得するコト得するコト
まめ知識 2019.08.27

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

目次

女性の果実とも呼ばれるザクロは、尖ったまるい果実を付ける植物です。果実ではなく、果実の中の赤い透明の種皮皮が主に食用とされています。原産地であるイランのザクロス山脈が、ザクロという果実名の由来だそうです。サプリメントやドリンクなどにも多く使われているザクロについて、栄養成分などを見ていきましょう。

ビタミン類やカリウムが豊富なザクロー『知って得するザクロの成分と保存方法』

ザクロに含まれる主な成分としては、ビタミンCやナイアシンのほかカリウムやクエン酸などが挙げられます。エラグ酸と呼ばれる糖尿病の予防につながる成分も含まれています。成分量を見てみますと、ザクロ1個あたりにつき、ビタミンCの含有量は約9.3mg、ビタミンB6が0.04mgでナイアシンが0.19mgです。またザクロには、カリウムが232.5mgと非常に豊富です。そのほかにも、アスパラギン酸やグルタミン酸といったアミノ酸も多いでしょう。ザクロの赤い色素成分は、アントシアニンやタンニンによるもので、これらの成分も豊富です。さらにミネラル成分を見てみますと、ザクロ1個につきマグネシウムが5.58mg、銅が0.06mgほど配合とされています。そのほかに亜鉛が0.19mg含まれています。注目すべき成分としては、女性ホルモンの成分であるエストロンも含まれており、このこともザクロが「女性の果実」と呼ばれる理由のひとつです。また食物繊維の一種であるポリフェノールも豊富で、健康と美容に良い食材と言えるでしょう。
『知って得するザクロの成分と保存方法』ザクロ1

更年期障害の緩和や骨粗鬆症予防にもー『知って得するザクロの成分と保存方法』

栄養価の高いザクロですが、まず抗酸化作用が高い点がアンチエイジングにつながります。ポリフェノールやクエン酸、アントシアニンといった成分は抗酸化作用が高く、体内の活性化酸素を抑制してくれるので肌や血管の老化を防いでくれるのです。さらにザクロに含まれるビタミンCは、メラニン色素を抑制してシミを防いでくれます。ザクロの美容効果はほかにもたくさんあり、エラグ酸の作用で脂肪が燃焼しやすくなりダイエットにも適していると言えるでしょう。カリウムの働きによって、体内の余分なナトリウムが排出されてむくみを防ぐこともできます。さらにエストロンが含まれていることにより、更年期障害の緩和や骨粗鬆症の予防など、女性が健やかに暮らせるようにサポートしてくれます。ザクロはストレスを緩和させてイライラを押さえる働きもあるので、閉経を迎える時期に特に取り入れたい食材です。まさに「女性の果実」というわけです。そのほかにも、アントシアニンが目の疲れを緩和するほか、アレルゲンのもとであるヒスタミンを減少させてアレルギー予防にもつながるでしょう。
『知って得するザクロの成分と保存方法』ザクロ花

ザクロは皮をむかなければ長期保存が可能ー『知って得するザクロの成分と保存方法』

ザクロを長期保存させるためにはまず、皮をむかないことがポイントです。皮をむかなければ常温でかなり日持ちし、さらに冷蔵庫に入れる場合はビニル袋に入れておくと約2ヶ月ほど日持ちするでしょう。水分が飛んでしまうと乾燥してしまうので、冷蔵保存は密閉した状態にすることが大切です。ラップや瓶なども活用しましょう。外の皮をむいてしまった場合は、冷凍庫にて保存するようにします。この場合も蓋のある容器に入れるなどして、乾燥しないようにしっかりと密閉しておきましょう。そうすると、2日~3日は鮮度を失わずいただくことができます。ちなみに、ザクロの食べ頃としては、皮が自然に割れて果肉が見えるくらいが最も美味しいです。またザクロはフリーズドライしたものも、美味しくいただくことができます。フリーズドライされたものであれば、生のものよりもさらに日持ちしますし、生で食べるよりも甘く感じるでしょう。フリーズドライされたものは、そのまま食べても良いですし、ヨーグルトやアイスクリームなどにトッピングして食べる方法もあります。
『知って得するザクロの成分と保存方法』ザクロ2

縁起の良い、女性の守り神のような果実ー『知って得するザクロの成分と保存方法』

「紅一点 」という言葉があります。これは男性ばかりの中に1人だけ女性がいる状態を示しますが、この語源は中国の石榴詩という書物の1話です。その話には大草原の中に1つ赤い実の美しい花が咲いていた情景が書かれており、その赤い花が実はザクロのことなのです。またザクロは、漢字で書くと「石榴」になります。この中国の書物「石榴詩」は、まさにザクロを取り上げているのです。「柘榴」というように書くこともあるようです。ザクロは仏教においても、特別な呼び名があります。「吉祥果」と言うのですが、これはザクロが子孫繁栄を意味する縁起の良い果実であることを示しています。その通り、ザクロは「女性の果実」であり、女性が健やかに暮らせるために必要な栄養成分が凝縮されているのです。面白いことに、安産と育児の神として知られる鬼子母神は、その手にザクロを持っています。これもまた、ザクロが女性の守り神のような存在の果実であることを表現していると言えるでしょう。ザクロは昔から、縁起も良くて女性を強く見守ってくれる果実として伝わってきたのです。
『知って得するザクロの成分と保存方法』ザクロ中身

その他の果物を使ったおすすめレシピー『知って得するザクロの成分と保存方法』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

一味違った食感が楽しめる『いちごマシュマロのヨーグルトムース』

一味違った食感が楽しめる『いちごマシュマロのヨーグルトムース』

5月のお献立、おまけ。つるりん『杏仁豆腐』

5月のお献立、おまけ。つるりん『杏仁豆腐』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

3月のお献立、その5。さわやか!『グレープフルーツのクラッシュゼリー』

3月のお献立、その5。さわやか!『グレープフルーツのクラッシュゼリー』

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる『マンゴーヨーグルト』

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる『マンゴーヨーグルト』

秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』

秋の果物『りんごをつかった作り置きおかず』

こうして見てみますと、ざくろはその語源においても実際の栄養成分においても、まさに女性の果実であることが分かりました。妊娠、出産、そして閉経と女性のライフスタイルにおいて、無事に健康に乗り切るためにも是非摂取したい食材と言えるでしょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

根も葉も食べられる『知って得するカブの成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

バランスの良い栄養源『知って得する春菊の成分と保存方法』

絞ってこそ意味がある『知って得するさとうきびの成分と保存方法』

絞ってこそ意味がある『知って得するさとうきびの成分と保存方法』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.10.25

あまじょっぱいてりやきに黄身がとろ~り『お月見ばーぐ』

2020.10.23

保存食のある暮らし~りんごの皮と芯も無駄なく活用!!エコでおしゃれな保存食『林檎のジェリー』

2020.10.21

お弁当にもおやつにも!ひんやり甘酸っぱい『サツマイモの檸檬煮』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.19

置いとくことでより美味しくなる常備菜『ナスとホタテの南蛮漬け』

2020.10.19

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

2020.10.17

覚えておきたいおやつレシピ『バナナキャラメルマフィン』

2020.10.17

うつ病も食事で改善できる 『栄養士おすすめの食材&レシピと食事のポイント』

2020.10.16

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「さつまいも」を使ったレシピまとめ

編集部おすすめ記事

2020.10.24

手軽で簡単!美味しく健康になれちゃう『煎り玄米』とアレンジレシピ

2020.10.23

ゆでっぱなしで美味しさバツグン『ゆで栗』

2020.10.22

おうちで手づくり『基本のシュウマイ』

2020.10.22

【秋の味覚シリーズ】おすすめ!「かぼちゃ」を使ったレシピまとめ

2020.10.21

白、赤、あやめ色…『彩り豊かなかぶでワインパーティーを盛り上げよう』

2020.10.20

簡単!美味しい!『素麺で作るフォー』

2020.10.20

手抜きなのにしっかりおつまみ『じゃがいもの鯖味噌炒め』

2020.10.18

お疲れの時に!漬けておいて焼くだけ『鶏肉の塩麹焼き』

2020.10.18

【七十二侯のコト】蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

2020.10.17

ごはんが進みすぎる!『秋刀魚の三升漬け焼き』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.27

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう