得するコト得するコト
まめ知識 2020.06.04

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

目次

エリンギは、地中海周辺から中央アジア地域までを原産とした食用きのこです。日本では1993年に愛知県で栽培され始め、一本がシメジやシイタケなどに比べて大きくて太いのが特徴です。そのものには香りがあまりないので個性が強すぎず、また、和洋折衷の料理に合うので調理の仕方も幅広く便利に使える人気食材です。

エリンギの成分についてー『知って得するエリンギの成分と保存方法』

破棄部分がほぼないエリンギの成分を100gあたりで見てみると、成分の約9割が水分です。次に多いのが、炭水化物です。炭水化物は6.0g含まれていて、そのうち約半分の3.4gが食物繊維となっています。その内訳は、不溶性食物繊維が3.2gで水溶性食物繊維が0.2gです。ほかのきのこ類と同じように、脂肪分は0.4gとほとんどなく、飽和脂肪酸に比べて不飽和脂肪酸がやや多いです。たんぱく質は2.8g含まれています。また、ビタミンDやビタミンB6、葉酸などの一般によく知られるビタミン類も多種含まれています。ビタミン類で一番多くを占める成分は、ビタミンB3のナイアシンでビタミン全体の40%、また、ビタミンB5のパントテン酸が23%含まれています。地アミンというビタミンB1やリボフラビンというB2もわずかですが含まれています。さらに、ミネラルも含まれています。ミネラルの中では、リンが最も多くを占めています。カリウムやマグネシウム、ナトリウム、わずかですが亜鉛や鉄分も含まれています。このようにエリンギには多くの成分が含まれているのです。
『知って得するエリンギの成分と保存方法』エリンギ1

エリンギの栄養分についてー『知って得するエリンギの成分と保存方法』

エリンギの栄養成分としてうれしいものとして、まず挙げられるのが食物繊維です。その多くが不溶性食物繊維なので、体内で溶けずに腸まで運ばれます。そのために、便秘が改善したり予防になったりと便秘に悩む女性は特に効果が期待できます。また、不溶性食物繊維の含まれている食材は胃で水分を大量に吸収して膨れるので、満腹感を得ることができ、暴食のストッパーにもなります。その点ではダイエットにも向いている食材です。また、食物繊維には、有害物質の排出の手助けもしてくれます。次に、カリウムは、体内に蓄積している余計なナトリウムの排出を促します。このため、高血圧を抑制し、動脈硬化や心筋梗塞の予防になります。また、ナイアシンは血行を促進して、血流を良くしてくれます。女性に多い冷え性の方には高い効果が期待できます。エリンギは、しめじやしいたけなどに比べて食物繊維やカリウムなどの栄養分が多く含まれているので、大病の予防になる食材といえるのです。また、便秘や冷え性などの女性に多くあらわれる症状の改善にも効果の得られる栄養成分が多く含まれています。
『知って得するエリンギの成分と保存方法』エリンギオイル漬け

エリンギの保存方法についてー『知って得するエリンギの成分と保存方法』

エリンギは、他のキノコ類に比べて水分を多く含んでいるので、湿気にとても弱い食材です。安いからとたくさん買い込んでしまうと使う前に傷んでしまうおそれがあるので、気を付けなければなりません。特に、夏場は冷蔵保存が必須ですが、それでも3~4日程度で使いきるようにします。冷蔵保存の場合には、湿気から全体を守るようにクッキングペーパーなどに1本ずつくるんで保存したり、比較的湿気の少ない野菜室で袋を開いたまま保存したりすると長持ちします。水分量の多い野菜は袋を閉じた状態で保存すると袋の中で発酵状態になってしまうからです。エリンギは冷凍での保存も可能です。冷凍庫で保存するときには食べやすいサイズに切ったりさいたりした状態にしてから、ジップロックなどに入れたりラップにくるんだりして密閉してしまいます。使うときには解凍する必要はなく、冷凍された状態のまま炒めたり焼いたりすればよいので小分けにしておくと便利です。解凍してしまうと、閉じ込めた水分が出てきてしまってぐずぐずになってしまうので注意しましょう。冷凍であれば1ヶ月くらいはもつので、長期保存におすすめです。
『知って得するエリンギの成分と保存方法』エリンギ2

エリンギの豆知識ー『知って得するエリンギの成分と保存方法』

エリンギは、ヨーロッパや中央アジアなどが原産のきのこです。ですから、「しいたけ」や「まつたけ」のように和名がありません。日本に入ってきた当時は「かおりひらたけ」や「しろあわびだけ」など業者が様々に名前を付けて販売していました。名前の由来はエリンギウム・カンペストレという植物です。この植物が枯れた後の根に自生することが分かってから、それにちなんでカタカナの「エリンギ」という名で普及し始めました。日本で初めてエリンギが栽培されたのは1993年に愛知県の栽培場でした。そもそもきのこ類が日本に入ってきたのは台湾からと言われていますが、そこから日本でもきのこを人工に栽培できるように研究を進め、今日の盛んなエリンギ栽培につながっているのです。現在、エリンギの主な出荷県は長野県と新潟県です。栽培が始まった当初と比べると現在は、約20倍以上の生産量があります。ちなみに、一般の家庭に普及したきっかけはサザンオールスターズのボーカルである桑田佳祐が某音楽番組でエリンギ好きを公言したことによるというのが一説にあるようです。
『知って得するエリンギの成分と保存方法』エリンギスープ

エリンギを使ったおすすめレシピ

思わず作り方を聞きたくなっちゃう『鶏肉のエリンギ巻』

思わず作り方を聞きたくなっちゃう『鶏肉のエリンギ巻』

食物繊維たっぷりのエリンギを使った『きのこのあったか生姜雑炊』

食物繊維たっぷりのエリンギを使った『きのこのあったか生姜雑炊』

1つの料理で3つの顔を楽しめる 常備菜でリメイクレシピ『塩麹きのこ』

1つの料理で3つの顔を楽しめる 常備菜でリメイクレシピ『塩麹きのこ』

ヤミツキになる人、続出中。おいしい保存食『きのこのオイルマリネ』

ヤミツキになる人、続出中。おいしい保存食『きのこのオイルマリネ』

盛り付けで差をつける『トースターで出来るきのこの包み焼き』

盛り付けで差をつける『トースターで出来るきのこの包み焼き』

フライパンで簡単にできる『きのこと秋鮭のパエリア』

フライパンで簡単にできる『きのこと秋鮭のパエリア』

カロリーが低く食物繊維を多く含んでいることで人気のきのこ類の中でも、最近じわじわと人気の上がっているエリンギ。季節を問わずスーパーに並び、和洋折衷どんな料理にも合うので、いろいろな調理法でおいしく食べたいものです。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

秋の味覚代表『知って得するさつまいもの成分と保存方法』

秋の味覚代表『知って得するさつまいもの成分と保存方法』

苦味が魅力『知って得するゴーヤの成分と保存方法』

苦味が魅力『知って得するゴーヤの成分と保存方法』

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

香り高くからだに嬉しい『知って得するりんごの成分と保存方法』

香り高くからだに嬉しい『知って得するりんごの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

栄養がかたよりがちなトースト『納豆マヨチーズトースト』

2020.07.02

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

2020.07.01

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2020.06.30

夏野菜と香味野菜がたっぷり『山形の郷土料理「だし」をつくってみよう』

2020.06.28

まろやかな辛さがクセになる 毎日食べたい『アボカドとキムチの韓国風納豆ごはん』

2020.06.28

包丁をつかわずにできる 『人参とツナのさっぱりサラダ』

2020.06.25

ワインに合わせたいおばんざい『ザワークラウト』

2020.06.24

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

2020.06.23

ケノコトおすすめ!おうちで作りたい手作りドレッシングまとめ

編集部おすすめ記事

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2020.06.26

ママは嬉しい!子どもは楽しい!『家事に巻き込み育児のすすめ』

2020.06.26

美脚を目指す!むくみとさよなら『ふくらはぎのセルフマッサージ』

2020.06.22

食べる手が止まらない!台湾の煮込みお肉ご飯『ルーローハン』

2020.06.18

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』1.梅雨でもからだの中は快適!を叶えてくれるたべもの。

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』