得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.24

脂肪を燃やす?!『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

英語圏できのこと言えばマッシュルームのことを指します。フランスで栽培が始められてからヨーロッパ圏からアメリカに向かって広がっていき、現在では世界的に食べられるようになりました。日本でも栽培されていて地産のマッシュルームを手に入れることができます。

マッシュルームに豊富な食物繊維ー『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』

マッシュルームの成分の中でも注目が集まっているのが食物繊維です。水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も豊富に含まれているのがマッシュルームの特徴であり、代表的なものとしてβグルカンとキトサンがあります。βグルカンは水溶性のものと不溶性のものがありますが、どちらも免疫系の調節に寄与することが知られているのが魅力です。自然免疫と呼ばれる初めて侵入してきた外敵に対する防御機構を活性化させる作用が確認されています。ウイルスや細菌などに対する感染防御力を高めるために役立つ成分です。一方、キトサンは脂溶性の高い物質を吸着する物性を示すのが特性として知られています。中性脂肪やコレステロールなどの排泄を促すことができる他、脂肪の多い食べ物を食べ過ぎたときに吸収を抑制する効果があると考えられているのがキトサンです。βグルカンやキトサンのような食物繊維は炭水化物の一種ですが、吸収されることはありません。最終的には便の中に含まれてかさを大きくするのに役立ち、快適な排便習慣を生み出す助けにもなってくれるのが魅力です。
『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』マッシュルーム1

低カロリーで栄養も充実しているマッシュルームー『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』

マッシュルームは低カロリーでほとんどのカロリー源がタンパク質と食物繊維になっています。食物繊維の補給だけでなく、タンパク質を摂取するのにも適している食材です。脂質はほとんど含んでいないのでダイエット中にも支障はありません。より魅力的なのはビタミンやミネラルであり、カロリーが低いにもかかわらず様々なビタミンやミネラルを高い濃度で含んでいます。ビタミンではビタミンB2やナイアシン、パントテン酸が多く、ビタミンB群は全般的に豊富なのが特徴です。ビタミンB群はエネルギーを生み出したり、皮膚や髪の毛などを作り出したりするのに欠かせないビタミンであり、疲労の回復や肌や髪のトラブルなどの対策としてマッシュルームを食べるのは合理的でしょう。一方、微量元素であるセレンも多く含まれていて、精子の形成などへの寄与を期待することが可能です。特筆して含有量が多いわけではないものの、マグネシウムや鉄、亜鉛などの各種ミネラルやビタミンD、ビタミンCも含まれているため、ビタミンやミネラルのベースアップとしてもマッシュルームは適しています。

料理方法に合わせた保存方法の選び方ー『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』

マッシュルームは収穫されてからあまり日持ちはしないのが弱点です。およそ二日から三日程度で常温では腐り始めてしまいます。冷蔵保存しておくともう少し長持ちしますが、せいぜい一週間程度が限界です。そのくらいになるとかさの裏側が黒くなったり、表面が溶けてきたりしてしまって食べられなくなってしまいます。水分が多いほど傷みが早く進んでしまうので、乾いた状態を維持できるようによく拭いて密封して保存することが重要です。長期保存をするときには冷凍するか干すのが適しています。冷凍保存の場合には生のまま使い勝手の良い大きさに切ってビニール袋などに密閉するのが良い方法です。ただし、冷凍しても長期間になると黒ずんできてしまうことがあるため、切るときにナイフをレモン汁などで拭いておくと色が変化しにくくなります。この場合には解凍せずに直接料理に使用しないと食感が悪くなってしまうので、主に炒め物や煮物に使うことになるでしょう。マッシュルームは天日干しにすれば半年程度は保存できるようになります。水で戻して使うことになり、水に旨味が逃げてしまうため味の濃い料理に使うのに適している保存方法です。
『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』マッシュルーム2

種類によって様々な楽しみ方ができる魅力ー『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』

マッシュルームはブラウン種の小型のものが日本では最もよく流通していましたが、最近ではホワイト種も栽培されるようになっています。真っ白な色合いが美しく、生でも食べることができるのがホワイト種の特徴です。ブラウン種も生で食べることができますが、身が締まっていて風味も強いため、どちらかというと加熱調理に向いています。また、ジャンボサイズのマッシュルームも流通するようになりました。欧米では昔から流通していた種類であり、ステーキや肉詰めなどにして利用するのが一般的です。低カロリーで食物繊維が多いことから腹持ちも良く、マッシュルームステーキはダイエット中の食事に向いています。また、丸ごとグリルで焼いて食べることもでき、小型のものに比べると歯ごたえが大きくて食べ応えがあるのが特徴です。日本ではマッシュルームは水煮やオイル漬けなどでも販売されているため、料理に使用しようと考えると手軽に使えるものが簡単に手に入ります。色々な種類のマッシュルームを手に入れて食べていると様々な形で楽しむことができるのが魅力です。
『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』マッシュルーム下処理

マッシュルームを使ったおすすめレシピ

シイタケよりも旨みたっぷり『まるごとマッシュルームの肉詰め』

シイタケよりも旨みたっぷり『まるごとマッシュルームの肉詰め』

栄養がぎゅっと詰まった常備菜『芽キャベツとマッシュルームの塩麹炒め』

栄養がぎゅっと詰まった常備菜『芽キャベツとマッシュルームの塩麹炒め』

アンチョビとトマトペーストとチーズを使った『マッシュルームグリル2種』

アンチョビとトマトペーストとチーズを使った『マッシュルームグリル2種』

旨みがじゅわり。ころんとかわいい『マッシュルームのミニグラタン』

旨みがじゅわり。ころんとかわいい『マッシュルームのミニグラタン』

コロンとかわいいひと口おつまみ『マッシュルームのチーズ焼き』

コロンとかわいいひと口おつまみ『マッシュルームのチーズ焼き』

油少なめお手軽かんたん『マッシュルームとパセリとパルメザンチーズのアヒージョ風』

油少なめお手軽かんたん『マッシュルームとパセリとパルメザンチーズのアヒージョ風』

マッシュルームは欧米から日本に至るまで広く利用されているきのこであり、食物繊維やタンパク質、各種ビタミンやミネラルの補給に適している食材です。色々な種類があって冷凍保存もできるので少しずつ様々な料理に使っていくのが良いでしょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

色とりどり『知って得するズッキーニの成分と保存方法』

色とりどり『知って得するズッキーニの成分と保存方法』

みんな大好き森のバター『知って得するアボカドの成分と保存方法』

みんな大好き森のバター『知って得するアボカドの成分と保存方法』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

辛味成分が健康に良い?『知って得する唐辛子の成分と保存方法』

辛味成分が健康に良い?『知って得する唐辛子の成分と保存方法』

秋の味覚代表『知って得するさつまいもの成分と保存方法』

秋の味覚代表『知って得するさつまいもの成分と保存方法』

栄養価が高い『知って得するパセリの成分と保存方法』

栄養価が高い『知って得するパセリの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.05.24

もっと簡単に!美味しく!『にんにく角煮(改良版)』

2019.05.22

簡単!自家製『レモネードの素』

2019.05.21

二十四節気の暮らし方『小満』日差しが強くなってくる頃。暮らしの中での日焼けケア

2019.05.20

日本の言葉『五月晴れ』晴れやかな空の青さと夏の訪れ

2019.05.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『36 そとごはん』

2019.05.11

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.05.07

2つの食感で楽しむ『春キャベツとあさりのごま風味蒸し』と『春キャベツのチョレギサラダ』

2019.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2019.05.03

共立てでフワッ!とろける『ミルクロールケーキ』

2019.05.02

『茶の湯の世界へようこそ』ー2.茶道は戦国時代のグランピング!?ー

編集部おすすめ記事

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

2019.05.13

初夏の香り広がる『にんじんの葉のナムル』

2019.05.09

はじめてのナチュラルフード『シンプルなものをシンプルに』

2019.05.07

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2019.05.02

【食育のコト】親子でチャレンジ!5月はベランダ栽培に最適な季節。

2019.04.30

みんなで賑やかに!ホットプレートで作る『そら豆のマカロニグラタン』

2019.04.27

旬食材『グリーンピース』仲間が多い?つつやかな緑を味わう春の味覚

2019.04.23

【東京ミッドタウン日比谷の春を取材してきました】春爛漫の日比谷に出かけよう 「TOKYO MIDTOWN HIBIYA 1st Anniversary」

2019.04.21

春キャベツを食べよう!『春キャベツ活用レシピ』

2019.04.19

おもてなしにも抜群!簡単『ジャムサンドケーキ』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』