知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.07.10

“時短”だけではない『食洗機のある暮らし』

LINEで送る
Pocket

毎日の食器洗いに、ちょっと面倒だなと感じることはありませんか?我が家に食洗機があれば便利だけど、ぜいたくかも…と思ったり。でも、食洗機の魅力は、食器洗いの時短だけではないのだそうですよ。

ーーーーーーーーーーーー
3
食器洗い乾燥機――食洗機を6年前に手に入れたとき、それは自分が楽をするためだけの道具だと思っていた。「あれば便利」と持ってはみたものの、私には少しぜいたくすぎるのでは、という後ろめたさもあった。
しかし使ってみて数年経ち、食洗機は単に便利なだけの家電ではないことがよくわかった。

手荒れが軽減した

時間の節約ができる以外のメリットとして大きかったのが、悩ましかった手荒れが和らいだこと。
食洗機での洗浄にはお湯を使う。水よりお湯のほうが油汚れを落としやすく、洗浄力が上がる。これは、手洗いだとしても同じ。
6毎日の食器洗いは意外と手に負担をかけている

ただ、毎日のようにお湯に素手をさらし続けると、私の場合はどうしても手が荒れてしまう。手荒れを改善するためのケアや、ケア用品を選ぶ手間も必要になるなど、するべきことは実は増えていた。食洗機を使ってみると、手荒れは明らかに軽減した。手が荒れなければケアに悩むことはなく、ストレスも減った。

おもちゃの除菌にも使える

食洗機が、想定よりさまざまな種類のモノを洗えたことも驚きだった。
私が特に助かっているのは、手洗いだと手間のかかるザルや泡だて器など、凹凸の多いキッチンツールの洗浄。スチームで汚れを浮かし、洗浄液を噴射する力で吹き飛ばすという方法だからこそ、隅々までキレイになる。
5手洗いしにくいツールも隅々までキレイになる

耐熱温度が低いうつわを洗うと変形や破損につながってしまうという心配はあるものの、高温に対応しているシンプルな陶磁器や耐熱ガラスのうつわも洗うことができる。

食器以外、たとえば、シリコン製の子どものおもちゃも洗うことができる。継ぎ目のないプラスチック製のブロックや、おままごとの道具、歯がためなどもオススメだ。おもちゃを食洗機で洗うと、細かい部分も隅々まで洗えるうえ、さらに高温洗浄だから除菌もできてしまう。
食洗機によっては、30度台で洗う「低温(節電)」洗浄コースを持つ機種もある。低温だと除菌効果は落ちるけれど、耐熱温度が低いプラスチックのうつわなども洗えるから、使い分けるとよさそうだ。

2小物を入れて洗えるかご

箸置きやクッキー型のように細かいものを洗うときは、バラバラになってしまわないよう、蓋付きのかごに小物を収めて食洗機にセットしている。食洗機本体に専用のかごが付いていなければ、100円ショップで探して買えばいい。
個人的に痛快なのが、空き缶や納豆の容器など“これから捨てるもの”の洗浄だ。料理中に缶詰を使った日などは、リサイクル用のゴミとして出すのにきれいにしようとつい熱心に洗ってしまうことがあった。”捨てるもの”は、食器のすき間に埋めておくだけで済むので、これまで使っていた水や洗剤、時間がまるまる節約できたと思う。

4ゴミが溜まるフィルターは毎日捨てて水で汚れを洗い流す

毎日の家事を時給換算

今や、食洗機を使わない日はない。ただこの先、機器の寿命で買い替えが必要になったとき、費用の面で悩むことはあるかもしれない。食洗機を今から買おうか迷っている人にしても、「手洗いに比べ節水になる」とPRされたところで、普段から節水を心掛けていればそれほどメリットがないかもしれない。
そんなときは、自分の時間を改めて時給換算するのがいいと思う。毎日くり返す食器洗いという家事を手放したとき、自由になる時間をいくらなら買えるか?と自問自答するのだ。

1Photo by MARIA

さらに、時間以外の価値についても考えてみるのがいいと思う。食洗機を使うことで、疲れを重ねる理由が一つ減るし、手荒れに悩んでいるならそれも解決できるかもしれない。家事にかかわる悩みは、ささいなことであっても、毎日のことだから塵のように積もってストレスになることもある。ストレスが減って、家族に向ける笑顔が増えているとしたら、それも食洗機がもたらす価値。
普段使っている家電や道具の価値について考えてみると、新たな視点がいくつも見えてきた。

文/山音 ことら
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

いつものご飯をさらに美味しく『おひつのある暮らし』

いつものご飯をさらに美味しく『おひつのある暮らし』

容器をそろえて使い勝手も◎『キッチンのスッキリ収納』

容器をそろえて使い勝手も◎『キッチンのスッキリ収納』

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』