得するコト得するコト
まめ知識 2021.07.19

24節気「大暑」の季節は『打ち水とゴーヤの効果で涼しく過ごそう』

7月22日~8月6日
大暑は、大きく暑いと書くことから、1年間でもっとも暑さが厳しく感じられる頃という意味です。 でも実感としては、実際の暑さのピークはもう少し後のようです。
例年この日に合わせて、日本各地で夏の風物詩、「打ち水」のイベントが開催されます。「打ち水」とは、私たち日本人の昔からの知恵。 その名のとおり地面に「水を打つ」ことで、地面や空気を冷やします。 元々は神様が通る道を清めるためのものでしたが、江戸時代ごろから涼を得ることが目的で行われる様になりました。
打ち水に最適な時間は朝と夕方。 庭やベランダに打ち水をすれば涼しく感じることが出来ますので、地球にやさしいオーガニックライフを実践している方は、夏の習慣にしてみてくださいね。
2

打ち水の仕方

・水と容器を用意しましょう ⇒ 水の無駄使いをしないためにも、前日のお風呂の水や雨水を溜めておくといいでしょう。 容器はバケツや洗面器でも、使い終わったペットボトルでもなんでもOKです。
・外で水をまきましょう ⇒ 風流に柄杓を使ったり、手でバシャバシャまくのも涼しく良いですね。 道路沿いでの打ち水は、車や自転車、歩行者に注意して安全に行いましょう。
・涼しい風を感じよう ⇒ 涼しい風を感じたか確認すること。 気持ちよかったら、毎日つづけてみてくださいね。
(引用:打ち水大作戦2016)
そして夏本番のこの時期におすすめの食べ物は、ゴーヤです。
key

ゴーヤの効果&効能

生活習慣病予防

ゴーヤーの苦味の主成分であるモモルデシンやチャランチンなどには、活性酸素の生成を抑制する働き=抗酸化作用やコレステロール低下作用があります。
そのほかにβ-カロテンやビタミンCなどの高酸化作用があるビタミン類、毛細血管を丈夫にして血液循環を良くする働きがあるフラボノイド類のククルビタシンなどを含むため、相乗して血液をサラサラにし、血液循環を整えて動脈硬化や血栓予防などに効果が期待されています。

夏バテ・疲労回復

ゴーヤーに含まれるモモルデシンは胃腸の粘膜を保護したり食欲を増進する効果があり、食欲不振や体力低下による食あたり予防に役立ちます。 加えて疲労回復に役立つビタミンCなども含まれているため夏バテに効くと言われています。

むくみ・便秘の解消

ゴーヤーにはむくみの改善に効果があるカリウムが100gあたり260mgと、キュウリやスイカなどよりも豊富に含まれています。 ナトリウム(塩分)過多によるむくみの解消や、高血圧予防にも役立ちます。
また、食物繊維は2.6gと比較的豊富に含んでいます。 腸内の老廃物の排泄促進・便秘の解消などに効果が期待できますし、血糖値を抑える作用などと合わせてダイエットのサポート役としても役立ちます。
ゴーヤの種に含まれている共益リノール酸という脂肪酸には脂肪の分解を活性化してくれる作用があることも報告され、ダイエット効果が期待されています。

美肌・アンチエイジング

ゴーヤーはビタミン含有量が100g中76mgと豊富で、さらに加熱しても壊れにくい性質があるため効率よく摂取することができます。 その他にも、お肌を保護するビタミンB群、β-カロテンや、葉酸、鉄といった美肌作りに欠かせない栄養素が低カロリー食材とは思えないほど豊富です。
また、抗酸化作用を持つビタミン類やモモルデシチン・チャランチンなどの特有成分の相乗効果で肌へのアンチエイジング効果も期待できますし、血行不良や栄養バランスの偏り、便秘などによる肌荒れ・肌くすみ解消にも役立ってくれるでしょう。
(引用:SlowBeauty)

沖縄県の特産物であるゴーヤは、独特の苦味のある夏野菜。 その苦み成分が夏に活発に活動する【心臓】と【小腸】を健やかにします。
また体にこもった熱を体外に上手に排出してくれる、「天然の冷却材」としても優秀な食材ですので、食べるだけで蒸し暑いさもほどよく軽減されます。苦い味が気になる方は、水にさらしたり塩もみすると緩和されます。
今年の夏は【打ち水】と【ゴーヤ】の力を借りて、涼しく過ごしてみませんか?
1

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

24節気「小暑」の季節は『うなぎと山椒で夏の暑さに備えよう』

24節気「小暑」の季節は『うなぎと山椒で夏の暑さに備えよう』

苦味も旨み!なんのその『夏だから食べたいゴーヤのコトとおすすめレシピ』

苦味も旨み!なんのその『夏だから食べたいゴーヤのコトとおすすめレシピ』

身近なあの食材も『生よりも加熱したほうが健康に良い5つの野菜』

身近なあの食材も『生よりも加熱したほうが健康に良い5つの野菜』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』