知るコト知るコト
新しいコト 2017.07.11

フェロモン漂う女性は魅力的『効率よくフェロモンを出すためにしたいコト』

みなさんは「フェロモン」が欲しいと思ったことはありませんか?
女性にとって、フェロモンが出てるね、と言われたらとても嬉しいですよね。しかし、そもそも「フェロモン」とは何なのでしょうか?
今回は以前のフェロモンの記事よりも、もう少し根本的な「フェロモン」のお話。上手にフェロモンを漂わせて、もっと魅力的な女性づくり、はじめてみましょう。
jyosei_re

フェロモンとは一体なに?

実は、フェロモンは誰でも持っていて、誰でも出しているものです。
ただ、出ている量がほんの少しだったり、大量に出ていたり、と人それぞれだということ。その人のストレスや健康状態など様々な状況により、うまく放出されていない人もいるのです。

フェロモンとは、一般的に無意識に相手を興奮させ、特殊な行動をとらせるための臭いの化学物質で、人間に限らず生物全般が発しているんですよ。

02

フェロモンはどうやって作られる?

フェロモンは女性は女性ホルモン、男性は男性ホルモンから作り出されます。
その女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が、女性が女性らしくある為に重要な役割をします。

「エストロゲン」にはこのような特徴があります。

・肌の皮脂、水分量の調整 ⇒潤いのある肌はセクシーでもあり、ヘルシーでもある!
・女らしい身体の発達   ⇒丸みのあるボディラインへ!
・穏やかな精神状態を保つ ⇒いつも怒っているような女性は表情やオーラが険しく、魅力を感じないですよね!

効率よくフェロモンを出すことができる?!

エストロゲンの源になっているのが「性への意欲」なのだそうです。
だとしたら効率良くフェロモンを出すためには、よく言われているように「恋をすること」ですよね。ですが、いつでも恋愛中という人ばかりではありません。

そういう時に活用してみるのが、いつもよりちょっとセクシーな下着を身につけてみるコト。

セクシーな下着を着けるだけで、色っぽく、艶っぽい自分にドキリ…としてしまうかもしれませんよ。
胸が高なり脳内興奮状態になり、「エストロゲン=女性ホルモン」を刺激し、フェロモン放出へと繋がるのです。

03

記事/「LINGERIE ART」ランジェリープロデューサー 小柴麻梨 (こしばまり)
unspecified

<プロフィール>

美大・ジュエリー専門学校卒業後、WEBデザイナーを経てWEBクリエイティブディレクターとして9年程働く。
その後3年程エステサロンにてセラピスト・副店長 兼ランジェリー部署担当者を務める。
現在ランジェリー事業を立ち上げ、以下活動中。
==========
・ランジェリーやナイトウエアの製造・販売(オーダーメイド/既製品)
・ランジェリーに関する執筆・撮影・イベント
==========

《ランジェリーやナイトウエアの製造・販売(オーダーメイド/既製品)》
Concept
『一生わがままに、美しく生きる』
〜 自分本来の強さや自信を引き出すランジェリー 〜

女性は自分の姿や生き方を綺麗だと思えたら自身を愛してあげることが出来る。
そうすると、優しくなれる。強くなれる。

《ランジェリーに関する撮影・コラム執筆・イベント》
ランジェリーの制作と共に、コラム執筆・イベント、ランジェリーをアートとして捉えた作品撮り等、ランジェリーの魅力を伝えていく活動をしています。
ランジェリーは、自分にしかない『女性としての個性』や『女らしさ』を最大限に引き出し、勇気と自信を与えてくれる力があります。
洋服やメイクと同じように毎日のワクワクに取り入れて、自己表現のアイテムになっていきますように。

その他のおすすめ記事

フェロモン漂う女性は何が違う?見えないところに隠された秘密

jyosei_re

ランジェリーが持つ美しさの秘密『レースがもつストーリーのコト』

2e98345d28d235cb23eba18bfc24a807_m

自分らしい魅力に気づく『本当に綺麗なバストとは?』

02-のコピー

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.07.10

栄養たっぷりの夏野菜『ゴーヤの魅力と苦みを消す方法』

2020.07.10

切ったあとは小さな子どもにおまかせできる『ピーマンの明太子和え』

2020.07.09

さっぱり身体に染み渡る『桃とシナモンの甘酒スムージー』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.08

朝の定番に食物繊維をプラスする 『大人の納豆ごはん』

2020.07.08

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの『牛乳かん』

2020.07.08

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2020.07.08

口当たりの良いだしを楽しむ 『かぶの簡単お吸い物』

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

編集部おすすめ記事

2020.07.10

心を無にして新たないっぽを『写経で静かに自分と向き合う』

2020.07.09

ちょっとの牛乳が味をまーるくしてくれる『たらもサラダ』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2020.06.26

ママは嬉しい!子どもは楽しい!『家事に巻き込み育児のすすめ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』