得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.08.14

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

ウリ科のスイカは熱帯地方原産の植物です。夏になると円形や楕円形の大きな果実が付きます。日本では室町時代以降に伝わってきたもので、古くから食されています。日本の夏の代表的な食品の一つとして今も広く食されていますが、今回はそんなスイカについて色々なことをご紹介していきます。

スイカに含まれている成分ー『知って得するスイカの成分と保存方法』

スイカの主成分となっているのが水分です。100gあたりのスイカに対し、水分量は89.6gと、その果実のほとんどが水分で構成されています。スイカ独特の瑞々しさは、この大量の水分によるものです。次に多く含まれているのがカリウムです。100gあたり120mgのカリウムが含まれています。水分量と比べると少なく感じるカリウムですが、食品の中ではスイカの含有するカリウム量は決して少なくありません。その他に含まれている成分は、炭水化物、マグネシウムやリンといったミネラル類、ビタミンAやβカロチン、ビタミンCといったビタミン類が主です。それぞれの含有量は1g以下と少ないですが、糖度は高く市販されているスイカは11~13程度という高い糖度で、夏の甘味の一つとして代表的なものです。一見すると水分とカリウム以外の含有量が少なく見えるスイカですが、品種によっては成分の含有量は異なります。赤肉スイカはβカロチンとリコピンが多く、免疫系の働きのサポートや高い抗酸化作用など、健康維持に大きな期待できるとされています。
夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』ースイカ畑

スイカの栄養素ー『知って得するスイカの成分と保存方法』

スイカの栄養素で注目なのがカリウムです。カリウムはナトリウムが血圧を上げるのを抑制する働きを持ち、筋肉の働きを向上させます。また、カリウムは汗をかく夏場には欠かせない栄養素です。汗をかきやすい夏場は体内の水分と一緒にカリウムが流れてしまうことが多く、ナトリウムとのバランスが乱れがちです。カリウムを多く含むスイカは栄養補給に効率的で、更に大量の水分が含まれているので、流れてしまった体内の水分補給ができます。暑さのせいでカリウムや体内の水分が不足しがちな夏場は、両方の栄養素が一緒に摂取できるスイカで健康維持できます。また、水分の過剰摂取により起こってしまう夏バテは、カリウムの利尿作用により水分を自然な形で排出することができ、夏バテ予防にも効果が期待できます。スイカは生で食すことが主なものなので、これらの成分は損なわれずそのまま摂取できるという利点があります。他の食品の場合、加熱により栄養素がそこ慣れてしまうこともあるので、生で食べやすいスイカはカリウムなどの栄養補給に向いている食品といえます。

スイカの保存方法ー『知って得するスイカの成分と保存方法』

スイカの保存方法は、カットしてある場合と丸ごとのままの場合で異なります。まだカットしておらず、丸ごとの状態の場合、スイカは常温保存が最適です。冷やしすぎるとスイカの甘みが減ってしまい、美味しくなくなってしまいます。10℃以下になると、スイカの甘さが激減してしまうとされています。冷たいスイカを食べたいという場合は、10℃以上の温度環境に置いて、冷たくなるのを待ちましょう。ほどよく冷えた水に浸けておくと、甘みを失わず自然な冷たさで美味しく食べることができます。厚い皮に覆われているスイカですが、気温が高く直射日光を浴びたままの状態が続くと中身が腐敗してしまうので、丸ごとスイカを保存する場合は、風通しの良い涼しい場所で、直射日光が当たらないところに置いておきましょう。収穫したらどんどん味が落ちてしまうので、なるべく早く食べるようにしましょう。賞味期限の目安は、2週間から1カ月ほどです。カットしたスイカの場合は冷蔵庫で保管するようにしましょう。ただし、冷やせば冷やすほど甘みが無くなってしまうので、カットした場合は長くても3日以内に食すようにしましょう。常温保存は、水分の蒸発による身の乾燥や腐敗が進んでしまうので、カットしたらすぐに冷蔵庫に保管しましょう。
夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』ースイカ半分

スイカの縞模様についての豆知識ー『知って得するスイカの成分と保存方法』

スイカは緑と黒の縞模様が特徴的な食品です。この縞模様はただの模様ではなく、スイカがより多く広範囲に繁殖するために、スイカ自身が独自で進化した結果なのです。スイカは種子植物で、身の中にある黒い種を植えることで生えてきます。この種を鳥を始めとする野生動物に運んでもらうため、黒と緑の独特な模様で見つけやすくしているのです。原産地とされているアフリカの砂漠地帯は雨が少なく、スイカが育つのに向かない場所でした。そこで、種の保存のため、遠くまで運んでもらえる鳥に見つけてもらえるように独自の進化をし、縞模様になったと考えられています。この縞模様は、鳥に見つけてもらうだけでなく、美味しさを判断する基準にもなります。よく言われるのが、スイカを叩いた音で鮮度を判断するというものですが、叩いても音の違いは良く分からない方も多いと思います。そこで確実に美味しさを判断できるのが、スイカの模様です。黒と緑の境目がはっきりしているもので、黒の縞模様が激しく波打つ羅列模様であるものほど、美味しいとされています。黒の模様がぼやけているものや、模様が緩やかなものは甘さが弱い傾向にあります。
夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』ースイカ

その他の野菜を使ったおすすめレシピー『知って得するスイカの成分と保存方法』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「きゅうり」の常備菜その2

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「きゅうり」の常備菜その2

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「ゴーヤ」の常備菜』

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「ゴーヤ」の常備菜』

作り置き常備菜シリーズ『かぼちゃのスパイスマッシュ』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『かぼちゃのスパイスマッシュ』とアレンジレシピ

初夏の保存食『甘酒床のお漬け物』

初夏の保存食『甘酒床のお漬け物』

飲み干す旨さ!『えび出汁の冬瓜ひんやり煮』

飲み干す旨さ!『えび出汁の冬瓜ひんやり煮』

片手で食べれて嬉しい!美味しい!『秋のドライブにぴったりのワンハンド・フードレシピ』

片手で食べれて嬉しい!美味しい!『秋のドライブにぴったりのワンハンド・フードレシピ』

全体の約90%が水分というスイカですが、スイカに含まれているカリウムは夏バテ防止に効果が期待でき、汗で不足しがちな水分補給もできるので、日本の夏にぴったりな食品と言えます。
美味しいスイカを食べたい場合は、模様がはっきりしているものを選び、10℃以上の涼しい環境で冷やすと、ほどよい甘さと冷たさを楽しむことができます。
これからが旬になるスイカで夏を感じながら、健康維持をしてみてはいかがでしょうか。”

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

デドックス効果もある『知って得する水菜の成分と保存方法』

デドックス効果もある『知って得する水菜の成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

2019.08.18

暑いからこそ、温活を『じゃがいものポタージュ』

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.14

夏のデザート『とろ〜りマンゴープリン』

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.28

4月のお献立、その4。食欲をそそる香り『メカジキのハーブパン粉フライ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.26

HBで簡単ふわふわ!『チーズクリームのシナモンロール』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2017.03.30

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

2017.04.01

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト