知るコト知るコト
美容・健康 2017.08.02

つらい時は無理せず相談『更年期障害の治療法』

歳を重ねると、出始める更年期障害の症状。女性だけと思われがちですが、実は男性もなることがあるのだとか。我慢してしまう方も多いですが、セルフケアでどうにもならない時には、治療する手も検討してみてはいかがでしょうか。

更年期障害と判断されるには…

更年期障害とは、年齢45~55歳ごろの、ちょうど生殖機能が低下しはじめるころに起こる、日常生活に支障が出るほどの不調のこと。ほてりなど自律神経系の症状と、イライラ、うつ病などの精神的な症状とが複合して発症する場合が多い。更年期障害は、女性の病気だと思われがちだが、男女ともに罹る疾患だ。
今回は更年期障害の検査方法と治療方法に迫る。
1

女性の更年期障害の検査方法

女性の場合は、血液ホルモン検査を実施する。FSH検査、E2検査、LH検査の3つがあり、女性ホルモンについて調べることができる。FSHは卵胞刺激ホルモン濃度、E2は女性ホルモンのエストロゲンの主要成分であるエストラジオール濃度、LHは黄体形成ホルモン濃度を測定する。
とくにFSHが基準値より高い場合は、年齢とともに機能低下している卵巣を刺激する性腺刺激ホルモン量が多いことを示し、更年期であると診断される。ただ、卵巣機能が完全に低下していない過渡期には、正常値を示す場合もあり、一度だけの検査では判断できないこともある。
ほかに、のぼせ、ほてり、憂うつなど、17種類にわたる症状に対し、クッパーマン更年期指数と呼ばれる質問用紙に0~3の度数で答える方法がある。合計の指数が16~20であれば軽度、21~34であれば中程度、35以上は重症となる。

男性の更年期障害の検査方法

血液検査で男性ホルモンである「テストステロン」の濃度が基準値より低いかを調べる。テストステロン濃度の低さは、内臓脂肪が多い、うつがあるといった症状との関連性が指摘されている。更年期障害の専門外来では、尿、唾液、筋肉量、血管年齢などの検査があり、総合的に更年期障害の判断をする。
また、女性のクッパーマン更年期指数同様、代表的なハイネマンの質問票があり、無気力や精力の減退など17の症状について1〜5点で採点し、合計点が27~36点であれば軽度、37~49点であれば中程度、50点以上だと重症と判定される。
中高年の6人に1人がその可能性があるといわれている男性の更年期障害は、身体、心、性の症状が出るのだが、女性よりも気づきにくい。「元気がなくなった」「笑わなくなった」「よく眠れない」「イライラしている」「物事をおっくうがるようになった」などの変化から、家族や周囲が先に気づくこともある。

治療方法は何があるのか?

女性、男性ともにホルモン補充療法が主だ。女性の場合、注射、パッチ剤、飲み薬で減少している卵胞ホルモンのエストロゲンを増やすという方法がとられる。1ヶ月ほどで症状の改善がみられるが、医師の判断によって数ヶ月から数年行われる。ほかには、漢方、自律神経調整薬、精神症状には抗うつ剤、抗不安薬などが処方される。
男性の治療は、ホルモンの補充を注射やゲル、塗り薬で行う。1回の注射で数値を上げることができるが、持続期間は1週間程度。患者の改善状況に合わせて、数ヶ月に1度の頻度での治療が必要となる。長期間にわたるホルモン治療をすると、自分の身体でテストステロンを生成する力が落ちてしまうので、適正な治療を受けることが必要だ。
更年期障害は、ホルモン補充によってつらかった症状が改善され、楽になったという声も多い。セルフケアではどうにもならないときには、無理をせず、診察やホルモン補充治療を受けるのも選択肢のひとつだ。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

自覚アリなら診断しよう『更年期障害の症状チェック』

自覚アリなら診断しよう『更年期障害の症状チェック』

若くても油断は禁物『更年期障害の基本のキ』

若くても油断は禁物『更年期障害の基本のキ』

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

コメント

  1. ANailbolkill より:

    Four to five servings of this juice has to be consumed weekly to have the desired result. Thus, if the muscles inside the penile area are relaxed, more blood will enter the penis and a hardon will occur.

コメント欄


人気の記事

2020.10.01

乳・卵・砂糖フリー!優しいおやつ『甘酒クラッカー』

2020.09.30

おうちで手作り『基本の肉まん』

2020.09.29

秋を感じる!『ほくほく里芋ときのこの炊き込みご飯』

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

編集部おすすめ記事

2020.10.01

衣替えはどうして10月1日?『大切にしたい季節感のお話』

2020.10.01

作り置き常備菜シリーズ『アラで作ろう!ブリ大根』

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.01.22

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』