得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.20

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

カリフラワーはブロッコリーを白くしたような姿をしている同じアブラナ科の野菜です。日本では近代になってから流通するようになったため、カリフラワーが食材として使用される料理には西洋由来のものが多くなっています。

還元力のある成分が多いカリフラワーー『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

カリフラワーに含まれている成分として特徴的なのが還元力のある成分です。よく知られているのがビタミンCが豊富なことであり、茹でて食べるときにも軽く茹でるだけにしておけばあまり溶出させてしまわずに済みます。しっかりと締まっていることから熱は通っても水に溶け出してしまいにくく、ビタミンCの摂取源として適している食材です。ビタミンCは抗酸化作用を有するビタミンとして活性酸素の働きを妨げるだけでなく、様々な代謝過程において不可欠なビタミンとして機能しています。肌の調子を良くしたり、ストレスを緩和したり、感染防御にも役立ったりすることから積極的に摂取すると良い成分です。また、カリフラワーには硫黄系の化合物も多く含まれています。イソチオシアネート類やメチルアリルトリスルフィドはカリフラワーに含まれている硫黄化合物として代表的なものであり、体内で強力な還元作用を示して活性酸素の除去に働くのが魅力です。イソチオシアネートは特に免疫機能に対する効果が高く、メチルアリルトリスルフィドは血管系への作用が強くなっています。
『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』カリフラワーオイル漬け

ミネラルとビタミンが豊富なカリフラワーー『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

カリフラワーにはビタミンC以外にも様々な栄養が詰まっています。特にミネラルは広く少しずつ含まれているのが特徴であり、かるシムやマグネシウム、鉄分や亜鉛などの必須ミネラルを網羅的に摂取することが可能です。また、取り分けて多いミネラルにはカリウムがあります。カリウムは身体のミネラルバランスを整えるのに有用であり、ナトリウムとのバランスによって体内の浸透圧や血圧の制御が行われていることから、塩分の取り過ぎの対策に活用できるでしょう。ビタミンではビタミンKやビタミンB群が多く、特にビタミンB群では葉酸が多くなっています。葉酸は細胞を増やす際に欠かせないビタミンであり、貧血の対策としてよく用いられている栄養です。妊婦への薬として処方されることもあるほどであり、妊娠中の葉酸の摂取源として適しています。ビタミンB群はどれもエネルギーを生み出し、身体を作り上げるために必須のビタミンです。カリフラワーを食べることによって元気な身体にするように働きかけることができ、妊婦の場合には胎児の健康な生育も促すことができるでしょう。
『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』カリフラワーお弁当

カリフラワーの保存にはコツが必要ー『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

カリフラワーは収獲してしまうとあまり保存性が良くないため、買ってきたときには工夫して保存しなければなりません。生のまま保存しようとすると先端部分から黒色に変色してきて腐ってしまいます。乾燥にも湿気にも弱いため、新聞紙などで覆った上でビニール袋に密閉し、茎の切り口の部分を下にして野菜室で保存するのが良い方法です。しかし、この状態でも二日か三日程度しか保存することができないのでできるだけ早く加熱調理をしまうことが大切です。熱湯で下茹でをして、水分を十分に切って冷蔵しておくと三日から一週間程度は保存できます。水分があると腐ってしまいやすいので十分に水を切るようにしましょう。茹でるのではなく電子レンジで調理しても問題ありません。この場合にも水分を十分に切って冷蔵保存すれば同じ程度の期間は保存可能です。カリフラワーは冷凍保存もできますが、急速冷凍をしないと食感が失われてしまいます。また、冷凍したカリフラワーは自然解凍するのには向かないので直接炒めたり煮たりして使うようにするのが肝心です。冷凍すると一ヶ月程度は保存することができます。
『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』カリフラワー炒め

カリフラワーの栄養を生かす調理方法ー『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

カリフラワーに含まれている還元力のある成分やビタミン、ミネラルは水溶性が高いのが特徴です。カリフラワーの栄養を生かすように調理する方法として優れているのがスープや味噌汁などの煮物に直接使う方法であり、水に溶けて失われてしまう栄養を最小限にすることができます。下処理をするときには茹でるよりも、軽く水で洗った後で水を適度に切ってポリ袋に入れ、電子レンジで加熱した方が栄養を減らさずに済むでしょう。その上で炒め物に使ったり、冷ましてサラダに使用したりすることができます。和食にはもともとカリフラワーが存在していなかったため、伝統的な料理はあまりありません。しかし、食感が良い一方で味や風味はあまり強くないことからどのような料理にも合わせることができます。特に煮物ではどのようなものでも味が適度に染み込むので使いやすい食材です。サラダやマリネなどのさらに加熱しなくて良いものを選ぶとビタミンCの分解を防ぐことができます。栄養面を考慮するなら直接煮物に使用するか、下処理をした上でそのまま食べるようにする方法が有用です。
『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』カリフラワー

編集部おすすめレシピー『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

冷やしても美味しい『もちあわとブロッコリーのポタージュ』

冷やしても美味しい『もちあわとブロッコリーのポタージュ』

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

冷めても美味しい『もちきび入り豚キムチ』

冷めても美味しい『もちきび入り豚キムチ』

電子レンジで出来る!1枚肉を包んだ『鶏もものロールキャベツ』

電子レンジで出来る!1枚肉を包んだ『鶏もものロールキャベツ』

意外なマリアージュに驚き?!お出汁がじゅわぁ〜『ズッキーニとがんもどきの煮物』

意外なマリアージュに驚き?!お出汁がじゅわぁ〜『ズッキーニとがんもどきの煮物』

カリフラワーは主に西洋やアジアでよく料理に用いられてきた野菜であり、日本に到来したのは近代になってからです。伝統料理にはあまり使われていませんが、主張をしない野菜なので広く利用することができ、抗酸化作用の強い栄養源として役に立ちます。
文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

旨み成分が多い『知って得する白菜の成分と保存方法』

旨み成分が多い『知って得する白菜の成分と保存方法』

身体に良い成分が豊富に含まれている『知って得する大根の成分と保存方法』

身体に良い成分が豊富に含まれている『知って得する大根の成分と保存方法』

みんな大好き!『知って得するじゃがいもの成分と保存方法』

みんな大好き!『知って得するじゃがいもの成分と保存方法』

実は栄養価が高い?!『知って得するかいわれ大根の成分と保存方法』

実は栄養価が高い?!『知って得するかいわれ大根の成分と保存方法』

緑黄色野菜の代表『知って得するにんじんの成分と保存方法』

緑黄色野菜の代表『知って得するにんじんの成分と保存方法』

漬物にして常備菜に『知って得する梅の成分と保存方法』

漬物にして常備菜に『知って得する梅の成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.16

たまごも牛乳も使わない!寒天で作るトロっと美味しい『さつまいもプリン』

2019.02.01

とろっとろでスパイシーなご馳走『牛すじカレー』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2019.09.24

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介