得するコト得するコト
まめ知識 2021.08.12

ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』

目次

私たちの普段の食卓でも頻繁に登場するトマト。もともとはペルーやエクアドルといった南アメリカ原産の植物です。生野菜としてそのままサラダに入れてもよし、火を通してイタリアンパスタに仕上げてみてもよしと、どんな料理とも相性の良い万能食材であるトマトの魅力に迫ってみました。

ビタミンCやリコピンなど、栄養成分のバランスよし!ー『知って得するトマトの成分と保存方法』

緑黄色野菜でもあるトマトにはビタミンCやカリウム、リコピンやβカロテンなど色々な栄養成分をバランスよく含んでいます。ビタミンCは昔から風邪の予防にもよいとされ、美肌効果も期待できると言われています。水と一緒に摂取することで体内から余分な塩分を排出するカリウムも含まれているので、高血圧などが気になる人にも最適です。また、トマトの赤い色の成分でもあるリコピンの抗酸化作用はビタミンEの100倍以上の効果があるとも言われています。体内が酸化してサビついた状態になると動脈硬化などの生活習慣病を引き起こしやすくなるのですが、リコピンを摂取することで抗酸化作用が働き、病気や老化の予防につながるということで話題になりました。シミやくすみのもとになるメラニン色素の生成を抑える役割もあるということで美白やアンチエイジング効果も期待できます。他にも美肌に効果があると言われるビタミンAに体内で変化するβカロテンや、お腹の環境を整える作用をする食物繊維も豊富なトマトは、栄養成分のバランスが非常に良い優等生な野菜と言えるでしょう。
ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』ートマトジュレ

リコピンパワーで健康と美肌を手に入れる!ー『知って得するトマトの成分と保存方法』

トマトの栄養成分についての説明でも出てきたリコピンは、カロテノイドと言われる自然色素の一種で、トマトの他にもスイカやピンクグレープフルーツなどにも含まれていて赤い色が特徴です。そもそも活性酸素を除去する働きが強いカロテノイドですが、中でも特にリコピンの抗酸化作用はβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍ととびきり高いために注目を集めました。
人間が酸素を吸うことで発生する活性酸素は、体内に入り込んだ細菌を消滅させる作用があったりといい面もあるのですが、同時に体内を酸化させてしまうため、体をサビついた状態にしてしまうことで動脈硬化を引き起こす原因にもつながってきます。しかしリコピンを摂取することで、活性酸素を除去する抗酸化作用が働き、体を健康な状態に保ってくれるのです。
また、シミやシワ、くすみなどの原因となる活性酸素ですが、リコピンパワーで除去することで、まるで天然の日焼け止めの役割を果たしてくれます。リコピンだけでなくビタミンCで風邪予防、食物繊維で便秘解消など、トマトの栄養成分には健康と美肌の秘訣がつまっています。
ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』ートマトピクルス

トマトの保存方法ー『知って得するトマトの成分と保存方法』

真っ赤に熟した食べごろトマトは野菜室で保存しましょう。あまり冷えすぎると低温障害を起こしてしまうので、5〜10度の野菜室に入れるのがベストです。ヘタを下にして、トマト同士がぶつからないようにビニール袋などにいれてしっかりふたをしめるのがポイント。トマト同士がくっついてぶつかりあってしまうとそこから傷みやすくなり、すぐに悪くなってしまうので注意が必要です。まだ青みが買った若いトマトは常温で数日おいて赤みを帯びてきてから冷蔵庫にいれるとおいしくいただけます。

冷凍、乾燥もできるー『知って得するトマトの成分と保存方法』

トマトは冷凍保存も可能な野菜です。そのままジップロックなど冷凍保存できる袋に入れて冷凍すれば1カ月ほど保存することができます。レンジの弱や解凍ボタンで温めればすぐに使うことができます。水につけたり、流水でさらすことで簡単に皮もむけるので、トマトソースや煮物など加熱する料理に使うとよいでしょう。
ドライトマトを作る場合には、輪切りにして水を切ったトマトを低温オーブンで1時間ほど加熱すると完成です。トマトは乾燥させることで甘みが増すのでパスタ料理などとも相性がよくおいしくいただくことができます。
ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』ートマト

リコピンの吸収率アップ!その食べ方とは?ー『知って得するトマトの成分と保存方法』

トマトの栄養素の代名詞ともいえるリコピンですが、体内に吸収しにくいことで知られています。しかし加熱調理することで吸収率がアップすることをご存知でしょうか。パスタやスープ、炒め物など加熱することで料理のバリエーションも増えるので、あきずに食べ続けることができる点も魅力的です。さらに、ケチャップやホールトマトなどの加工品は生で食べるよりも吸収率が高いという研究結果もあるので、加熱調理されたものや加工品も積極的に摂取していくとよいでしょう。
また、リコピンは脂溶性で油に溶けやすいという特徴があるため、サラダにしてオリーブオイルなどをかけて食べるのも効果的です。
トマトばかりそんなに食べられないという場合はトマトジュースもおすすめです。コップ一杯で必要量に達するそうなので、毎日の日課にしてみてもよさそうですね。摂取する時間帯にも差があり、朝、昼、夜で比べてみると朝に摂取するのが一番効果的という研究結果も発表されています。最も吸収率の高い朝ご飯にトマト料理を一品足してみることで、健康で美しい体に一歩近づけるかもしれませんね。
ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』ートマトジュース

『トマト』を使ったおすすめレシピ

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜』

塩分抑えめでさっぱり仕上げ『プチトマト塩麹マリネ』

塩分抑えめでさっぱり仕上げ『プチトマト塩麹マリネ』

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット』

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット

今日の晩ごはんにあると嬉しい副菜『トマトのお浸し柚子風味』

今日の晩ごはんにあると嬉しい副菜『トマトのお浸し柚子風味』

わさび風味アレンジ『アボカドとフルーツトマトのマリネ』

わさび風味アレンジ『アボカドとフルーツトマトのマリネ』

お肉がなくても大満足『茄子とトマトのたかきび麻婆』

お肉がなくても大満足『茄子とトマトのたかきび麻婆』

普段なにげなく食べているトマトですが、実は栄養満点、病気予防やアンチエイジング効果もある野菜の優等生でもありました。
食べておいしく体にもよいトマトを毎日の食事に取り入れることで、健康で美しい体を手に入れましょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

野菜や果物にもホルモンがある!?『注意したい野菜・果物の保存方法②』

野菜や果物にもホルモンがある!?『注意したい野菜・果物の保存方法②』

この時期におすすめ!缶詰野菜でちょい足しヘルシーごはん

この時期におすすめ!缶詰野菜でちょい足しヘルシーごはん

カラフルな色には理由がある『夏野菜の色が秘めるチカラ』

カラフルな色には理由がある『夏野菜の色が秘めるチカラ』

みんな大好き!『知って得するじゃがいもの成分と保存方法』

みんな大好き!『知って得するじゃがいもの成分と保存方法』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.09.26

鶏むね肉でも満足!ボリュームおかずに『みそだれチキン』

2021.09.22

とろけるナスがおいしい常備菜『ナスのはちみつマリネ』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.09.18

パリッとした皮とサクサクパン粉が絶品!『鶏肉のバジルソースパン粉き』

2021.09.15

すりおろしりんごで絶品『りんごバター』

2021.09.13

さっぱり!『大葉と茄子の餃子』

2021.09.12

なすを丸ごと炊飯器へ!『なすの炊き込みご飯』

2021.09.06

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

2021.09.05

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2021.09.05

作り置き常備菜シリーズ『豚小間照りバーグ』とアレンジレシピ

編集部おすすめ記事

2021.09.26

栄養たっぷり!『おかわかめとミニトマトのナムル』

2021.09.25

あると便利!いろいろ使える発酵胡麻ダレで『切り干し大根の胡麻ダレ和え』

2021.09.24

旨味がギュッと詰まった黒いペースト『マッシュルームのペースト』

2021.09.22

自家製万能調味料『パンチみそだれ』

2021.09.21

実も花も食べられる!ズッキーニをおいしく食べるための下処理方法

2021.09.17

沢山食べられる♪オーブンにお任せ『オクラのロースト』

2021.09.17

はじめてのナチュラルフード『自分をつくる』

2021.09.16

むね肉がしっとり柔らか!『むね肉のネギ醤油和え』

2021.09.15

香ばしい&とろける食感『なすの蒲焼』

2021.09.14

「かぼちゃ」を丸ごと1個買ってみよう!硬いかぼちゃを切りやすくする方法

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

2021.08.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』