得するコト得するコト
まめ知識 2017.08.19

春菊の栄養をご存知ですか?『知って得する春菊の成分と保存方法』

目次

春菊は育てるのが比較的簡単な菜っ葉類として古くから栽培されてきました。地中海が原産とされていますが、各地に広まる間に様々な品種に変わってきています。関西の一部の地域では菊菜とも呼ばれて愛されている野菜です。

ビタミンAとビタミンKが多い春菊ー『知って得する春菊の成分と保存方法』

春菊に含まれている身体にとって有用な成分として代表的なのがビタミンAとビタミンKです。
ビタミンAはβカロテンとして含まれていて、身体の中でビタミンAが必要とされているときには変換して利用されるようになっています。ビタミンAは植物由来の場合にはβカロテンになっていることから水溶性が高く、身体の中に蓄積してしまうことはありません。ビタミンAは過剰症も知られていますが、その心配をすることなく春菊を食べて十分量を摂取することが可能です。目の機能に特に大きな影響を与えるのがビタミンAであり、不足すると夜盲症になりやすいことが知られています。抗酸化作用もあることから身体を酸化から守る役割も果たす重要なビタミンの一つです。
一方、ビタミンKは止血や骨の形成に重要な役割を果たすビタミンであり、出血したときに血が止まりやすくなったり、カルシウムの吸収を円滑化することによって骨の形成を促したりすることができます。骨粗鬆症の予防にも良い効果を示すと知られていて医薬品にも使用されている成分です。
春菊にはこのようなビタミンが豊富に含まれていて身体の健康維持に役立つと期待できます。
バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』ー春菊ペースト

ビタミンやミネラルのバランスが優れている春菊ー『知って得する春菊の成分と保存方法』

春菊はもともと水分が多い野菜であるため、三大栄養素についてはあまり多く含まれていません。しかし、含まれている炭水化物のほとんどが食物繊維になっているのが特徴であり、水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も摂取することができます。便秘に悩まされている人や血糖値が高めの人にとって春菊は役に立つ食材となりそうですね。
一方、ビタミンやミネラルについて見てみると、ビタミンAやビタミンKに限らず、様々なミネラルをバランスよく含んでいるのが春菊の特徴です。ビタミンB群やビタミンC、ビタミンEといった諸々のビタミンに加えて、現代の食生活では不足しがちなミネラルであるカリウムやマグネシウム、カルシウム、鉄なども多くなっています。
春菊のみで必要量を全てまかなうのは難しくても、少しずつ食べるように心がけることで幅広く栄養不足を補っていくことができそうですね。
バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』ー和え物

春菊を美味しく保存するには葉先を傷めないようにー『知って得する春菊の成分と保存方法』

春菊を保存するときには葉先から傷んでしまいやすいので、その点を注意しなければなりません。少し黒ずんでしまった程度であれば、その部分をちぎって捨ててしまえば問題ないですが、買ってきて袋に入ったまま保存すると葉が溶けてきてしまうことがあります。葉先を守るようにして必ずペーパータオルなどで包んでから袋に入れるのがおすすめです。この状態で冷蔵庫の野菜室に入れておくのが長持ちさせられる保存方法ですが、置き方にも工夫すると一層長持ちしますよ。
菜っ葉類は地面に植えられて成長していたときと同じように上に向かって伸びようとする力があるので、それが自然な形になるように立てて保存するのが良い方法です。春菊は生のままでは一週間程度しか日持ちがしませんが、加熱調理をすれば冷凍保存することができます。春菊を茹でて十分に水を切り、適当な大きさに刻んで密封して冷凍しておけば便利に使えますよ。十分に水分を切っておかないと解凍の際に食味が落ちてしまいやすいので、固く絞ってから冷凍するようにするのが重要です。
バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』ー春菊茹で

春菊の独特の風味を生かした食べ方をしようー『知って得する春菊の成分と保存方法』

春菊はアクが弱い菜っ葉類なので、実は生のままでも食べることができます。寒い季節ほど柔らかいので、冬は生食をするのに向いているでしょう。春先になってくるとだんだんと歯が固くなってきてしまうそうですよ。そのため、茹でるか炒めるかしてから食べるのが一般的になっています。
独特の風味があることから春菊の食べ方は風味を生かしているものが多く、軽く茹でた春菊を使っておひたしや白あえなどがよく作られている料理です。また、鍋物の具材としても定番ですね。しゃぶしゃぶやすき焼きなど、どのような鍋物にも相性は良く、好みに応じて量も調節しやすいので便利な食材です。また、汁物の具材にしたり、天ぷらにしたりしても風味を生かした料理ができます。いろんな使い方ができる食材なので、茹でて冷凍して常備しておくといざというときに役立ちますね。
バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』ー春菊

春菊を使ったおすすめレシピ

じっくり滲みこんだ豚バラに箸が止まらない!『豚バラ肉の漬け焼き』

じっくり滲みこんだ豚バラに箸が止まらない!『豚バラ肉の漬け焼き』

鍋だけじゃない!風邪予防にも美肌にも『春菊ペースト』

鍋だけじゃない!風邪予防にも美肌にも『春菊ペースト』

女性の味方『春菊がもつ嬉しい効果と意外なレシピ』

女性の味方『春菊がもつ嬉しい効果と意外なレシピ』

常備菜シリーズ ブラックペッパーが味を引き締める!『切干し大根と春菊の香り炒め』

常備菜シリーズ ブラックペッパーが味を引き締める!『切干し大根と春菊の香り炒め』

七草粥と一緒にどうぞ『厚揚げを使った春菊と柿の白和え』

七草粥と一緒にどうぞ『厚揚げを使った春菊と柿の白和え』

じっくり滲みこんだ豚バラに箸が止まらない!『豚バラ肉の漬け焼き』

じっくり滲みこんだ豚バラに箸が止まらない!『豚バラ肉の漬け焼き』

春菊は各地で栽培され、おひたしから鍋物、天ぷらなど広く利用されている野菜です。ビタミンAやビタミンKを代表として、バランス良くビタミンやミネラルを含んでいることから広く健康や美容を支えてくれる野菜として役に立ちます。旬の時期にはぜひいろんな食べ方で楽しんでみてはいかがでしょうか?

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

旨み成分が多い『知って得する白菜の成分と保存方法』

旨み成分が多い『知って得する白菜の成分と保存方法』

緑黄色野菜の代表『知って得するにんじんの成分と保存方法』

緑黄色野菜の代表『知って得するにんじんの成分と保存方法』

女性に嬉しい成分がいっぱい!『知って得するももの成分と保存方法』

女性に嬉しい成分がいっぱい!『知って得するももの成分と保存方法』

ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』

ご存知でしたか?『知って得するトマトの成分と保存方法』

優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.03

旬のみどりを食卓に。『モロッコいんげんのカリッとごま和え』

2020.06.03

甘いものが食べたいと思ったときにさっと作れる『サクサク食感のサクリスタン』

2020.06.03

みょうがが味のアクセントに『揚げ鯖のサラダ』

2020.06.02

いつものデザートに食物繊維を 『きなこのバナナヨーグルト』

2020.06.02

誰かに見せたくなる 『こんがりバナナのハニートースト』

2020.06.02

バター醤油の香りと塩気がとうもろこしの甘さより引き立たせる!『とうもろこしのバター焼き醤油』

2020.06.01

ケノコトおすすめ!ビールに合う簡単おつまみレシピ特集

2020.06.01

朝5分で出来る『簡単アボカドのタルタルトースト』

2020.05.30

コロコロ食材をごそっとスプーンでいただく『ソーセージとお豆のポトフ』

編集部おすすめ記事

2020.06.04

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

2020.06.03

切った時に涙が止まらない!泣かせ上手な玉葱の秘められた力とは

2020.06.02

材料3つ10分で作れる『もちきび入りタルト・ソレイユ』

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

2020.05.22

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

2020.05.22

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.12.30

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』