得するコト得するコト
まめ知識 2017.08.18

ネバネバが栄養の決め手『知って得するオクラの成分と保存方法』

ネバネバが特徴のオクラは、スタミナを増進させる野菜としても人気があります。しかし、海外から日本に伝わった幕末の頃には、そのネバネバのせいで敬遠されていました。普及してきたのは20世紀半ばからで、食用野菜としての歴史はそれほど長くないと言えます。ここでは、緑鮮やかなオクラについての豆知識を紹介します。

オクラの主な成分は?ー『知って得するオクラの成分と保存方法』

オクラはその90パーセントが水分ですが、炭水化物、食物繊維がそれに続いています。食物繊維は約5パーセント含まれており、これは、繊維質の多い野菜として知られているゴボウとほぼ同じ数値です。含まれている食物繊維の種類は、ガラクタン、アラバン、ペクチン等。これらの食物繊維の特質として、粘着性が挙げられます。このガラクタン等がネバネバしていて、多糖類の一つであるムチンと共にオクラのぬめりの原因となっているのです。食物繊維の粘着性によって食物は胃腸内をゆっくり移動することになり、そのためこれらを摂ることで食べ過ぎを防止したり、糖質の吸収を緩やかすることができます。ガラクタンはサトイモにも含まれている成分で、脳細胞を活性化させるため、痴呆予防の効果があると言われます。その他、免疫性を高めたり、消化を促進して便秘を解消する効用も認められています。
ペクチンには、コレストロールを排出する作用ややはり便秘を防ぐ作用があると言われています。またムチンもネバネバ成分で、オクラの他里芋、なめこ、モロヘイヤ等にも含まれています。
ムチンには、胃の粘膜を保護したり肝臓や腎臓の機能増進、消化を促進して便秘を改善する等の働きがあります。
『知って得するオクラの成分と保存方法』オクラのナムル

食物繊維豊富な緑黄色野菜!オクラに含まれる栄養は?ー『知って得するオクラの成分と保存方法』

オクラと言えばネバネバ。そのネバネバの正体である食物繊維のガラクタン・ペクチンの効用については、上でみてきました。同じくぬめり成分の多糖類のムチンには、胃の粘膜を潤して保護するという働きがあります。消化を促進させて便秘を改善し、細胞を活性化させるので老化防止の働きも期待できます。さらに、タンパク質を無駄なく吸収できる状態にするため疲労回復の効果もみられる等、ムチンは優れた働きをする栄養素と言えます。
オクラは緑の濃い野菜。オクラには緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンが、レタスのおよそ3倍も含まれていると言われています。体内でビタミンAに変換されるβカロチンも、多くの働きを持った栄養素です。まず、ビタミンAは主に視神経の伝達物質となるため、視力を維持する効果があることがわかっています。それ以外には、毛髪や皮膚・粘膜の健康維持の効用あり、心筋梗塞や動脈硬化等を予防します。喉や肺といった呼吸器を守り、免疫力をアップさせて癌の発症も予防するとも言われています。
更にオクラには、カリウムやカルシウムが豊富に含まれています。カリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する働きがあります。高血圧は塩分の過剰摂取が原因の一つなので、カリウムの摂取はこれの予防に役立ちます。カルシウムについては、骨を生成する栄養素として有名です。更に、心を安定させ、イライラを鎮めてくれるという効果もあります。
『知って得するオクラの成分と保存方法』オクラの和え物

冷たい場所は嫌い!オクラの保存方法ー『知って得するオクラの成分と保存方法』

オクラを保存するには、オクラの特質に適した方法をとることが重要です。オクラはアフリカが原産の、気温が高い場所でとれる野菜です。そのため、5℃以下になると低温障害を起こしやすくなります。気温が高くなる夏には常温保存は無理ですが、この場合も冷蔵庫の野菜庫を使うなどして、冷やし過ぎないようにする必要があります。野菜を保存する場合には、畑で育っている時と同じ状態にしておくと傷みにくいと言われています。オクラであれば、ヘタを下にしている状態。この状態で新聞紙などでくるみ冷暗所で保存します。冷暗所や冷蔵庫で保存できるのは数日間なので、それ以上の場合は冷凍保存をします。生のままでも湯通ししたものでも、どちらでも冷凍可能です。いずれの場合でも、まず塩を振って軽くもみます。これにより、産毛がこすり落とされて色止めにもなります。生のままの場合は、これを水でさっと洗い、水気を拭き取ってから冷凍します。生のままではなく湯通ししたものを冷凍する場合には、少し注意が必要です。ここで完全に茹でてしまっていると解凍した時に柔らかくなり過ぎてしまいます。茹でるのはほんの短時間、色がより鮮やかになったらすぐ引きあげて冷水につけ、冷めてから水気を拭き取って冷凍します。
『知って得するオクラの成分と保存方法』オクラの煮物

始まりは古代エジプトだった!ー『知って得するオクラの成分と保存方法』

日本では、オクラが一般的に食べられるようになってからまだ100年も経っていません。しかし、エジプトでは既に紀元前元年頃には栽培されていたとも伝えられているほど、オクラの歴史は長いのです。「オクラ」というのも日本語ではなく、英語名です。星形の切り口が可愛くて幼稚園等の野菜スタンプ遊びの定番にもなっていますが、全体の形も女性のほっそりとした指先に似ていて「レディースフィンガー」とも呼ばれています。見た目もきれいなオクラですが、美味しいオクラを見分けるにはポイントがあります。まず濃い緑色であること、ヘタや切り口が黒ずんでいないことがポイントです。
そして表面の産毛がびっしり生えており、さやの先・角がぴんと張っていてはっきりとした五角形のものが新鮮であると言えます。また、大き過ぎると、育ち過ぎていて苦味があり美味しくない場合があります。柔らかく弾力がある小ぶりのオクラがおすすめです。オクラは、茹でたものは勿論、生でも食べることのできる便利な野菜です。生食する場合に産毛が気になるようなら、塩をまぶし板ずりをして取り除きます。
『知って得するオクラの成分と保存方法』オクラの花

オクラを使ったおすすめレシピ

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

夕飯のしたくが面倒なときに『オクラと納豆の和風パスタ』

夕飯のしたくが面倒なときに『オクラと納豆の和風パスタ』

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

見栄えがあるのに10分で出来る!!『豚グリルの和風デミソースかけ』

見栄えがあるのに10分で出来る!!『豚グリルの和風デミソースかけ』

ここまでみてきたように、オクラは非常に栄養価の高い野菜です。生食もできるほど料理をするのも手間いらずで、万能野菜ともいえます。緑の濃い鮮やかなオクラを選び、保存方法に注意して、豊富な栄養で活力アップを図ってみてはいかがでしょうか?

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

実は糖質!身体を支える『ヒアルロン酸のヒミツごと』

実は糖質!身体を支える『ヒアルロン酸のヒミツごと』

知っていますか?『これから役立つ美味しい夏野菜の秘密ゴト』

知っていますか?『これから役立つ美味しい夏野菜の秘密ゴト』

冷蔵庫へ入れない方がいいのかも?!『注意したい野菜・果物の保存方法①』

冷蔵庫へ入れない方がいいのかも?!『注意したい野菜・果物の保存方法①』

昔からの暮らしの知恵『夏の暑さを旬の食べ物で吹き飛ばそう』

昔からの暮らしの知恵『夏の暑さを旬の食べ物で吹き飛ばそう』

冷え性にも効く『知って得するニラの成分と保存方法』

冷え性にも効く『知って得するニラの成分と保存方法』

栄養価が高い『知って得するパセリの成分と保存方法』

栄養価が高い『知って得するパセリの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.04.08

美味しく食べてお肌ぷるぷるに『キクラゲの中華サラダ』

2020.04.03

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

2020.04.02

タルタルは手作りがおいしいね『鶏肉ソテーと自家製ピクルスのタルタルソースがけ』

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

編集部おすすめ記事

2020.04.08

鶏の唐揚げそっくり!大豆たんぱくで作る『ベジチキン唐揚げ』

2020.04.08

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2020.04.02

これからの暑い時期を乗り越えるために摂りたい野菜『アスパラガスの秘密ゴト』

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

2020.03.20

保存食のある暮らし~旬のいちごを楽しむ最高の組合せ!!『いちごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.12.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」

2020.03.18

旬の国産レモンで作る万能調味料『塩レモン』