知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

2017.07.14

始まる前に考えておく『子どもの夏休みの充実感をアップさせるコツ』

LINEで送る
Pocket

「夏休み」は、自分が子どもの頃も、親になっても、「終わってしまえばなんかあっという間だったな…」と感じるものですよね。旅行など特別な予定以外の日々をただのんびり過ごしていると「あれ?毎日どう過ごしていたっけ?」という状態になりがちです。

でも、子どものその学年の夏休みは一生に一度しか来ないもの。充実させて思い出に残って、その上何か身になるものがあれば最高ですよね。今年はきちんと意識して、そんな夏休みにしませんか?

pic1

夏休みの朝は特別

一日の始まりの朝の過ごし方で、その日の印象は半分決まる、ということありませんか。寝坊するとせっかくの活動時間をもったいない!というのもありますが、子どもに関しては、夜寝るのも遅くなって生活リズムの悪循環にもつながります。ですから休みの日と言えども、寝坊はご法度です。

そうは言っても、朝起きて何もやることがないとついつい寝坊してしまうのが人の心理です。そこで、朝起きたらすることを必ず決めておきましょう。夏の朝の定番、地域によっては子ども会のラジオ体操があるかもしれません。欠かさず通ってもらえるご褒美で盛り上げれば、子どもは喜んで朝起きることでしょう。

我が家の夏休みは、早朝ジョギングと決めています。息子がサッカーをしているのですが、夏の日中は本当に暑くて、日中の自主練習は集中することが難しいのです。早朝は涼しいだけでなく、人も少ないのでとても気持ちよく練習ができます。ゆっくりジョギングで練習場所まで移動して、練習をしたらジョギングで帰ってくる、ということをします。もし学校がある平日にこれをしようとすると、○時までに家に戻らなくてはいけない、という制約ができてしまいます。夏休みだからこそ、時間を気にせずウキウキと走って、サッカーをして、ということができるのです。このウキウキ感が夏休みならでは。朝を「ああ、楽しかった!」という気分で過ごせるということがポイントです。

朝の勉強もおススメですが、子どもが「やりたい」と思うことを選ぶのが、朝早く起きることにつながります。そして、「テレビを見る」などといったことではなく、どうせならスポーツや勉強など、毎日続けることで成果の出るものを選ぶようにしましょう。夏にしかできない「虫取り」で自然を満喫するようなことも良いでしょう。とはいえ、起きて何より最初にすることは、朝ごはんですよ!

pic2

夏休みの宿題はやっぱり午前中

朝のやりたいことをやり終えて、ちょっと一息ついたあとには、その勢いで宿題へ突入しましょう。学校の授業も午前中が4時間で午後に1・2時間なのですから、やはり習慣として考えても、学習時間は午前中が良いと思います。一息つくときに長い時間だらだらさせないことが大事です。すぐ食べ終わる小さいアイスなどでおやつ休憩をしたら気分を切り替えて宿題にとりかからせます。これを毎日していれば、宿題が少ない学校であれば7月中には終わってしまうかも。宿題が終わってしまった後でも、夏休み中は何か学習を続けられると良いですね。気分が乗らなくて宿題がなかなか進まない子には「旅行の日までには全部終わらせようね」「次の日曜日までにここまで終われば月曜のランチは○○で食べよう」など、目標の日を提示してやる気を出させましょう。
pic3

ママにとって悩ましいお昼ごはん

夏休み期間のお昼ごはんは、ママにとって辛いポイント。毎日きちんと3食用意しなくてはいけないのは大変ですよね。簡単な麺類ばかりになってしまう、たまには外食にしたいけどお金もかかるし、などといったママ友の悩みをよく聞きます。

夏休みならではのお昼ごはんは、子どもに作ってもらう、というのもおすすめです。もちろん最初は一緒に作ることになってしまうので大変だとは思うのですが、子どもに料理を教えるタイミングとして夏休みの昼ごはんはベストだと思います。夕飯だとパパの帰ってくる時間を気にしなくてはいけないし、食べる時間があまり遅くなってもいけません。寝るのが遅くなってしまいます。しかしお昼であれば多少時間がかかって遅くなっても大丈夫。ゆっくり時間をかけて、子どもの食べたい料理を一緒に作りましょう。夏休みの終わり頃にはママが手伝わなくても大丈夫になるかもしれませんよ。
pic4

午後の自由時間はあらかじめ予定を決めておこう

ランチタイムまでの過ごし方を紹介しましたが、午後は子どもの「自由時間」です。夏休みにしかないイベントに参加したり、プールへ行ったり、なるべくその日にしかできない過ごし方で過ごしましょう。近所のお友達と遊ぶような日も含め、あらかじめスケジュールを立てておくといいですよ。そうすれば、夏休みがなんとなく過ぎてしまった、という事態にはならずにすみます。地域や企業が開催するイベントは、親が事前に情報収集して、子どもと一緒に参加するものを決めておくことも大切です。親子で思い出に残る夏休みにしましょうね。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

メリハリがポイント『ママのじぶん時間の作り方』

キービジュアル のコピー

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』