知るコト知るコト
新しいコト 2017.07.28

伸ばし方は親次第?!『子どものやる気と集中力をアップさせるコツ』

子どもたちの世界は、目に映るもの、大人のしていること、すべてにおいてキラキラした憧れや好奇心であふれています。その姿を見て、「うちの子、あれが好きなのかな?」「この習い事をさせてみようかな?」と子どものことを思い、好きそうなものに挑戦してみることはとても良いことです。でも、子どもの興味や好奇心は「その場限り」のときもあり、せっかく始めたのに「もう少し頑張ってほしいな…」と思うこと、ありますよね。

子どもの集中力とは?

子どもの集中力というのは一般的に以下の時間と言われています。
・幼児期  年齢+1分
・小学生  〜15分
・中学生  30分

この数字だけ見ると、「これだけ??」と思ってしまいますが、これだけでも子どもにとっては大変なことです。それが子どもにとって「遊び」としてではなく、習い事や新しいこと、少し難しいことなら余計にその時間が長く感じると思いますし、「集中できる環境」がないと、さらに難しいことでしょう。しかし、「興味」と「達成感」を積み重ねることによって、この時間を少しずつ伸ばしていくことができるのです。

楽しいこと・遊びを通して集中力を養う

pic1

私の娘は、3歳ごろ遠くに住むお友達に手紙を書くことが大好きでした。もちろん当時は自分の名前ぐらいしか「ひらがな」を書くことができず、絵を描いたり、便せんにびっしり象形文字のような大人にはわからない字をひたすら書いては送り、返事が来て、また手紙を書くということをとても楽しんでいました。
それを見ていて、これは「ひらがな」を覚える良いチャンスだと思い、ドリルを使って教えたり、書かせてみたりしました。
しかし、このときの本人のやる気は「正しいひらがな」「言葉を伝える」ではなく「自分なりに手紙を書いて、出す」という行為に向いていて、それが楽しかったようで、なかなか覚えず、むしろ反抗し、お互いイライラした状態になりました。そのときは、「せっかくのチャンスが・・・」という思いもありましたが、一旦諦め、娘の好きなように見守ることにしました。

何ヶ月か手紙交換をしていくうちに、お友達から少しずつ「ひらがな」が入っている手紙をもらうようになり、「こんどあそぼうね」と言葉を伝える文章が多くなってきました。それを見て、「自分もこんなふうに書きたい!伝えたい!」という「ひらがな」「相手に言葉で伝える」という意欲が芽生えてきました。
そこでもう1度「ひらがな」の練習を再開してみました。

その時に、自分の中で決めていたルールは「興味がある文字から」「無理はしない」ということ。ドリルを「あ」から順番に1ペ-ジずつやっていくのではなく、自分の名前の一文字からスタートし、次は画数が少ない簡単な文字、慣れてきたら2画ある字と飛び飛びにドリルを使用していました。

達成感が感じられる工夫を

毎日順序や決まりがあるわけではないので、娘も「今日は何の字かな?」とワクワクし、クイズ形式で当ててみたり、お友達の名前など書きたい文字を練習したりと、自由に取り組みました。また、あまりやる気がないかなという日は、お休みにするかイラストに色を塗るだけにして、あくまで遊び感覚で楽しめるよう工夫をしました。

するとそのうち「このページは、あと1つ練習すれば全部できるね!」など自分から「やりたい」という気持ちを表現するようになり、長い時間も集中してやるようになりました。そして、できた字には「この丸いところが上手だね!」と一つ一つに花まるをつけてみたり、全部できたページは大きな花まるをしてみたり、ご褒美シールを貼ったり、子どもが「できた」という達成感や喜びを味わえるようにしました。
pic3

「見る参加」もやる気を育てる方法の一つ

時には、途中で「もうできた!」「こんなのできない!」と言うときがあります。それは、子ども自身がここから先どうしたらいいのかわからない、難しくてできないというときです。
そんなときは「最後まで頑張ろう」と励ますのは逆効果。「いいところまでできてるよ」と子どもの頑張りを認め「ここからどうしたかったのかな?」「お手伝いしてもいいかな?」と尋ねてみてください。
さりげなくお手伝いをしたり、「やってみるから見ててね」と見本を見せたりすることも一つの方法です、子どもが手を動かさなくても、興味を持って見ていたら、まだまだやる気がある証拠です。頃合いを見て、最後の仕上げを子ども自身にさせてあげることで、達成感を味わい、自信につなげていくことが大事です。

キービジュアル

高い目標より、小さな達成感の積み重ね

「ひらがなを全部覚える」のように、親はつい最初から高い目標を掲げがちですが、高すぎると達成が難しく、飽きてしまったり、諦めてしまったり、肝心なやる気も薄れて集中力は途切れてしまいます。まずは子どもの興味と合っているかが大切。その上で子ども自身ができそうなことから始め、少し難しい部分は先に手伝ってあげましょう。

子どもに「やってごらん」と言うだけでなく、率先して見本を見せて楽しそうな姿を見せることが、さらに興味を刺激します。一緒に行い、達成できるよう見守り、できたら褒める。そうした長い見通しを持って達成感を積み重ねて、やる気と集中力を育てていきたいですね。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

”怒る”ではなく”叱る”コト『叱り方に自信ありますか?』

pic4 のコピー

メリハリがポイント『ママのじぶん時間の作り方』

キービジュアル のコピー

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

編集部おすすめ記事

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』