得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.20

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

えのきは日本では古くから栽培が始められたきのこの一種です。世界的に広く分布していて食用として利用されていますが、日本では特に庶民的に食べられているきのことして大規模な精算が行われていて手軽に手に入れることができます。

えのきに含まれている健康成分ー『知って得するえのきの成分と保存方法』

えのきに含まれている健康成分として重要なのが食物繊維です。100g中に3.8g程度の食物繊維が含まれていますが、重要なのは含まれている食物繊維の種類です。キノコキトサンと呼ばれるきのこ由来のキトサンが豊富であり、脂質の吸収を和らげる効果が大きいとされています。食物繊維としてβグルカンも豊富に含んでいるのも特徴です。免疫力を向上させるのに有効とされているのがβグルカンであり、感染予防だけでなくガンの予防にも効果を発揮するものとして着目されています。一方、えのきにはGABAやパントテン酸も含まれていて神経活動を緩やかにすることを通してストレスの軽減に役立つのが特徴です。心を落ち着かせてリラックスした日々を過ごせるようにするためにえのきを食べる習慣を作るのは功を奏する可能性があります。この他にも内臓脂肪の低下に寄与するエノキタケリノール酸などの有用成分が次々に発見されました。研究が進展するにつれて健康を促すために重要な成分が見つかり、元気に生活できるようにするための食品として活用できることが判明してきています。
『知って得するえのきの成分と保存方法』きのこ色々1

ビタミンB群とビタミンDが多いのが栄養面の特徴ー『知って得するえのきの成分と保存方法』

えのきに含まれている栄養素としてビタミンB群やビタミンDは代表的なものです。ビタミンB群の中でもビタミンB1やビタミンB2が比較的多いことからエネルギーを作り出すように身体に働きかけることができます。疲労回復のための食べ物としてえのきを選ぶことが可能です。ビタミンB6や葉酸なども豊富に含まれているので細胞を増やして新たに身体を作り上げていくように働きかけることもできます。また、ビタミンDはカルシウムと複合体を形成して骨を作り上げるのに役立つ成分です。きのこ類には比較的ビタミンDが多く含まれていますが、えのきも例外ではありません。あまり含まれていない食品が多いのでビタミンDの供給源として食べていくという考え方も大切でしょう。一方、えのきにはアミノ酸としてオルニチンも多く含まれているのも特徴です。肝臓の機能を賦活化させるのに役立つとされるのがオルニチンであり、特に肝臓が行っている解毒機能をサポートすることで肝臓の機能に対して働きかけられるだけでなく、全身の健康状態を高められると期待できます。
『知って得するえのきの成分と保存方法』きのこ色々2

冷蔵でも冷凍でも保存可能ー『知って得するえのきの成分と保存方法』

えのきは収穫されて石づきについたままにしておいても常温保存では数日しか保存できません。少しずつかさの辺りから変色したり溶けてきたりしてしまいます。えのきはもともと低温で栽培されたものが流通しているため、鮮度を保つためには冷蔵保存するのが重要です。野菜室程度の温度でも問題ありません。水分を嫌うのでパックに入ったまま冷蔵庫に入れてしまうと湿ってきて腐ってしまいがちです。そのため、購入したえのきは一度開封して乾いたキッチンペーパーで包んでからビニール袋に入れて冷蔵します。冷蔵保存では一週間程度が保存期間ですが、冷凍保存すれば数ヶ月間は保存可能です。この場合には解凍させずに使うことになるため、石づきから外して使いやすい長さに切り、ビニール袋に入れて密封することになります。ラップで包むかジップロックなどに入れて小分けしておくと料理に利用しやすいでしょう。さらに長期の保存を行いたいときには天日で干す方法もあり、干しえのきにしてしまえば密封した容器に保存しておくと半年から一年程度は食べることができます。
『知って得するえのきの成分と保存方法』えのき

白いえのきは天然ではないー『知って得するえのきの成分と保存方法』

天然ものの食材の方が身体に良いという考えはよく広まっていますが、実は市場で流通している白いえのきは全て人工的に栽培されたものです。天然のものは日の光に当たって育つことで茶色の姿になります。スーパーなどでよく流通している白いえのきは工場内で日の光を当てずに低温で栽培したものです。こうすることによって風味を押さえ、保存性も高いえのきにすることができることに加え、日本での高い需要に応えられる大量生産が可能になっています。最近では天然のえのきについても流通するようになってきましたが、独特の風味があるのでまるで白いえのきとは違う印象を受けることになるのが一般的です。天然ではないとはいえ衛生管理を行って栽培されたものなので安心して食べることができ、健康成分や栄養も豊富に含まれていることに変わりはありません。また、どちらの場合にも基本的には加熱調理をして食べることができ、鍋物や汁物、炒め物などに広く使用することができます。漬け物としてなめ茸もよく親しまれているものであり、保存食として活用することも可能です。
『知って得するえのきの成分と保存方法』味えのき

えのきを使ったおすすめレシピ

食欲のわかないときにさっぱり美味しい『セロリとえのきのレモンスープ』

食欲のわかないときにさっぱり美味しい『セロリとえのきのレモンスープ』

組み合わせでつくるおかずシリーズ【ピーマン×えのき】『ピーマンとえのき茸のコンソメ炒め』

組み合わせでつくるおかずシリーズ【ピーマン×えのき】『ピーマンとえのき茸のコンソメ炒め』

自然な甘みと麹のうまみが効いた『えのきと切り干し大根のシャキシャキ南蛮和え』

自然な甘みと麹のうまみが効いた『えのきと切り干し大根のシャキシャキ南蛮和え』

おろしぽん酢でさっぱりと『豚肉の和風冷製パスタ』

おろしぽん酢でさっぱりと『豚肉の和風冷製パスタ』

旬のきのこを使ったごはんのお供『おうちで手づくりする なめたけ』

旬のきのこを使ったごはんのお供『おうちで手づくりする なめたけ』

フライパンで簡単にできる『きのこと秋鮭のパエリア』

フライパンで簡単にできる『きのこと秋鮭のパエリア』

えのきは安くて広く流通しているきのこですが、食物繊維として有用な成分が含まれていることに加えて、GABAなどの健康に寄与する成分も多いのが特徴です。白いえのきは栽培されたものであり、天然のものとは違って風味が抑えられています。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

ツンと辛い万能薬味『知って得するワサビの成分と保存方法』

ツンと辛い万能薬味『知って得するワサビの成分と保存方法』

女性に嬉しいコト色々『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』

女性に嬉しいコト色々『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』

色とりどり『知って得するズッキーニの成分と保存方法』

色とりどり『知って得するズッキーニの成分と保存方法』

みんな大好き森のバター『知って得するアボカドの成分と保存方法』

みんな大好き森のバター『知って得するアボカドの成分と保存方法』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

果物の女王様『知って得するマスカットの成分と保存方法』

果物の女王様『知って得するマスカットの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』