知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.07.22

若くても油断は禁物『更年期障害の基本のキ』

LINEで送る
Pocket

40代、50代、歳を重ねるとほとんどの人が経験する更年期障害の症状。身体がほてったり、イライラしがちだったり、大きな病気ではなくとも、暮らしの中で不便なことも増えてきますね。どうして「更年期障害」は起きるのでしょうか?その原因や気をつけたいことについてのお話です。

更年期障害の基本のキ

加齢と更年期障害は切っても切り離せない関係だ。症状に個人差はあっても、年齢を重ねるうち、ほとんどの人が経験する通過儀礼といっても過言ではない。ただ、対策を講じれば症状が軽くて済むこともあり、更年期にさしかかる前に更年期障害の症状や、予防法、対処法をよく知っておきたい。
更年期とは、年齢45~55歳ごろの、ちょうど生殖機能が低下しはじめるころを指す。この時期に起こってくる更年期障害は、女性の病気だと思われがちだが、男女ともに罹る疾患だ。のぼせ、ほてりなど自律神経系の症状と、イライラ、うつ病などの精神的な症状とが複合して発症する場合が多い。病名が特定できない不調を「不定愁訴」と呼ぶが、更年期障害は、この不定愁訴が日常生活に困難を来すほどのものをいう。

更年期症状が起こるメカニズム、原因とは?

女性の場合は、一般的に閉経を迎える50歳を境に、前後5年で起こるホルモン分泌の低下が、更年期障害のおもな原因だ。もちろん、閉経やホルモンバランスには個人差があるため、なかには30代で更年期障害になる人もいる。
卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが、30代のピークを経て減少していく。しかし、そこで脳の視床下部にある下垂体が「もっとエストロゲンを出せ」と命令しても、卵巣が衰えているために分泌することができない状態になる。このとき、脳が興奮して自律神経の調節ができなくなることが、さまざまな更年期障害の症状につながるのだ。
また男性の場合も、男性ホルモンのテストステロンの減少が影響している。テストステロンの分泌のピークは20代だが、やはり個人差が大きい。テストステロンが減ると、筋肉量の低下や、メタボ、うつ症状を招く。女性の更年期障害は10年ほどで症状が落ち着くのに対し、閉経というはっきりとした時期がない男性は長引くこともある。
1

更年期障害を予防するために、普段の生活で、気をつけることは?

女性は食生活の乱れや身体を冷やしていると、月経不順や婦人科系疾患、自律神経の乱れから、30代でも更年期障害に悩まされることになる。男女ともに若いからといって油断は禁物。食生活の見直しと、ストレスをためず運動や筋トレ、睡眠時間の確保を第一に考えよう。更年期障害の疑いがある場合には、女性は婦人科を、男性は泌尿器科受診をして、血液ホルモン検査をすることをおすすめする。
また、不定愁訴があらわれたからといって、「更年期だから仕方がない」と自己判断するのは危険だ。甲状腺や循環器などの内科系、脳神経や精神疾患の病気になっていることもあるので、正しい診断を受けてほしい。
またすでに更年期障害に悩まされている人は、不規則な生活や睡眠不足、油ものや甘いものばかり食べて自律神経を乱れさせるのは避けて、この時期を乗り切ってほしい。さらに、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を習慣にして、ストレスをためないことも大切だ。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

ポイントは食べ物と漢方『更年期障害を和らげるために実践したいコト』

ポイントは食べ物と漢方『更年期障害を和らげるために実践したいコト』

難しいことゼロ『更年期障害を和らげる生活習慣とは』

難しいことゼロ『更年期障害を和らげる生活習慣とは』

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.18

暑いからこそ、温活を『じゃがいものポタージュ』

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.14

夏のデザート『とろ〜りマンゴープリン』

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

2019.07.26

HMで簡単に!真夏の南国風おやつ『パイナップルケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

月間人気記事

2019.07.25

夏バテ予防に『知って得するみょうがの成分と保存方法』

2019.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』