得するコト得するコト
まめ知識 2017.08.26

疲れを癒す甘い美味しさ『知って得するメロンの成分と保存方法』

目次

メロンは高級食材として日本では特別な機会に食べられることが多い果物です。アフリカを原産ととして徐々に広まり、日本にも中国や挑戦から伝来しました。現在よく食べられているネットメロンは明治以降になってから栽培が始められています。

疲れを癒やすのに役立つメロンの成分ー『知って得するメロンの成分と保存方法』

メロンには現代社会で生きる人達が溜めがちな疲れを癒やすのに役立つ成分が含まれています。メロンを食べると感じられる酸味の成分の一つとしてクエン酸があり、エネルギーを産生するために必要なクエン酸回路の基質として使われているのが特徴です。糖質などから効率的にエネルギーを生み出せるようにして活動するための元気を取り戻すのに役立ちます。一方、GABAと呼ばれるアミノ酸の一種が含まれているのもメロンの特徴です。GABAは神経伝達物質として中枢神経系の活動を和らげる機能を果たしています。ストレスに苛まれて不眠になったり自律神経失調症になったりする人も増えていますが、GABAを摂取することによって神経系をリラックスさせると精神的な疲れを取り除けると期待できるのです。また、メロンに含まれているアデノシンは血管の拡張作用を示す物質であり、特に脳卒中や心筋梗塞などの予防に適しているとされています。高度のストレスが一因になって発症してしまいやすい重篤な病気に対策するために大切な成分がメロンには含まれているのです。
疲れを癒す甘い美味しさ『知って得するメロンの成分と保存方法』ーメロン畑①

疲労や血圧に働きかけるメロンの栄養ー『知って得するメロンの成分と保存方法』

メロンが疲労に対して良いとされている理由は栄養面にもあります。メロンに含まれているカロリー源はほとんどが糖質であり、速やかにエネルギーに変換されるからです。また、エネルギー産生に関わるビタミンB群も豊富に含まれているため、効率的に糖分をエネルギーへと変換するための成分が網羅されています。それに加えてビタミンCやβカロテンも含まれている品種が多く、酸化ストレスへの耐性を高めて臓器レベルでの疲労も蓄積しにくくすることが可能です。ミネラルについてみて見るとカリウムが多いのがメロンの特徴であり、血圧に対して働きかける力を持っています。現代の食事は塩分が過剰になってしまっていることが多く、ナトリウムの摂り過ぎによって血圧が高くなってしまっている人も少なくありません。カリウムは過剰のナトリウムを体外に排出するのを促せるミネラルであり、塩分過多になっている食生活を送っていても血圧を改善するのに役立ちます。この他にもマグネシウムやセレン、モリブデンなどのミネラルを豊富に含んでいて体調の改善に寄与してくれる果物です。
疲れを癒す甘い美味しさ『知って得するメロンの成分と保存方法』ーメロン

追熟してから素早く食べるのが大切ー『知って得するメロンの成分と保存方法』

メロンは未熟なうちは常温で保存することができます。あまり高い温度では追熟が進んでしまいやすく、日の光が当たると傷んでしまいやすいので冷暗所で置いておくのが望ましい保存方法です。追熟を行って全体的に甘くなった頃が食べ頃であり、メロンの下の部分を押してみて弾力がある印象を受けられるようになったら素早く食べるのが大切になります。そのまま常温で置いておくと中心部から発酵が進んでしまって味落ちし、最終的には腐ってしまうので注意が必要です。冷蔵庫に入れておけば追熟や発酵は進行しなくなりますが、傷みやすいので二日から四日程度が保存できる期間とされています。追熟が既に進んでしまったけれど食べられるタイミングがないという場合や、食べ手が少なくて余ってしまったという場合には果肉部分だけを切り取って冷凍することも可能です。食感が失われてしまうのでそのままか半解凍でシャーベットのようにして食べるか、ジュースなどにして食べることになります。密封してビニール袋に入れて冷凍しておくと一ヶ月程度は保存することが可能です。
疲れを癒す甘い美味しさ『知って得するメロンの成分と保存方法』ーメロン畑②

種類の豊富さと食べ合わせー『知って得するメロンの成分と保存方法』

メロンは高級な果物としてマスクメロンや夕張メロンなどの有名な銘柄がありますが、世界各国で多くの種類のメロンが栽培されていて安価で量産しやすいものから風味豊かで高価なものまで様々なものが流通しています。果肉が緑色の青肉腫、オレンジ色の赤肉腫のネットメロンが日本ではよく販売されていますが、これ以外にもノーネット系メロンも世界的には珍しくありません。それぞれに異なる風味と甘さや酸味などのバランスがあるので通販などで取り寄せて食べ比べてみるのもメロンの楽しみ方の一つです。メロンはそのまま単独で食べることができますが、他の食材と食べ合わせることで美味しさを増やすこともできます。代表的なのはイタリア料理の生ハムと合わせる料理であり、ハムの塩分とメロンの甘味の調和が美味しさを生み出すのが特徴です。栄養面でも合理的であり、塩分の多い生ハムとカリウムの多いメロンを一緒に食べることでミネラルバランスをうまく保てるようになります。この他にもヨーグルトに入れるなど様々な食べ方があるので、美味しい食べ方を探してみると食卓を豊かにすることが可能です。
疲れを癒す甘い美味しさ『知って得するメロンの成分と保存方法』ー赤肉メロン

その他の果物を使ったおすすめレシピー『知って得するメロンの成分と保存方法』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

~保存食のある暮らし~フレッシュな美味しさ『プラムとキウイフルーツのコンフィチュール』と『プラムのしゅわしゅわリキュール』

~保存食のある暮らし~フレッシュな美味しさ『プラムとキウイフルーツのコンフィチュール』と『プラムのしゅわしゅわリキュール』

3月のお献立、その5。さわやか!『グレープフルーツのクラッシュゼリー』

3月のお献立、その5。さわやか!『グレープフルーツのクラッシュゼリー』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる『マンゴーヨーグルト』

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる『マンゴーヨーグルト』

あっという間にできちゃうおいしい自家製『いちごのシェイク』

あっという間にできちゃうおいしい自家製『いちごのシェイク』

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

メロンは甘い果物として糖質による疲労回復だけでなく、クエン酸やGABAなどの作用もあって現代的な疲れを癒やすのに役立ちます。美味しい時期に素早く食べるのが大切であり、そのまま食べるだけでなく他の食材とも合わせると多様な栄養を摂ることが可能です。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.06.05

簡単がっつりごはんにピッタリのどんぶり!『肉みそ丼』

2020.06.05

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる 『マンゴーヨーグルト』

2020.06.05

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』30.おうち時間に作りたい「炊き込みご飯」

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.03

旬のみどりを食卓に。『モロッコいんげんのカリッとごま和え』

2020.06.03

甘いものが食べたいと思ったときにさっと作れる『サクサク食感のサクリスタン』

2020.06.03

みょうがが味のアクセントに『揚げ鯖のサラダ』

2020.06.02

いつものデザートに食物繊維を 『きなこのバナナヨーグルト』

2020.06.02

誰かに見せたくなる 『こんがりバナナのハニートースト』

2020.06.02

バター醤油の香りと塩気がとうもろこしの甘さより引き立たせる!『とうもろこしのバター焼き醤油』

編集部おすすめ記事

2020.06.05

簡単がっつりごはんにピッタリのどんぶり!『肉みそ丼』

2020.06.05

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2020.06.04

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

2020.06.03

切った時に涙が止まらない!泣かせ上手な玉葱の秘められた力とは

2020.06.02

材料3つ10分で作れる『もちきび入りタルト・ソレイユ』

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.12.30

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』