得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.18

しそ、ミント、バジル…独特の香り『シソ科の野菜の種類とあれこれ』

LINEで送る
Pocket

かつて中国の若者が食中毒で死にかけた時、シソを煎じて紫の薬を作って飲ませたところ回復したという伝説があります。紫のシソの葉を食べさせたら蘇ったことから紫蘇と呼ぶようになったとされているのです。シソ科にはシソの他にもミントやバジルなどもあり特徴や用途も異なってきますのでいくつか紹介していきます。

しそ-『シソ科の野菜の種類とあれこれ』

しその品種には赤じそ、青じそ、穂じそ、エゴマなどがあり、食欲を増進する役目や食中毒を防ぐ効果があるため古くから日本でも食べられてきました。赤じそは梅干しや漬け物などの着色に使われることが多く、酢につけると鮮やかな赤色になる特徴を持っています。初夏が旬となり収穫は夏の間に行われますが、梅干しを漬ける時期が主となるので6月~7月に市場に出回るのが一般的となります。青じそは大葉と呼ばれるもので、刺身や天ぷらなどのツマとして使用され赤じそよりも香りが強い特徴があります。比較的多く出回るのは5月頃となっていますが、旬は特になく一年通して流通しています。穂じそも刺身等のツマとして添えられることが一般的で、枝のような形に実がついています。穂じそは手のひらでたたくと香りが広がり、茎の部分を持ち箸でしごいて醤油のなかに入れて刺身を味わうのがマナーとなっています。こちらも年間を通して流通していますが、多く出回るのは12月頃になります。エゴマは、青じそに似ていますが食用の他に油を採るために栽培されています。一般的には、韓国料理で焼き肉と一緒に食べられています。旬は6月~8月となり、クセのある独特な風味が特徴で好き嫌いが顕著に分かれるしそになります。
しそは栄養価が非常に高く、カロテンの多さは野菜の中でもトップクラスです。カルシウムや鉄分、ビタミンB1、B2、Cも豊富で、体を温める効果やアレルギーの緩和にも役に立つのです。また、老化防止や抗酸化作用、防腐作用や解毒作用の効果が期待できたり、精神を安定させ不眠を解消したりとその効果は様々で健康の維持に効果的な食べ物と言えるのです。
『シソ科の野菜の種類とあれこれ』豆腐ハンバーグ

ミント-シソ科の野菜の種類とあれこれ

ミントは爽やかな香りが特徴で、歯磨き粉やガム、お茶や精油などに使われることが多く原種は20~40種ほどですが、変種ができやすく数えきれないくらいの品種が存在しています。ミントにはメントールが多く含まれているので清涼感があり、抗菌効果もあるのが特徴です。また、ポリフェノールの一種であるフラボノイドが含まれていて強い抗酸化作用を持っています。そのため、老化防止やガンの予防も期待できます。さらに、血圧の上昇を抑える効果やアレルギー症状の改善にも効果があり、効能は様々です。ミントにはタンニンというポリフェノールの一種も含まれ、メラニン細胞の活動を抑える効果もあります。下痢の改善にも効果がある一方で、摂取しすぎると便秘になってしまう可能性があるので注意が必要となります。その他、ビタミンCによる美肌効果や、ストレスを軽減する効果も期待できるのです。有名なミントにはスペアミント、ペパーミント、クールミントがありますが利用方法は異なってきます。スペアミントは、葉の先が尖っていて主にお菓子の味付けに使われます。ペパーミントは丸みを帯びた葉で抗菌効果に強く香り付けに使われることが多いものになります。クールミントは清涼感が強いため、歯磨き粉等の日用品に使用されています。このように、一口にミントと言っても様々な種類があり、用途によって使い分けを行うことで効果や特徴を楽しむことができるのです。
『シソ科の野菜の種類とあれこれ』ミント

バジル-『シソ科の野菜の種類とあれこれ』

バジルは栽培しやすく、変種ができやすい品種です。そのため、150種以上のバジルがあり一般的に料理で使用されるものはスイートバジルと呼ばれるものになります。主に食用として使われ、殺菌効果や消化の促進、胃腸を整える働きがあります。バジルの香りはすぐに立ちすぐに消えてしまうので、料理の仕上げに用います。また、細かくする際には、金属を使うと香りが消えてしまう特徴があるので手でちぎるのが一般的です。
スイートバジルは葉が柔らかくイタリア料理に欠かせないバジルです。他には、ハーブティーやスパイスに使用されるブッシュバジルやタイ料理で炒めて使われるホーリーバジルなどが代表的なものです。小さい葉からレモンのような香りのするレモンバジルは料理やハーブティーに、赤紫色の葉を持つパープルラッフルバジルはビネガーに漬け込んで利用することがあり、品種によって使用方法は様々です。バジルの香りには女性ホルモンや消化機能を促進する作用を持つアネトールや抗菌作用のあるシネロールが含まれています。また、ユリの花ような甘い香りを持つリナロールにはリラックス効果や食欲増進が期待できます。神経のバランスを整えてイライラや不安、憂鬱感に働きかけることで心の不調を取り除くことに期待ができ、精油を香ることで集中力を高めることが可能となります。他にも、苦味を持つサポニンには抗酸化作用があり、コレステロール値や血圧を抑える効果や老化防止にも役立ちます。このようにバジルには健康に関する様々な効果が期待できる植物なのです。
『シソ科の野菜の種類とあれこれ』バジル

シソ科の野菜を使ったおすすめレシピ

きのこの旨みたっぷり!ふんわりバターが香る『舞茸と大葉のまぜごはん』

きのこの旨みたっぷり!ふんわりバターが香る『舞茸と大葉のまぜごはん』

薬味たっぷり二つの味が楽しめる『豆乳そうめん』

薬味たっぷり二つの味が楽しめる『豆乳そうめん』

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

ビタミンやミネラルも一緒に摂れる『デトックスウォーター』

ビタミンやミネラルも一緒に摂れる『デトックスウォーター』

かぜや疲労に効果的『バジルをつかった万能ソース』

かぜや疲労に効果的『バジルをつかった万能ソース』

ストックを活用!!さっぱり美味しい『ゴーヤとさば缶のマリネ』

ストックを活用!!さっぱり美味しい『ゴーヤとさば缶のマリネ』

シソに関わらずミントやハーブなどシソ科の植物には、体や心に働きかけて健康にしてくれる効果が期待できます。数多くある品種の中から選ぶ際に用途のみで決めるのではなく、これらの効能を知ることで健康に対しての理解が深まり料理や生活をより楽しむことが可能となるのです。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

アレルギーの悩みにも役に立つ『知って得するしその成分と保存方法』

アレルギーの悩みにも役に立つ『知って得するしその成分と保存方法』

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

多種多様な仲間たち『アカザ科の野菜の種類とあれこれ』

多種多様な仲間たち『アカザ科の野菜の種類とあれこれ』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』