知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

育児法 2017.07.07

メリハリがポイント『ママのじぶん時間の作り方』

LINEで送る
Pocket

かつては会社員をしており、現在は在宅で仕事というママ。会社を辞めたばかりの頃は家事と育児であっという間に時間が経ち、仕事時間の確保に苦労したそうです。
子育てしているときっと誰しもが考える、仕事と家庭のバランス。そして上手な時間の使い方。
あるママの経験から、そのヒントをすこし探してみませんか?
pic1

「会社に行かない分の時間は、家事や育児を充実させつつ、当然、在宅の仕事にもあてられるだろう」と考えていましたが、甘かったと感じます。しかも、面倒くさがりで手際も悪い私。こんな私でも、近頃はなんとか自分の時間を作ることができています。

なぜ、時間がなくなるのか

会社を辞めてすぐの頃、新たな生活リズムを作る過程で、思うがままに家事育児をしていました。今まで放置していた所の掃除をしたい、料理もバランスを考えて品数を増やしたい、子どもの習い事や勉強も見てあげたい、家の中は常にすっきりさせたい。しかし、家のことをやりたいようにやっていたら、在宅の仕事をする時間が全くできません。こんなはずではなかった、と、立ち止まって考えてみました。会社にいたとき、定時で帰るために手際よく仕事をしていたはず。家事と会社の仕事、何が違うのか。

私の出した答えは「スケジュール管理」でした。会社では、スケジュールソフトを使って仕事を30分単位で管理していました。家にいると、ちょっとボーっとしたら30分はあっという間。家での私は時間を意識せず、ダラダラと家事をしていたのです。そこで7時半までに洗濯物を干し終える、10時までに掃除機終わらせる、というようなことを、あえて手帳に書いてみることにしました。家事の他、ランチやPCへ向かう自分の時間、子どもの相手をする時間も細かく入れておきます。

すると、時間ぴったりとはいきませんが、行動ははかどり、次の作業の見通しもあるので、気持ちに余裕も生まれました。子どもに時間を使いたいので、学校から帰ってくる前には家事も仕事も終わらせておきたい、二人の子どものそれぞれの習い事の練習の相手なども行き当たりばったりでなく、きちんと対応したいという思いも、予定を立てるということで叶えることができました。
pic2

ただし、子どもからの「遊んで」要求ばかりは予定どおりにはいきません。それでもきちんと向き合いたいので、「○時○分までなら遊べるからね」と最初に伝えておくと、その間、親も子も真剣に遊ぶためか、たとえそれが15分程度だとしても子どもも納得して満足してくれます。

やっぱり早朝の時間がはかどる

pic3
人の頭が冴える時間帯は朝、という話はよく耳にします。子どもにも朝勉強をさせています。私の一日の予定を立てるときも、朝に重点的に家事の仕事を入れます。夜には面倒に感じることでも、朝のすっきりしている時間帯にはテキパキとやれるものです。もし寝起きの悪い朝でも、予定どおりにやろう、と自分に厳しく動くことで、結果的にすっきり目覚めて、その日も活動的に過ごせます。朝にPCに向かって一仕事、と考えたこともありますが、我が家の場合は子どもも早起きなので集中できないため、子どもの学校や幼稚園の時間帯が、「私専用」の時間帯です。

面倒くさがりママに「作り置き」はおススメ

pic4
手際の悪い私にとって、食事やお弁当の準備は時間を使ってしまう要因でした。作ることに時間がかかる他、メニューを決める、食材を買いに行く、調理器具洗い(食器は食洗機)、と、料理にまつわる事にかける時間が多いのです。自分のレパートリーが少ないので、いつもレシピを調べ、作る時もそれを見ながら。食材も2日に1度は買いに行く。休日に朝・昼・晩と料理すると、なんだか一日中キッチンに立っている気分。調理器具を使っては洗い、洗っては使い・・・。

嫌気がさしてきた頃にたどり着いた方法は「作り置き」でした。面倒くさがりママ、料理苦手ママにはおすすめです。私は5日分をまとめて作ります。作る日の午前中はつぶれてしまいますが、一度作ればその後5日間は料理に頭を悩まされなくて済むのです。食材買い出しも計画的にできるので、時間もお金も節約になりました。レシピはスマホや本をいちいち見るのではなく、思い切って全て紙に印刷し、調理台の前にならべます。調理開始前にあらかじめ段取りを決めなければならないので、それが功を奏して以前より手際がよくなりました。何品もまとめて作る場合のフライパンは、薄味の料理ならキッチンペーパーでさっと拭くだけで次の料理に使え、同じような味付けなら洗わなくても大丈夫。洗うのは全て作った後の最後だけ。副菜の種類を多く作れば1食の品数も増えます。そしてなにより「今日の夕飯何にしよう」と悩むストレスから解放されることは大きいですね。

家の中の時間の流れ方は本人次第

家で過ごす時間の流れは、本人次第でスピードが変わります。スピードを速くするには、家事にかける時間を意識したメリハリが大事。短く済ますものは、がんばる。子ども相手にじっくり取り掛かりたいときも、終わりの時間は決めておいて、その分集中する。夜は無駄に遅くまで起きていないで、朝は早く起きる。こういった当たり前とも言えることを、きちんとしているか自分で確認し続けていくことが、「じぶん時間」を作るコツなのではないかと思います。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』