得するコト得するコト
まめ知識 2017.08.26

体を元気にする『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』

目次

アスパラガスの原産地は南ヨーロッパからロシア南部であり、食用としてだけでなく薬としても使われていたと言われています。日本へは江戸時代後半に伝えられ、観賞用として栽培されていました。そして大正時代になってから食用として本格的に栽培されるようになりました。今回はアスパラガスについて紹介します。

アスパラギン酸に期待できる4つのうれしい効果ー『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』

アスパラギン酸はアミノ酸の一つです。アスパラガスから発見されたため、このような名前がつけられました。肉や豆、昆布などにも含まれているうま味成分であり、特にアスパラガスの穂先部分に多く含まれています。そんなアスパラギン酸には様々な効果があります。
一つ目は疲労回復効果です。アスパラギン酸は疲労の原因物質である乳酸を分解し、エネルギーに変えます。またエネルギーのもととなるグリコーゲンの生成を促す作用もあります。
二つ目は利尿作用です。毒性のあるアンモニアを体外に排出できるだけでなく、体内の余分な水分も排出されます。そのためむくみの解消も期待できます。
三つ目は美肌効果です。アスパラギン酸には肌の新陳代謝を活発にする働きがあります。さらにスキンケア用品やヘアケア用品に使われるほど保湿効果が高く、体内の水分バランスを整えてくれます。
四つ目は体調を整える効果です。カリウムやマグネシウムなどのミネラルが不足すると体は不調を感じるようになるのですが、アスパラギン酸にはミネラルを細胞に送る働きがあります。その結果、不足したミネラルが補われ、体調が整えられるのです。
『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』アスパラガス

アスパラガスに含まれる特徴的な栄養素ー『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』

アスパラガスの特徴的な栄養成分に葉酸が挙げられます。葉酸はタンパク質やDNA、RNAの合成に働き、新たな細胞の形成を促します。血液を作る働きもありますから、貧血の予防効果も期待できる栄養素です。また、アスパラガスには鉄分も多く含まれていますし、赤血球増加作用のあるコバルトも豊富ですから、貧血に良い野菜と言えます。他にも注目しておきたい栄養素としてルチンがあります。ルチンには強い抗酸化作用があり、活性酸素が原因で起こる生活習慣病の予防効果が期待できます。また活性酸素は老化の原因にもなりますので、活性酸素を取り除いてくれるルチンにはアンチエイジング効果もあると言われています。美肌のためには欠かせないビタミンCの働きを助け、コラーゲン合成を促進する作用もルチンにはありますから、ビタミンCと一緒に摂取すると良いでしょう。さらにルチンは毛細血管を強化して血流を改善したり、アレルギー反応の原因であるヒスタミンの分泌速度を遅くしたりなど様々な効果があります。血流の改善は動脈硬化や高血圧の改善及び予防にもつながります。
『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』アスパラガス茹で

新鮮な状態で保存する方法は?ー『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』

アスパラガスには、体にうれしい様々な効果を期待できる栄養素が豊富に含まれています。その栄養素を十分に保ったまま、新鮮な状態で保存しておくためにも、正しい保存方法を知っておくことが大切です。アスパラガスを冷蔵庫で保存する際には、新聞紙で包んでからポリ袋に入れます。乾燥を防ぐために新聞紙を水で濡らしておいても良いでしょう。そしてアスパラガスは穂先を上にした状態で、立てて保存してください。横に寝かせてしまうと穂先が上向きに起きようとして、無駄にエネルギーが消費されてしまうため、鮮度が落ちやすくなってしまいます。生のアスパラガスの賞味期限は2~4日程度ですから、できるだけ早めに食べてしまいましょう。すぐには食べきれないという場合は、冷凍保存してください。かために茹でて水気をしっかりときりましたら、ラップで包み、保存用袋に入れて冷凍庫に保存です。冷凍保存の目安は1ヶ月くらいです。なおアスパラガスは常温保存には向いていません。常温で保存すると成長してしまいます。正しい方法で保存し、美味しくいただきましょう。
『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』アスパラ下茹で

美味しいアスパラガスを食べるためのポイントー『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』

アスパラガスの旬は3~8月で、特に5月前後が美味しい時期です。どうせ食べるなら美味しいものを食べたいですから、美味しいアスパラガスの見分け方を知っておくと良いでしょう。見るポイントは穂先と太さと切り口です。穂先は締まっており、太くまっすぐ伸びているものが美味しいです。そして切り口はみずみずしく、丸くて白いものを選びましょう。切り口が乾燥していたり、茶色くなっていたりするものは避けてください。またハカマと呼ばれている、褐色で三角形の節が少ないアスパラガスは柔らかく、美味しいです。新鮮なアスパラガスを購入できましたら、調理方法も気にかけたいものです。まず根の部分は硬く、そのままでは食べにくいですから、ピーラーで皮を剥いておきます。そして茹でる時には、アスパラガスのうま味や栄養素をできるだけ逃さないようにするためにも、長いまま茹でてください。硬い根の部分を先に30秒ほど湯につけた後、穂先まで湯につけて1分程度茹でると、ちょうど良く茹であがります。なおアスパラガスに含まれているビタミンCやアスパラギン酸は熱に弱いですから、茹で過ぎは禁物です。
『知って得するアスパラガスの成分と保存方法』アスパラガス花

アスパラガスを使ったおすすめレシピ

組み合わせおかずシリーズ【さけ×アスパラガス】『鮭とアスパラのアーリオオーリオ』

組み合わせおかずシリーズ【さけ×アスパラガス】『鮭とアスパラのアーリオオーリオ』

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

春の食材『アスパラガスをつかった作り置きおかず』

春の食材『アスパラガスをつかった作り置きおかず』

仕事でつかれた日の夜に。簡単ビールのおつまみ『緑の夏野菜ナムル』

仕事でつかれた日の夜に。簡単ビールのおつまみ『緑の夏野菜ナムル』

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

混ぜるだけで見た目もかわいいディップに『アスパラの食感がアクセントなアボガドディップ』

混ぜるだけで見た目もかわいいディップに『アスパラの食感がアクセントなアボガドディップ』

5月のお献立、その3。ふんわりシャキッ『アスパラと卵・キクラゲのオイスターソース炒め』

5月のお献立、その3。ふんわりシャキッ『アスパラと卵・キクラゲのオイスターソース炒め』

アスパラガスには多くの栄養素が含まれており、疲労回復効果や生活習慣病予防など様々な効果が期待できます。アスパラガスの風味と食感を楽しみながら、アスパラガスにより得られる効果を是非実感してみてくださいね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタ<ins datetime=スの成分と保存方法』” width=”850″ height=”354″ />

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

みんな大好き『知って得するみかんの成分と保存方法』

みんな大好き『知って得するみかんの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』