作るコト作るコト
料理 2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

今回はきちんと美味しい出汁を取ったお味噌汁が朝の10分でできちゃうレシピと時間の作り方をご紹介します。お出汁はオーソドックスな煮干しと昆布のお出汁となっています。

5分でできる!前日の仕込みのイイコト

≪帰宅≫

仕事も頑張った!ビールも飲みたい!ドラマもみたい!SNSも更新したい!そんな「したいコト」の前に、5分でできちゃう明日の自分のための仕込みをしましょう。ズボラな私でも続く「簡単!早い!美味い!」お出汁がとれちゃうとっておきのレシピです。

まずは材料の準備

 
*私は家族4人分を一気に作って、その出汁をほかのおかずにも使うので、少し多めの分量になっています。

・水 1.2~1.5ℓ 
 →しっかり出汁を取りたい場合(うどん出汁など)は、1.2ℓがおすすめです。私は目盛付きのいつも使っている小鍋で大体で計ってます〇
・昆布 10g(10㎝を約2枚分くらい)
・煮干し 45g(ふたつかみ)
 →私は手が小さいのでひとつかみ半くらい。人によって手の大きさは違います。なので、これも習慣化してしまい、大体の目安をつかんで、手計化しましょう!

*残った出汁は3~4日は日持ちしますので、出汁ストックとしても保存できます
1

仕込み開始

1.材料を準備します
2.お鍋に、お水と煮干しと昆布を入れて、一晩水出しします
*さらに丁寧にされたい方は煮干しのワタと頭を取り出してください。私はそこまでするのは面倒なのでいつもつきっぱなしです。(笑)
3.明日入れるお味噌汁の具材を冷蔵庫の中からパーっとみておきます

以上です。そう、これだけなのです。

ポイントは、
・「お味噌汁をつくるときは、このお鍋!」と決めてしまうこと
・「大体これくらいかなぁ」と手計を覚えてしまうこと

これが身に付けば3分でできるようになっちゃいます◎

ただ、次の日は
「いつもより30分でもいいので、少し早めに起きましょう」

私は出勤時間の1時間半前がベストでしたので、いつもそれを目安に起きています。さ、明日も早いのでササッと寝てしまいましょう

朝の10分を有効活用して元気に仕事へ向かうためのイイコト

≪翌日朝≫

昨日出汁の準備もしたし、なんか心も満足!顔を洗って、歯を磨いて、仕事の準備もして、いざ台所へお鍋を覗けば、一晩で昆布もふやけていい感じになっているはずです。
2

10分でできるひと手間出汁の仕上げ

1.昨晩水出しした出汁を中火で火にかけます
2.沸騰直前で昆布だけを取り出し、アクを取って5分ほど煮出します

以上です。そうなのです、これだけなんです。
これで、ひと手間かけた煮干し出汁の完成です!
3

さて、美味しいお味噌汁を作りましょう!

1.冷蔵庫にあるものを適当に切って具材にします
*この時期おすすめなのは『なす』
→皮に含まれる色素の成分が血管をきれいにし、「目の疲労効果」にも最適です。なので、皮はむかずに調理するのがコツ◎
→「食物繊維」もたっぷりなので、美腸にも最適な夏野菜です
2.具材を火にかけて火が通ったら、一旦火を止めます
3.お好みのお味噌をお好みの量でといていきます
*今の時期なら塩味のきいた「赤みそ」がおすすめです。甘味がほしい冬の時期やお子様には、「白みそ」や「麦みそ」がおすすめ。また「みりん」を仕上げにひと回しすると、赤みそのとげがなくなってまろやかになります◎
4.少し火にかけて、煮立たないうちにフツフツしてきたら完成
4

さてしっかりお味噌汁も飲んでいってきます!

長く続けられるきちんとした出汁の取り方を知るイイコト

だしの素や茅乃舎さんのお出汁に頼ってしまう日もある。はたまた、あさげに頼るお味噌汁の日もある。けど、どうせ自分で選べられるのなら、きちんとした出汁の取り方を知ることの方が、食を通して自分の生活に対する選択肢も増えるんじゃないかなぁと思っています。
出汁を取る」って案外簡単で、早いし、安いし、何より美味しい!
出汁を取ることへのハードルが少しでも下がればいいなぁ。私自身去年まで、「出汁を取る」ってすごくハードルの高いことでした。でも山口飲食に通ってからは一変。

前日に少しの仕込みをしておくこと。
出汁から作るお味噌汁自体も、誰でもできるすごくシンプルなレシピです。なので、こんな風に朝することが決まっていると、朝もスッと目覚めることができるし、迷うことなく行動できます。そうすると、これが次第に『習慣』になる。
5

大好きな彼氏のために、大切な家族のために、将来の旦那様やお子様のために、
・だしの素をつかったお味噌汁なのか
・あさげのお味噌汁なのか
・それとも自分できちんと出汁を取ったお味噌汁をなのか

そんな風に「自分で選べること
それこそが続けられることの一番の秘訣なのではないかと思っています。

同世代である20代女性に伝えたい発酵のイイコト

いつも仕事もプライベートも忙しい20代女性のみなさん、コンビニ食や菓子パン、インスタントラーメンで過ごすご飯もたくさんあると思います。

・どうにかしたい、変わりたいのに…
・どんどん肌荒れはしちゃうし、でも時間はないし…
・とりあえず芸能人の○○が良いっていってた美容液買っとこうかな…
・栄養ドリンクでとりあえずビタミン補給しとこうか…

今日もそんな日を過ごしていませんか?
6

食に振り回されない生活をする

そのために、
簡単に誰でも美味しくできる、どこの台所にもある発酵食に助けてもらう
私の食に対する原点であり、永遠のテーマです。

仕事も遊びもデートも忙しい同世代の女性にこそ、「発酵おうちごはん」を味方につけて、食に対する悩み、健康や心の悩み、いろんな悩みを解決するお手伝いがしたいと思っています。まだまだ準備中ですが、「発酵おうち朝ごはん」レッスンも来春には実施予定です◎

お味噌汁から、食に振り回されない生活とちょっとやそっとではめげない心と体を一緒につくっていきませんか?普通の24歳ズボラ女子の私でもできる「出汁から作るお味噌汁」レシピ、ぜひ皆さん試してみてくださいね♩
今日も朝ごはんからいい日にしよう!

記事/吉岡春菜
ライター情報写真
「どんぐりと山猫」店主。徳島在住の24歳です。
仕事で忙しい20代女性の方に向けて 「台所の発酵おうちごはんから自分と家族、彼や未来の子供のための 昨日よりちょっと丁寧で豊かな生活をつくるお手伝いがしたい」
そんな料理レッスンを準備中です。暮らしの雑貨や道具も取り扱う予定。
インスタグラムやブログで日々の暮らしや朝ごはんをお届けしています。

ホームページ
インスタグラム

その他のおすすめ記事

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.01.25

一度はチャレンジ!ジューシー『自家製ソーセージ』

2021.01.21

甘くてほろ苦い美味しさがたまらない『タルトタタン』

2021.01.21

色を暮らしに活用しよう『安らぎカラー”緑色”がもつ秘密ゴト』

2021.01.15

発酵食品で免疫力UP!第3弾『海老入り肉団子の甘酢あんかけ』

2021.01.14

寒いから着こなしに工夫を『暖かく動きやすく!子ども服の着方のコツ』

2021.01.13

おなかに嬉しいヘルシーおやつ『バナナ入りオートミールクッキー』

2021.01.13

白砂糖不使用スイーツ『甘酒きなこムース』

2021.01.12

爽やかな酸味と辛味がカブの旨味を引き出す『カブの柑橘マスタード和え』

2021.01.12

チーズと白セロリを口の中で優しく包み込む『いちごとカッテージチーズのサラダ』

2021.01.08

菌活で腸美人『きのこをつかった作り置きおかず』

編集部おすすめ記事

2021.01.25

【七十二侯のコト】第七十一候「水沢腹堅」

2021.01.24

【七十二侯のコト】第七十候「款冬華」

2021.01.23

二十日正月は正月期間の終わり

2021.01.23

はじめてのナチュラルフード『新年を迎えて~出汁活をしよう~』

2021.01.22

白菜の甘みを味わおう!『焼きロール白菜』

2021.01.22

簡単なのに豪華‼『アボカドサーモンのチコリボード』

2021.01.22

冬土用入りで体のメンテナンスを

2021.01.21

ホッと美味しい!『大根とつくねの食べるスープ』

2021.01.20

煎り大豆の活用法!ごはんのお供に『みそ大豆』

2021.01.20

ほっこり体が温まる『白菜の豆乳クリーム煮』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』