得するコト得するコト
まめ知識 2017.07.20

良いと思っていたことも逆効果!『朝活のNG習慣とは?』

せっかくの朝活が無駄にならないように・・・
早起きして、自分のために良いことをするのは気分がいいですよね。運動・食事・勉強・自分へのご褒美などなど・・・。でも朝活として良かれと思ってやっていることが、実は体に負担がかかっていることもあるのです。今すぐに朝活NG習慣をチェックして、当てはまるものは辞めて、他のことに時間に回してくださいね♪
4

朝活でやると危険なNG習慣とは?

①朝風呂

何もない休日ならば、問題はありません。デートの直前などはしっかり朝風呂してください。しかし、出勤前となると危険です。朝お風呂に入ることで副交感神経が優位になってしまい、上がった後は眠気に襲われてしまいます。早起きして、自ら眠さを誘発してしまうのはもったいないですよね。仕事中の作業効率が落ちてしまいます。また寒い冬は、湯冷めしやすいので注意が必要です。朝のシャワーも同様なので、気を付けてくださいね。

②毛の処理

朝からゆっくりお風呂に浸かり、カミソリでジョリジョリ。ちょっと待ってください!カミソリでムダ毛処理をした後は、肌表面が傷ついています。その状態で外出すると紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。 意外と知らない人が多いのではないでしょうか?毛の処理を行う際は、夜に行い睡眠と同時にしっかり肌を休めてくださいね。
2

③スマホやパソコンをいじる

朝目覚めたけれども、ベッドから出る勇気がない時は、ついついスマホやパソコンのチェックをしがちだと思います。しかし、朝から刺激の強い液晶画面を見ると、まばたきの回数が減ってしまい、疲労がたまりやすくなってしまいます。また、ドライアイも引き起こしやすくなってしまうので要注意です。参照:http://u-note.me/note/47498385

④コーヒーを飲む

起きてすぐに眠気覚ましにコーヒーを一杯飲んではいませんか?しかし、起き抜けのコーヒーは血糖値を一気に上げてしまうので、血液がドロドロになってしまったり、太りやすくなってしまったりするので避けた方がよいでしょう。起きてから1時間後がベストだそうですよ。今まで起きてまずはコーヒーだった方は、コーヒーの代わりに白湯に変えることをおすすめします。

⑤お菓子を食べる

朝は優雅にスタバでコーヒーとマフィン。なんてやっていませんか?朝一で口にしたものは吸収しやすいので、脂肪が蓄積しやすくなってしまいます。また、お菓子はエネルギーにならないので、お昼までに必要なエネルギーが不足して、集中力が切れてしまうでしょう。朝ごはんはお菓子ではなくバランスの良い食事で、しっかりエネルギーを取れるようなメニューにしましょう。朝カフェに行くならば、その前に朝食をお忘れなく。参照:http://diamond.jp/articles/-/43566
1

⑥激しい運動

朝起きてすぐにジョギングや筋トレは血圧が一気に上昇して、心臓に負担がかかってしまいます。さらに激しい運動を空腹で行うと酸欠になり、疲れやすくなってしまうので今すぐ辞めましょう。朝の運動はヨガやストレッチなど呼吸を重視するような運動がおすすめ。激しい運動をするにしても、ご飯を食べてから起床後1時間後くらいに準備体操を兼ねて始めてくださいね。

いかがでしたか?
体に良いと思ってやっていたことが、逆効果だと早起き損になってしまいますよね。
朝に○○をやろうと意気込むよりも、悪いことをやめるということにも意識を向けてみてくださいね!

記事/Me times
Me times
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

心のモヤモヤ解消には朝が一番『悩みは「朝活」でスッキリ解消』

心のモヤモヤ解消には朝が一番『悩みは「朝活」でスッキリ解消』

朝活でマンネリから打破。一日の始まり『朝を見直して充実生活』

朝活でマンネリから打破。一日の始まり『朝を見直して充実生活』

大切なのは信じるコト『風水のチカラを借りてみる』

大切なのは信じるコト『風水のチカラを借りてみる』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2021.05.28

和えるだけ!生で食べて栄養たっぷり『新玉ねぎのおかかサラダ』

2021.05.27

手作りの味は格別『生いちごのマシュマロ』

編集部おすすめ記事

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

2021.05.30

食欲がない日でも食べやすい!黒七味香る『シソ醤油』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類