や、品質の差、摂取時の体内吸収率の差などが挙げられる。サプリメントはあくまで食品として、また食事を補助するものとして活用してほしい。厚生労働省などは、コエンザイムQ10は、一般的に高用量でも副作用が出にくく、かなり安全性が高いものとしているので、日常のバランスのとれた食生活や運動を心がけつつ、サプリメントをうまく取り入れてほしい。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

原因は生活習慣?『女性も気になる加齢臭のコト』

原因は生活習慣?『女性も気になる加齢臭のコト』

浴びすぎ注意!『気をつけたい紫外線トラブル』

浴びすぎ注意!『気をつけたい紫外線トラブル』

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』/a>

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』