作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.08.03

~保存食のある暮らし~フレッシュな美味しさ『プラムとキウイフルーツのコンフィチュール』と『プラムのしゅわしゅわリキュール』

LINEで送る
Pocket

今が旬のプラム。
甘酸っぱい美味しさと真っ赤なビタミンカラーが可愛らしいですね。そんな美味しさは出来うるなら長く楽しみたいもの。今回は2種類の保存食にアレンジして美味しさを長く楽しみましょ。見た目も可愛くて乙女心がくすぐられるはず。

『プラムとキウイフルーツのコンフィチュール』の材料(500ml瓶1本)

・プラム          700g(約10個)
・キウイフルーツ      300g(約3個)
・砂糖           400g

『プラムとキウイフルーツのコンフィチュール』の作り方

1.プラムの縦の筋に沿って包丁をぐるりと入れ、ひねって2等分する。種はスプーンで取り除く。
IMG_0643_m
2.種は布袋やお茶パックに入れて、果肉はざく切りにする。キウイは皮をむいて8等分に切る。
IMG_0646_m
IMG_9635_m
3.ホーローやステンレス製の鍋に2.と砂糖を入れて中弱火で煮る。アクが出たら取り除く。
IMG_0493_m
4.10分ほど煮たら種の袋を取り除き、さらにとろみがつくまで煮る。
IMG_0495_m
IMG_0496_m
5.熱いうちに消毒した瓶に詰める。冷めたら冷蔵庫に保存する。
冷たい炭酸水で割ってドリンクに、かき氷のシロップにしてもおいしくいただけます。
IMG_0559_m

ポイント

・プラムの皮と種の部分にとろみのもと「ペクチン」が多く含まれます。皮は柔らかく剝かなくてもおいしく食べられます。気になるようなら皮をむき種と一緒に袋に入れて煮てください。熟しているものは手でつぶして種を取り除いても良いです。
・キウイフルーツを一緒に煮るとキウイフルーツの種のプチプチとした食感が良いアクセントになります。

保存期間

冷蔵庫で1か月

『プラムのしゅわしゅわリキュール』の材料(1L瓶1本分)

・プラム      650g(約8個)
・白ワイン     600ml
・氷砂糖      200g

『プラムのリキュール』の作り方

1.プラムの汚れをきれいな布巾でふき取り、消毒した瓶に詰め、氷砂糖、白ワインの順に瓶に入れ蓋をする。
IMG_0634_m
2.数日室温に置いておき、ワインに赤い色が移って発酵してしゅわしゅわしてくる頃が飲み頃。その後は冷蔵庫に保存する。

IMG_0638_m
IMG_0640_m

ポイント

・氷砂糖の量はお好みで加減してください。
・冷暗所の常温保存でも大丈夫ですが、冷蔵庫で保存した方がフレッシュな美味しさを長く味わえます。

保存期間

冷蔵庫で半年

プラム(すもも、李)の栄養

IMG_0425_m
・果肉の部分にリンゴ酸、クエン酸などの多くの有機酸が含まれ疲労回復に効果があります。
・ペクチンなど食物繊維も沢山含まれています。ペクチンは水溶性食物繊維で整腸作用があるので、便秘予防に効果があります。
・皮の赤い色は「アントシアニン」というポリフェノール類で、 強い抗酸化力があり活性酸素を抑制し、ダメージを受けやすい細胞膜を守る効能があります。また、免疫力を向上させる効果もあり、 動脈硬化などの生活習慣病の予防や改善などの効能も期待されています。
特に注目されているのが、目の健康を守る効果や効能です。夏の強い日差しのダメージから守るために皮ごと食べるのがおすすめです。

ライタープロフィール

レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなにげない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

その他おすすめ記事

IMG_9763_m

IMG_8516_1

IMG_0742_m

IMG_8477_

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』