得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

ししとうはトウガラシに似た姿を持っている緑色の野菜であり、辛味のあるものが多いのが特徴です。世界的に食べられている食材ですが、日本では様々な銘柄が生産されていて、違った味わいを楽しむことができるようになっています。

ししとうの辛味成分であるカプサイシン―『知って得するししとうの成分と保存方法』

ししとうには辛い種類のものが多数ありますが、辛味成分として含まれている主なものはカプサイシンです。
カプサイシンは新陳代謝を向上させることができる成分として知られていて、脂肪の代謝を促進する効果からダイエットをする人からも注目されています。

エネルギー産生を活発化させるだけでなく、血行を促進して全身に酸素や栄養が行き渡るようにしたり、発汗作用によって老廃物を体外に排泄しやすくしたりする作用も示すのがカプサイシンの特徴です。ガンや心筋梗塞、脳梗塞などに対する予防効果もあると期待されています。また、カプサイシンには抗菌作用もあることから細菌やウイルスなどへの感染に対する防御力を高めるのにも役立つでしょう。

一方、ししとうにはこの他にも食物繊維が比較的多く含まれていて、便秘の解消のために食べる食べ物としても適しています。カプサイシンには辛味の刺激によって食欲を増進し、胃腸の活動を活発化させる効果もあるため、ししとうと食べると食物繊維の摂取と相乗的に働いてお腹の調子を整えられると期待することが可能です。
実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』ーししとう①

ビタミンが多くて健康に良いししとう―『知って得するししとうの成分と保存方法』

ししとうに含まれている栄養として代表的なのがビタミンです。ビタミンCが豊富で特に未熟なししとうの場合には多く含まれています。ビタミンCは鉄分やカルシウムなどのミネラルの吸収に関与することに加え、身体の中では様々な代謝活動に欠かせない成分として機能しているのが特徴です。

高い抗酸化作用を有していることから活性酸素による臓器障害を防ぐのにも役立ちます。ししとうにはビタミンB群も多く含まれていて、カプサイシンによって活性化された新陳代謝に必要なエネルギーを生み出すのに効果的な栄養バランスになっているのが魅力です。ビタミンEやβカロテンなども多く、総合的なビタミン供給源として役に立ちます。

一方、ししとうにはミネラルも多く含まれていますが、代表的なのはカリウムとマグネシウムであり、その他にも微量元素として知られるセレンやクロム、モリブデンなども多いのが特徴です。カリウムは現代の日本人にとって重要なミネラルの一つとして知られるようになりました。国民病とも言われる高血圧の対策に有用なミネラルであり、ししとうを食べて対策することが可能です。

野菜室での保存が最適―『知って得するししとうの成分と保存方法』

ししとうは低温障害を受けやすい野菜なので低い温度での保存には適していません。しかし、温度が高いと傷がついている場所から腐ってしまったり、乾燥してしなびてしまったりしやすいので常温での保存もあまり長くはできない野菜です。冷蔵庫での保存は避けて野菜室に保存するのが適しています。

冬場の場合には涼しい場所に置いておけば常温でも保存することが可能です。野菜室ではやや温度が低く、乾燥してしまいやすいことから新聞紙やキッチンペーパーなどで包んでビニール袋に入れて密封すると長持ちしやすくなります。ヘタの切り口の部分が茶色に変色してきていると鮮度が落ちている証拠であり、この状態になったら二日か三日程度で食べることが大切です。

ししとうは風味はやや落ちてしまいますが冷凍保存することもできないわけではありません。洗って使える状態にした後で密封できるビニール袋に入れて冷凍させると一ヶ月から二ヶ月程度は使用することができます。食感も悪くなってしまいやすいことからそのまま食べるのには向きませんが、炒め物などに冷凍のまま使用すると比較的食味を楽しむことが可能です。
実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』ーししとう炒め

辛味の異なる様々なししとう―知って得するししとうの成分と保存方法』

ししとうはトウガラシのようにどれも辛いというわけではありません。一般的にししとうとして販売されている銘柄でも辛いものと辛くないものとがあります。品種改良によって風味や辛味、大きさなどの異なるものが多数生み出されてきました。

山科トウガラシ、伏見トウガラシ、万願寺トウガラシのような京料理で用いられる伝統野菜はししとうと呼ばれる場合も多く、辛味があまりありません。甘とう美人や黒獅子トウガラシも同様であり、辛味を懸念する人でも気軽に食べられます。
甘とう美人のように生であっても食べられるくらいに柔らかいものもあり、必ずしも炒めたり天ぷらにしたりするなどの加熱調理をしなければならないわけではありません。様々な種類があるので好みのものを探して食べるようにするとビタミンやミネラルを補給しやすくなります。

辛味だけでなく風味にも違いがあり、収穫時期によっても大きな差異があるので比べてみると楽しむことが可能です。基本的には小さくて未熟なうちに収穫するのがししとうですが、大きくなっても緑色のままの銘柄もあります。
実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』ーししとうにんにく炒め

ししとうを使ったおすすめレシピ

作り置き常備菜シリーズ『ししとうの牛脂炒め』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『ししとうの牛脂炒め』とアレンジレシピ

こってりだれと辛味がハマる『豚肉と青唐辛子のピリ辛炒め』

こってりだれと辛味がハマる『豚肉と青唐辛子のピリ辛炒め』

めんつゆナシでも意外に簡単『茄子と万能寺唐辛子の焼き浸し』

めんつゆナシでも意外に簡単『茄子と万能寺唐辛子の焼き浸し

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

ししとうはトウガラシと同じ科に属していて未熟なままで食べることから緑色をしています。辛味や風味に違いがある様々な種類の銘柄が日本で手に入るので、健康効果や栄養についても考慮しながら好みのものを食べるのが大切です。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

苦味が魅力『知って得するゴーヤの成分と保存方法』

苦味が魅力『知って得するゴーヤの成分と保存方法』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

なかなかやせないという悩みに『代謝をあげる効果的な4つのスパイス』

なかなかやせないという悩みに『代謝をあげる効果的な4つのスパイス

ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』

ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』

女性に嬉しい成分がいっぱい!『知って得するももの成分と保存方法』

女性に嬉しい成分がいっぱい!『知って得するももの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.12.13

大根で作るメインディッシュ「生姜とりそぼろあんかけ大根」

2019.12.10

簡単!ビストロ風ガレットを食材2つで♪『まるごとれんこんのガレット』

2019.12.08

冷蔵庫にあるもので作ろう『春巻き』

2019.12.01

もう一品!に便利『サラダチキン』

2019.11.29

ふわっ!サクッ!ママの味「プレーンスコーン」

2019.11.24

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-18.こんな時なに食べる?〜冬の不調をやわらげる献立〜

2019.11.22

優しいお母さんの味『鶏ごぼうご飯』

2019.11.12

フライパン1つで簡単に作れる『秋の鮭南蛮』

2019.11.03

一手間かけてふっくら『ハンバーグ』

2019.10.12

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-14. 改めて確認したい、調味料のコト②

編集部おすすめ記事

2019.12.11

クリスマスに!簡単『イチゴのパフェ風ケーキ』

2019.12.08

冷蔵庫にあるもので作ろう『春巻き』

2019.12.06

クリスマスの食卓に!炊飯器で保温調理する『ローストビーフと付け合わせ野菜』

2019.12.03

休日ランチはたっぷり旬野菜で♪『海老と小松菜のねぎ塩炒め丼』

2019.11.27

野菜と果物で作るおやつ『おいもアップルパイ』

2019.11.27

紅葉シーズン到来!紅葉を眺める時に「狩り」という言葉を使うのはなぜ?

2019.11.26

驚くほど簡単で豪華に見える!北欧の家庭料理を日本の旬野菜で♪『南京とさつま芋の誘惑』

2019.11.24

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-18.こんな時なに食べる?〜冬の不調をやわらげる献立〜

2019.11.19

野菜使い切りで同時に2品完成♪たっぷり野菜の『鮭と牡蠣の豆乳シチュー』『具沢山ミネストローネ』

2019.11.16

食べて風邪予防!『ねぎとパプリカのマリネ』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.04.08

『米ぬかで美容習慣のススメ』〜美肌・美白を叶える7つのチカラ〜

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』