得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.22

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

生姜はインドから中国を経て日本にも古くから伝わって栽培が行われてきたショウガ科の植物です。古くには薬用として用いられてきた歴史がある一方、日常的に食卓にものせられる食品として広く親しまれています。

生姜の辛味成分による効果ー『知って得する生姜の成分と保存方法』

生姜に含まれている辛味成分として知られているのがジンゲロールやジンゲロンです。ジンゲロールには強い殺菌効果があって食中毒の予防や感染症予防などに効果があると期待されます。また、血管の拡張を引き起こすことによって血液の循環を良くし、毛細血管にまでよく血液が行き渡るように働きかけるのが特徴です。結果としてむくみや冷え性、肩こりなどの改善を期待することができます。一方、ジンゲロールは加熱や熟成によって徐々にショウガオールへと変換されて行くのが特徴です。ショウガオールもまたジンゲロールと同様に血液の流れを良くする作用もありますが、それに加えて身体の内部に働きかけてエネルギーを熱に変換する過程を促すことも知られています。これによって身体を全体として内側から温めることができるのが生姜です。また、ショウガオールやジンゲロールは抗酸化作用も強く、活性酸素の除去を介してガンの発症を予防したり、各種生活習慣病の対策としたりすることもできます。もう一つの主要な辛味成分であるジンゲロンには脂肪のエネルギー利用を促進する作用が示されているため、肥満対策にも役に立つのが生姜の特徴です。
『知って得する生姜の成分と保存方法』生姜1

マンガンが多く含まれる生姜ー『知って得する生姜の成分と保存方法』

生姜が栄養面で突出しているのはマンガンの含有量の多さです。マンガンは身体の中で機能している様々な酵素の活性に必要なミネラルであり、糖質や脂質からのエネルギー産生や活性酸素の除去などに関わる酵素を作り上げるのに欠かせません。他にも骨の形成や皮膚の新陳代謝、生殖機能や運動機能などにも関わっています。微量元素として少しずつ毎日摂取することが重要なのがマンガンの特徴であり、生姜を食べて補給するようにするのは合理的です。生姜には食物繊維も比較的よく含まれています。お腹の調子を整える上で欠かせないのが食物繊維であり、生姜を食べることで腸の活動を活発化させて健康的な排便習慣を獲得できると期待することが可能です。この他に生姜には突出している栄養はありませんが、ビタミンB群やビタミンE、カリウムやマグネシウム、鉄分などのビタミンやミネラルを少しずつ広く含有しています。そのため、普段から生姜を食べる習慣を作ることによって様々なビタミンやミネラルの摂取をサポートすることができるのが魅力です。
『知って得する生姜の成分と保存方法』生姜2

様々な保存方法がある生姜ー『知って得する生姜の成分と保存方法』

生姜は常温で置いてあるとだんだんと表面から腐ってきてしまいます。特に皮をはがして露出させてしまった部分は傷んでしまいやすいので注意が必要です。生姜を長持ちさせるための保存方法には様々なものがあります。生のまま保存したいときには新聞紙やキッチンペーパーなどで包んでビニール袋に入れ、野菜室で保存すると一週間程度は味落ちさせずに食べることが可能です。もっと長期間保存したいときにはタッパーや瓶に新鮮な水を張って中に生姜を沈めておくだけで問題ありません。冷蔵庫に入れて保管し、一日か二日に一度の頻度で水を新しいものに交換すれば一ヶ月から二ヶ月程度は保存できます。一方、生姜は乾燥させてしまえば半年から一年程度は常温でも保存できるため、日陰で乾燥させたり、食品乾燥機を使ったりして乾かして紙袋などに入れて冷暗所で保存する方法も選べます。生姜は冷凍保存することもできますが、使える状態に加工してから冷凍するのが良い方法です。スライスするかすりおろした上で密封できる袋に入れて冷凍すると半年程度は食べられます。
『知って得する生姜の成分と保存方法』生姜3

種類によって辛味も成分も異なるー『知って得する生姜の成分と保存方法』

生姜にはヒネ生姜、新生姜、葉生姜、芽生姜などの多様な種類があります。一般的に生姜と呼ばれているのはヒネ生姜であり、さらにその中にも品種の違いが多数あるのが特徴です。産地や銘柄によって香味や辛味、色合いにも大きな違いがあります。ジンゲロールやジンゲロンなどの辛味成分が多く含まれている黄金生姜は特別な生姜としてしばしば別扱いされていますが、それ以外に生姜として販売されているものでも個々に風味も異なるので食べ比べてみると良いでしょう。ヒネ生姜は香辛料や薬味として用いられるのが一般的ですが、新生姜は柔らかくて生や漬け物にしてそのまま食べることが多いのが特徴です。葉生姜や芽生姜も酢漬けにして食べられることが多く、漬け物にすると保存性が良いことからシーズンになるとまとめて漬け物にする地域もあります。この他にも乾燥させて熟成させた乾燥生姜も流通しており、保存性も良くショウガオールが増えて身体を温める効果が高くなっているという期待から注目されている食材です。
『知って得する生姜の成分と保存方法』根生姜

生姜を使ったおすすめレシピ

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

おもてなしや行楽のお供に『枝豆と生姜の金のいぶきいなり』

おもてなしや行楽のお供に『枝豆と生姜の金のいぶきいなり』

食物繊維たっぷりのエリンギを使った『きのこのあったか生姜雑炊』

食物繊維たっぷりのエリンギを使った『きのこのあったか生姜雑炊』

冷蔵庫をおいしく整理『簡単カリふわお好み焼き』

冷蔵庫をおいしく整理『簡単カリふわお好み焼き』

食べごたえもしっかり『車麩の生姜焼き』

食べごたえもしっかり『車麩の生姜焼き』

甘酸っぱい箸休めが欲しいときはコレ!『新生姜の甘酢漬け』

甘酸っぱい箸休めが欲しいときはコレ!『新生姜の甘酢漬け』

味付けはシンプルこそ吉『海老と絹さやの新生姜炒め』

味付けはシンプルこそ吉『海老と絹さやの新生姜炒め』

いつもの生姜焼きがお店の味に ちょっと近づくひと工夫

いつもの生姜焼きがお店の味に ちょっと近づくひと工夫

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

だしと生姜で和テイストに『魚介と野菜の和風マリネ』

だしと生姜で和テイストに『魚介と野菜の和風マリネ』

辛味と香味を有することから薬用としても薬味としても広く用いられているのがショウガです。辛味成分が身体に対して良い働きを持っているので、良い保存方法を選んで毎日食卓にのせるようにすると身体の調子が良くなると期待できます。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.16

たまごも牛乳も使わない!寒天で作るトロっと美味しい『さつまいもプリン』

2017.10.15

作り置き常備菜シリーズ『秋刀魚の梅煮』

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2017.08.20

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

2019.02.01

とろっとろでスパイシーなご馳走『牛すじカレー』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』