知るコト知るコト
食のコト 2017.07.07

だから長く愛される『ル・クルーゼの人気の秘密』

カラフルな色と、ぽってりとしたフォルムが特徴的な「ル・クルーゼ」の鍋。憧れの道具として、人気のある鋳物ホーロー鍋です。私たちを魅了し続ける、「ル・クルーゼ」の鍋の人気の理由はなんでしょう?その秘密に迫りました。

ーーーーーー
「ル・クルーゼ」の鍋に憧れ続けている。料理がおいしくできそうだし、何より色がかわいい。けれど、「1個あたり2~3万円から」という値段が気になって、なかなか購入に踏み切れずにいた。近所の直営店の前を通ると、シーズンごとに新商品が出て、いつもお客さんを惹きつけている。鋳物にエナメル加工を施した鋳物ホーロー鍋は他社ブランドからも多く出ているが、なぜル・クルーゼは売れ続けているのだろう。

フランスの小さな村から

ル・クルーゼは1925年、北フランスの小さな村で誕生したブランド。創業者の2人は「鋳物」と「ホーロー加工」のスペシャリストで、それぞれの分野の技術を発揮しながら、ずっと自社で開発・製造してきた。

3かつての工場内部の様子

「すべての鍋が今もこの村で作られていることは、意外に知られていないのです」と、ル・クルーゼ ジャポンの堀内亜矢子さん。ほかの国で作る方がコストは抑えられるが、90年以上続いてきた技や思いを伝承していくには、この村で作る以外の方法が考えつかないのだという。
ル・クルーゼが日本へ進出したのは91年。カラフルな鋳物ホーロー鍋は目新しく、すぐに話題となった。高品質な鍋としてのイメージが定着し、その後も多くの人にとって憧れのブランドとなっていく。

「カトレア」は日本発

現在、ル・クルーゼは世界70か国以上で展開しているが、日本での販売額はアメリカに次いで世界2位。日本で企画・開発した商品が、海外で人気を呼ぶこともある。
カラーバリエーションの豊富さには秘密があった。フランスの本社にはカラーラボがあり、専門の研究者が日々、色の改良を重ねている。定番の7色に加え、シーズンごとに新色を投入。日本からも年に数回、商品開発担当者が新しい色の開発依頼をする。今年2月から期間限定で発売した「フラワーコレクション」では、ティーポットなどのストーンウェアに日本発の新色「カトレア」が登場した。

1日本発の新色、「カトレア」

カラフルな色に加え、ブラックも人気がある。12年に男性に向けて発売したブラックだが、シンプルを好む女性からも注目されるように。アウトドアブームもあり、屋外で使うニーズも高まっている。

科学的な実証も

創業当時から作り続けている鍋「ココット・ロンド」は一見、変わらない定番商品だが、実は改良に改良が重ねられているという。
昨年8月に発売したシグニチャーモデルは、持ち手を従来品より45%大きく設計し、持ちあげやすいつくりに改良。エナメル加工もより高品質にして、耐久性を高めた。熱伝導や保温性などは従来と変わりないものの、側面は3㎜と極限まで薄いため、重さは直径22cmで重さ3.7kgと「鋳物ホーロー鍋としては軽いほう」(堀内さん)。奇抜なデザインチェンジで惹きつけるのではなく、より使いやすくなるよう、地道なモデルチェンジをしている。

4ル・クルーゼの工場

ル・クルーゼの鍋なら、おいしく料理ができそうだ、とは多くの人がイメージとして持っている。しかし、なぜそうなのか、という明確な理由を知る人は少ないだろう。他社ブランドの鋳物ホーロー鍋と比較されることも多くなり、「デザインや色のバリエーションの豊富さだけでなく、機能や性能面でのメリットを知ってもらいたい」と堀内さんは話す。
たとえばドーム型のフタには、3カ所に蒸気を逃がす「スチームポイント」があるが、そのおかげで食材の雑味を外に逃がし、うまみを閉じ込めているのだという。ル・クルーゼの鍋を使えば、蒸し煮した野菜の甘みが引き出されることを科学的に実証し、15年からは特設サイトでのPRを始めた。

カラフルな鍋×カラフルなカレー

ル・クルーゼの商品は鋳物ホーロー鍋だけでなく、食器や調理道具など多岐にわたる。この7月からは初めて、特定の料理にターゲットを絞った企画を始める。第1弾はカレーだ。「カラフルな鍋で、野菜たっぷりのグリーンカレー、イエローカレーなどカラフルなカレーを作る楽しみを提案したい」(堀内さん)。

2グリーンカレー×グリーンの鍋

昨年は「百年鍋」というコンセプトで、世代を超えて使い続けられる鍋であることを明確に打ち出したル・クルーゼ。長く愛されてきたキッチンウェアブランドによる、美しく機能性に優れた鍋なら、娘にも、孫にも譲っていけるかもしれない―。そう考えれば、決して高い買い物ではない気がした。

文/吉岡 名保恵
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

いつものご飯をさらに美味しく『おひつのある暮らし』

いつものご飯をさらに美味しく『おひつのある暮らし』

使う度にほっと和む、優しい触れ心地『益子焼』の器

使う度にほっと和む、優しい触れ心地『益子焼』の器

いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美

いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

編集部おすすめ記事

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼