得するコト得するコト
まめ知識 2017.08.08

後悔する衝動買いとはサヨナラ!『質の高い買い物のススメ』

買い物するつもりはなかったのに、つい手を出してしまう「衝動買い」。あの突然おそってくる激情はなんなのか…。この衝動を抑える術はあるのでしょうか?ちょっと考えてみました。

欲しい… 欲しい… 欲しーい!

目的もなくプラプラとウィンドウショッピングを楽しんでいる時に限ってやってくるアイツ。きっとそれを買わなくても、これからの生活に何一つ問題はない。でも、どうしても欲しくなる。買うまでこの気持ちは収まらない。欲しーい!LET‘S衝動買い。
女性ならば一度は経験がある衝動買い。お金の無駄遣いだと思いながらもやめられないものです。

衝動買いの原因

衝動買いの原因として、一番にあげられるのは『ストレス』。やっぱりね、という感じです。 ストレスの発散方法のひとつとして、買い物をするのですね。その行為自体で発散されていることが多く、良い物・高い物を買ったという部分は重要ではないようです。
1

衝動買いは全て悪いのか…?

しかし、衝動買いをやめよう!と言っても、果たして全てをやめる必要はあるのでしょうか。よくよく考えてみると衝動買いした商品には、2通りの結末があります。1つは、数回使っただけで永遠に収納されつづけ、大掃除のタイミングで捨てられる。もう1つは、意外に使い勝手が良く、自分のライフスタイルに合っていて長年愛用する。
つまり、前者の衝動買いは後悔しますが、後者はむしろ自分の直感を褒めてあげたい!
それならば、前者の後悔しがちな衝動買いをやめればいいのです…!

後悔する衝動買いをやめよう

後悔する買い物とはどんなものか?そのポイントをおさえて、無駄な衝動買いのリスクを回避しましょう。

ネットショッピングは後悔率が高い

家でポチポチするだけで買い物ができてしまう便利なネットショッピング。その便利さ故に、衝動買いが横行している場所ですね。しかし、現物を見ずに買うというリスクがあるために、荷物が届いてからがっかりする人も多いようです。できる限り外に出て、現物を見ながら買い物を楽しむのがベストです。

セール品とは売れ残りなのだ!

“もうすぐ売り切れ”“今だけの特別特価”心躍る言葉ですが、ここにも後悔する衝動買いの落とし穴があります。値段を下げてまで売り切ろうとしているのは、裏をかえせば正価では売れなかった“売れ残り”という意味が含まれていることも多い。それゆえ、実際に必要ないものだったり使えない商品だったりすることが多いので要注意。

買い足す必要があるものは面倒

例えば、衝動買いでコーヒーメーカーを購入した場合。その後も、専用のカプセルやコーヒー豆が必要になってきます。そこが面倒なのです。カプセルがなくなったから買わないと…、でも面倒…、別にコーヒーいらないわ。となり、数回使って収納されるパターンです。衝動買いの時は、なるべくその商品で完結しているものを選びましょう。
2

化粧品の魔力に打ち勝つべし

新色のリップ、限定色のアイシャドウ、かわいい容器のファンデーション。女性の衝動買いで地味に多いのが化粧品ではないでしょうか。化粧品って長く使えるものが多いので、使い終わる前に、次々に新商品が発売され、まんまと同じような商品を買ってしまいがち。
化粧品の衝動買いをとめる術は、もはや冷静になることしかありません。去年も同じような色のリップを買ったけど使ってないぞ。と、買う前に少し考えましょう。とにかく手持ちの化粧品を把握しておくことが大切です。

素敵な買い物は最高のストレス発散

後悔してしまう無駄な衝動買いは、今日からやめましょう!でも、素敵な洋服との出会いや長年使えるアクセサリーとの出会いは、有意義なストレス発散になります。
無駄な出費を抑え、本当に欲しいものと出会った時にぱぁ~っと使う。これが一番良いのではなでしょうか。
ストレス発散の買い物に出かける時は、しっかり見極める力を身に付けてくださいね♪

記事/Me times
Me times
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

アムールの国の住人に習う『フランス流の恋愛習慣』

アムールの国の住人に習う『フランス流の恋愛習慣』

気持ちもおうちもスッキリ『ミニマリストの洋服収納とは?』

気持ちもおうちもスッキリ『ミニマリストの洋服収納とは?』

真似して実践『シンプルライフのための持ち物リスト』とは

真似して実践『シンプルライフのための持ち物リスト』とは

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.20

すだちで作ろう『自家製ポン酢』

2020.09.18

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2020.09.17

夏の疲れを引きずっている時でもさっぱり食べやすい『焼きナスと豚肉の冷しゃぶサラダ』

2020.09.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2020.09.16

ほんのひと手間で更においしく!『ごちそうバナナ』

2020.09.16

漬けて焼くだけ!スパイシー『タンドリーチキン』

2020.09.15

嫁も食べたい『ナスと厚揚げのピリ辛あんかけ炒め』

編集部おすすめ記事

2020.09.20

切ったらお鍋にお任せ!『南瓜のオイル蒸し』

2020.09.19

食欲が出る!『ごま香る、きゅうりのピリ辛漬け』

2020.09.19

厳しい残暑が続く中にも「秋」を感じる空のこと

2020.09.18

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2020.09.17

お肉なしでも鳥の唐揚げそっくり!サクサク『大豆たんぱくの唐揚げ』

2020.09.15

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

2020.09.14

フレッシュ!ジューシー!!『フルーツティー』

2020.09.13

旬のイチジクを簡単美味しいふわふわケーキに『イチジクのアーモンドケーキ』

2020.09.12

女性に不足しがちな鉄分や食物繊維がしっかり摂れる『豆乳プルーンスムージー』

2020.09.09

その靴大丈夫?成長に合わせた『子どもの靴選び』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.09.02

きのこの旨味がギュギュッと凝縮『シャンピニオンデュクセル』で秋を味わおう‼

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』