得するコト得するコト
まめ知識 2017.08.28

イライラを抑える香り成分『知って得するセロリの成分と保存方法』

目次

セロリは古代から薬用的な効果のある野菜とされていて、薬としてや独特な香りを生かした香料として用いられて来ました。現在スーパー等で出回っている品種は香りが抑えられた、アメリカ合衆国原産のセロリが一般的となっています。

セロリの成分についてー『知って得するセロリの成分と保存方法』

セロリには、独特な香りがあります。一般的に流通しているセロリにも古来のものと同様に様々な香り成分が含まれていて、約40種類にもの香りが含まれています。これらの香り成分には、神経系に効果的に働きかけることにより苛立ちなどの気持ちを静める効果があります。また、食欲増進の効果もあります。また、セロリにはβ-カロテンやビタミンB群、カリウム等が豊富に含まれています。特にセロリの葉は有効成分が高く、葉に含まれるβーカロテンは茎の2倍ともいわれています。また、食物繊維が豊富な為、便秘改善やダイエットにも有効です。食物繊維を取り込むことで、体内の余分な脂質や有害な物質を排出する働きがあります。さらに、セロリ中の水分は95%で100g当たりのカロリーは15kcalとかなりの低カロリーな為、「食物繊維が豊富で、低カロリー」な食材として、ダイエットにも効果的に活躍しています。しかし、栄養成分が豊富に含まれているからと言って、セロリだけで事足りるわけではありませんが十分な栄養成分の補填の一助に繋がる食材です。
『知って得するセロリの成分と保存方法』セロリ1

セロリの栄養についてー『知って得するセロリの成分と保存方法』

セロリに捨てる部分が無く、全体に豊富に栄養があります。ミネラル類のカリウムが多く含まれている為、体に不必要な水分を排出し、むくみを改善になるほか、独特な香り成分によって血の巡りが良くなりますから健康志向でなくても、日常的に取り入れる価値があります。カリウムは塩気の多い食事から摂取される塩分の排出を行う為、日常的な塩分過多から体を守ってくれます。よって、高血圧予防に最適なミネラルと注目されています。また、セロリ100g中に含まれているカリウムの量は410mgと生野菜のものでは群を抜いて高水準を誇っています。また、セロリはアンチエイジングや美肌効果があるとされています。というのも、βカロテン、ビタミンB群、食物繊維、ビタミンC、ビタミンEといった栄養素が豊富に含まれているからです。ビタミンCには肌の張りや潤いをキープする働きがあり、βカロテンは、体内でビタミンAで変換されることで、皮膚の健康を促進する働きによって肌トラブルを防いでくれます。一貫して肌状態にいい働きかけをもたらす栄養が多く含まれています。
『知って得するセロリの成分と保存方法』セロリ2

セロリの保存方法についてー『知って得するセロリの成分と保存方法』

セロリは冷蔵庫での保存によって1週間程度であれば鮮度を保つことが出来ます。スーパー等で購入したままの状態で保存の場合は、葉っぱが付いているものは、葉っぱを切り落としますが葉っぱも重要な栄養源なので捨てないようにしましょう。セロリは乾燥を嫌いますので、きちんとラップで包むか新聞紙で包んでから、野菜室にて保存します。使い残りの物の場合も未使用時と同様にラップで包むか新聞紙で包んでから保存します。より長く保存したい場合は、セロリ全体が隠れるくらいの水を入れた容器に浸しておくと長持ちさせることが出来ます。この場合の目安の賞味期限は約4日~5日程度とされています。もっと長持ちさせたいさせたい場合は、冷凍です。一回に使用する量をサッとゆでた後、水気をしっかりとキッチンペーパー等で切ってから、チャック袋に入れて保存します。使う時には、解凍は必要ありません。なぜなら解凍するとシャキッとした食感が損なわれてしまうからです。冷凍した場合の目安の賞味期限は約1か月とされていますが、いずれも早めに食べきることをおススメします。
『知って得するセロリの成分と保存方法』セロリ3

セロリの豆知識ー『知って得するセロリの成分と保存方法』

一見、茎の部分が栄養が豊富に見えますが、むしろ葉の部分のほうが栄養は多く含まれています。ですから、調理の際に葉を切り落として、匂いが強いからなどと捨てる行為はもったいないのでやめましょう。また、セロリと言えばシャキッとした食感が特徴的な食材ですが、より食感を出す方法として、セロリの茎の部分に縦に流れる線をピーラーか包丁で削いでしまうことでさらに強い食感を生み出すことが出来ます。セロリを購入する際に、美味しく新鮮なものを見分ける方法があります。まず、茎が太くしっかりとしているものです。また、表面の筋がはっきりと見えるものにしましょう。茎の形状は、平坦は物ではなく丸みがあって、ぎっちりと巻き上がっているものを選びましょう。肝心な色ですが、茎が白くて葉っぱの色がくっきりとしたと緑色のものを選ぶと良いです。これらに注目して選ぶと新鮮で栄養たっぷりなセロリを手にすることが出来ます。反対に葉っぱが黄色くなっていたり、乾燥して萎れてしまっているものは新鮮なものでは無いので避けるようにすると失敗がありません。
『知って得するセロリの成分と保存方法』セロリ炒め

セロリを使ったおすすめレシピ

食欲のわかないときにさっぱり美味しい『セロリとえのきのレモンスープ』

食欲のわかないときにさっぱり美味しい『セロリとえのきのレモンスープ』

セロリがさわやか『チキンとセロリのエスニック風冷製パスタ』

セロリがさわやか『チキンとセロリのエスニック風冷製パスタ』

意外な組み合わせがクセになる美味しさ『納豆とセロリの麻婆新じゃが』

意外な組み合わせがクセになる美味しさ『納豆とセロリの麻婆新じゃが』

5月のお献立、その1。カンタン前菜『セロリの香油マリネ』

5月のお献立、その1。カンタン前菜『セロリの香油マリネ』

保存食のある暮らし~爽やかな初夏の香りの『セロリとかぶのさっぱり漬け』

保存食のある暮らし~爽やかな初夏の香りの『セロリとかぶのさっぱり漬け』

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

セロリの葉を和風に?!香りを楽しむ『白セロリのお浸し』

セロリの葉を和風に?!香りを楽しむ『白セロリのお浸し』

セロリは料理の付け合わせや生野菜としても美味しく食べることが出来る万能野菜です。栄養がたっぷりと含まれている為、健康な体作りには欠かせないものです。食生活の欧米化が問題視されている現代人が注目すべき野菜の一つであると言えます。

その他のおすすめ記事

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

食物繊維も豊富『知って得するあおさの成分と保存方法』

食物繊維も豊富『知って得するあおさの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.21

フライパン1つあれば出来てしまう『スパニッシュオムレツの作り方』

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

編集部おすすめ記事

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.16

元美容部員が教える『シミをカバーするメイク方法』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2018.04.04

覚えておきたいおやつレシピ『ふんわりバナナシフォン』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』