作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.08.21

真っ赤な野菜で作るヘルシースイーツ『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』

LINEで送る
Pocket

コールドプレスジュースやスムージーなど、今、美容界で大人気な野菜といえば「ビーツ」
ビーツはロシアの伝統料理「ボルシチ」に使われていることで有名なキュートな赤い色をした根菜で、ホウレンソウと同じヒユ科(アカザ科)の植物です。 実はオーガニック料理で白い砂糖の代わりに利用する「てんさい糖」の原料となる甜菜(てんさい)、砂糖大根の仲間です。 栄養成分が豊富なことから、「奇跡の野菜」、「食べる天然輸血」ととも呼ばれている、とっても魅力的なお野菜なのです。

ビーツの栄養素

カリウム ⇒ むくみの解消、高血圧を予防する効能
ナトリウム ⇒ 神経機能を正常にする
マグネシウム  ⇒ 骨粗鬆症の予防、イライラの解消
ナイアシン(ビタミンB3) ⇒  二日酔いに効く
パントテン酸(ビタミンB群) ⇒ 動脈硬化に効能
ベタシアニン  ⇒  ガンの予防、老化防止
ベタイン ⇒ 肝硬変や脂肪肝の予防
食物繊維 ⇒ 腸内環境を整える

そして、ここ最近注目されているのが「NO(一酸化窒素)」を多く含んでいること!

一酸化窒素の働きは…

・血管の筋肉をやわらかくして広げ、血流をスムーズにする
・血管内のコレステロール体積や血栓の発生を抑える
ビーツに含まれるNOのおかげで、美味しく食べれば食べるほどに血管がしなやかになり、血液の流れもスムーズになるそう。そして、血液量がぐーんと増えるおかげで、体の隅々まで酸素が届くようになることから、持久力アップ、そして疲労回復にも大いに役立つそうなのです。
1
ビーツのような丸い野菜はオーガニック料理では、陰陽バランスのとても良い野菜で、胃・脾臓・膵臓という臓器をいたわる力のある野菜といわれています。人は胃・脾臓・膵臓が弱ると免疫力が下がり疲れやすくなりますので、オーガニック料理の観点からも疲労回復にピッタリのお野菜と言えます。

日本ではまだ馴染みの少ないお野菜ですが、私がアメリカでマクロビオティックを勉強したときには、サラダやスープ等に使って、彩が華やかなお料理を楽しんでいましたが、今回は蒸し暑い夏を元気に乗り切るための、ヘルシースイーツのレシピをご紹介いたしますね。

『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』材料(8人前)

ビーツ        1/4個(50g)
オレンジジュース   380cc
水          150cc
甜菜糖        20g
寒天         5g
塩          少々

(飾り用)ミント 8枚

『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』作り方

1.ビーツは皮をむき、粗みじん切りにする
2.ビーツを10分~15分弱火でゆでて、柔らかくする
3.2にオレンジジュース、甜菜糖、寒天を加え、沸騰したら2~3分そのままにしておき、火を止める。
4.3を型に入れて、冷凍庫で冷やし固める
5.4をフォークでクラッシュし、スプーンで器に盛り付け、最後にミント飾って出来上がり

オーガニック料理ソムリエが教える『ビーツとオレンジジュースのレッドゼリー』を美味しくつくるコツ

寒天はメーカーや形状によって固まり具合が違います。G-veggieで使用しているものは粉末状のものですので、フレークや棒寒天を使う方は、分量を増やして作ってみてください。
甘酒で作ったアイスクリームを添えるとさらに栄養満点になります♪

白い砂糖や乳製品たっぷりの冷たくて甘い物を食べすぎると、夏バテや夏風邪の原因になりますので要注意!! 奇跡の野菜でスイーツを作って、蒸し暑い夏を美味しく楽しくすごしてみませんか?

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

ほど良く食べて健康に『甘いものとの上手なおつき合い』

ほど良く食べて健康に『甘いものとの上手なおつき合い』

天然のサプリメント『ドライフルーツを選ぶ3つのポイント』

天然のサプリメント『ドライフルーツを選ぶ3つのポイント』

現代人に必要な『マクロビオティック的デトックス』とは

現代人に必要な『マクロビオティック的デトックス』とは

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』