得するコト得するコト
まめ知識 2017.08.20

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

目次

若い女性から人気の高いフルーツであるマンゴーは女性に嬉しい成分がたくさん含まれています。そのまま食べるのはもちろん、色々なデザートをおいしくかわいらしく飾るのにも欠かせないマンゴーについて紹介します。

ビタミンが豊富!ー『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

マンゴーにはビタミンA/B1/B6/Cと様々な種類のビタミンが含まれています。特にビタミンB6は、肌に加えて髪の毛や歯などといった人から見える部位をきれいにする成分なので、マンゴーを摂取することで美人を目指すことも出来るのです!それに加えて、日焼けの原因となるメラニンの生成を防ぐビタミンCも含まれていて、美肌に欠かせないこの2つの成分が揃っていることから、色白できれいな肌を目指すには欠かせないと言えるでしょう。また、ビタミンB1は疲労回復や精神安定など、心と身体を健康に保つためにとても重要な役割を果たします。ビタミンAも免疫力を高めるため必要な成分なので、この2つで健康維持も完璧です。それ以外にも胃腸の調子を整える食物繊維や、妊活向けサプリメントに多く、妊娠を希望するときに欠かせない成分葉酸も多く含まれており、身体の内側からきれいになりたいのならマンゴーは欠かせないと言えるでしょう。しかもマンゴーは調理しなくても食べやすく、取り扱っている飲食店も多いのでどんな場所でも食べることが出来る健康維持に便利なフルーツです。
フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』ーマンゴー①

少し工夫してより栄養を吸収しやすくー『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

マンゴーにはβカロテンという栄養素が多く含まれています。この栄養は必要に応じてビタミンAに変わるというとても便利な栄養素です。ビタミンAは保湿効果だけでなく、目やのどの疲れを回復させるにも欠かせません。これが不足しがちになると、βカロテンがビタミンAに変わって足りていない分を補ってくれます。
また、余った分のβカロテンは身体の免疫力を高める役割を持っています。免疫力を高めることで、糖尿病などといった生活習慣病などを防ぐことが出来るうえ、ビタミンB6・Cとともに肌をきれいにすることも出来ます。このようにとても万能なβカロテンは水に溶かしたり、加熱しても含まれている栄養があまり下がりません。そのため、どんな調理方法でもβカロテンを摂取でき、自分の好きな食べ方で肌をきれいにして、健康な身体を維持することが出来ます。また、このβカロテンは脂溶性がとても高い栄養素なので、油でマンゴーを調理することでより体内に取り込みやすくしてみると良いでしょう。βカロテン以外にもカルシウムと結合して骨をつくるリンも多く含まれています。
フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』ーマンゴー②

どんな保存方法でもおいしく食べることが出来る!ー『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

マンゴーは熟せば熟すほどおいしいフルーツなので、基本的には常温で日の当たらない場所での保存がおすすめです。このような保存方法をとることで、よりマンゴーの果実を追熟させることが出来、マンゴーの甘味が増します。冷えていたマンゴーが食べたい時でも基本的には常温での保存が理想的であり、食べる1~2時間前に冷蔵庫に入れて冷やして食べるようにしましょう。また、マンゴーを冷蔵庫で冷やしたい場合は、しっかり熟した状態のものを冷蔵庫に入れるようにしましょう。熟していない状態のマンゴーを冷蔵庫で冷やしてしまうと、マンゴーが低温障害になってしまい、それ以上熟さなくなってしまいます。長時間冷蔵庫で冷やした場合も、マンゴーの実が熟すのではなく、ただ食感がぶよぶよするだけになってしまうのでおすすめしません。また、マンゴーは冷凍で保存して食べることも出来ます。冷凍にした場合は、解凍した時に食感があまりよくないので、シャーベットやスムージーに入れて食べるのがおすすめです。冷凍する場合は1か月程度を目安に消費するようにしましょう。
フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』ードライマンゴー

リラックス効果が高い!ー『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

マンゴーの甘い匂いは女性からの人気が高いですが、この理由の一つにはリラックス効果が高く、安心感を与えてくれることが挙げられます。そのため、マンゴーはゆっくり眠りたい時に寝る前に少し食べるとリラックスして眠ることが出来るのでおすすめです。ちなみにマンゴーの香りをより引き立たせたい時には、塩をかけて食べると甘味と香りが増してよりマンゴーのリラックス効果を感じることが出来ます。マンゴーの香りがするアロマやボディークリームを使ってみるのも身体をリラックスさせてくれるのでおすすめです。また、花言葉・誕生花のようにフルーツにも実言葉・誕生果というものがあります。マンゴーの実言葉は種類によって異なりますが、日本で一般的に知られているアップルマンゴーなどが属するアーウィン種という種類のマンゴーの実言葉は美人・柔和です。ちなみに5月19日生まれの人の誕生果なので、この誕生日の方にプレゼントとして贈ってみるのは良いですね。特にアーウィン種の実言葉は女性からするととてもうれしい言葉であるので、女性へのプレゼントにおすすめと言えます。
フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』ーマンゴー③

編集部おすすめレシピー『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる『マンゴーヨーグルト』

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる『マンゴーヨーグルト』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

お鍋とボールでできる『和えるだけのカルボナーラ』

お鍋とボールでできる『和えるだけのカルボナーラ』

飲み干す旨さ!『えび出汁の冬瓜ひんやり煮』

飲み干す旨さ!『えび出汁の冬瓜ひんやり煮』

作り置き常備菜シリーズ『かぼちゃのスパイスマッシュ』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『かぼちゃのスパイスマッシュ』とアレンジレシピ

とろ〜り甘酸っぱい『マンゴーヨーグルトアイス』

とろ〜り甘酸っぱい『マンゴーヨーグルトアイス』

マンゴーは心も身体もきれいにしてくれる万能なフルーツです。人気の高いフルーツというイメージが強いですが、ただおいしいだけでなく、それ以外にも嬉しいメリットがたくさんあるので、マンゴーをたくさん食べて健康できれいな身体を目指しましょう!

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

絞ってこそ意味がある『知って得するさとうきびの成分と保存方法』

絞ってこそ意味がある『知って得するさとうきびの成分と保存方法』

ネバネバが栄養の決め手『知って得するオクラの成分と保存方法』

ネバネバが栄養の決め手『知って得するオクラの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.07.10

栄養たっぷりの夏野菜『ゴーヤの魅力と苦みを消す方法』

2020.07.10

切ったあとは小さな子どもにおまかせできる『ピーマンの明太子和え』

2020.07.09

さっぱり身体に染み渡る『桃とシナモンの甘酒スムージー』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.08

朝の定番に食物繊維をプラスする 『大人の納豆ごはん』

2020.07.08

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの『牛乳かん』

2020.07.08

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2020.07.08

口当たりの良いだしを楽しむ 『かぶの簡単お吸い物』

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

編集部おすすめ記事

2020.07.12

子どもに大人気!『茎ブロッコリーの肉巻き』

2020.07.10

心を無にして新たないっぽを『写経で静かに自分と向き合う』

2020.07.09

ちょっとの牛乳が味をまーるくしてくれる『たらもサラダ』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』