得するコト得するコト
まめ知識 2019.08.20

デトックス効果もある『知って得する水菜の成分と保存方法』

目次

夏はバンバンジーやサラダ、冬は鍋の彩りなどで食卓に上ることの多い水菜。シャキシャキとした食感と、少しピリッとした辛みのある味が特徴のさわやかな野菜です。日本原産で栽培の歴史は江戸時代までさかのぼります。わさびと同じ抗菌作用のある成分を含んでいるため肉や魚と一緒に調理されることが多かったようです。

水菜に含まれるカラダにうれしい成分ー『知って得する水菜の成分と保存方法』

水菜は淡色野菜と思われがちですが、実は栄養豊富な緑黄色野菜!緑黄色野菜とは可食部100g当たりのβ-カロテン量が600μg以上の野菜のことを指します。この「β-カロテン」という成分は体内でビタミンAに変換され、皮膚の粘膜を形成するのを助けて肌の角質化を防ぐといった働きをしてくれます。実はこれが美肌効果におおきく期待できる成分です。サラダなどで火を通さずに食べることも多い水菜は、「ビタミンC」を壊さずに摂ることができます。白血球の免疫力を高める働きがあるビタミンCは、風邪やウイルスに対する抵抗力を高めてくれるため、冬場などには心強い働きをしてくれます。妊娠を望んでいる人や妊娠初期の妊婦さんのなかには、日常的に「葉酸」を摂取するように心掛けている方も多いと思います。過熱に弱い天然葉酸ですが、水菜は生で食べても苦みが少なく調理する手間も省けるためおすすめです。水菜には100g当たり140ugの葉酸が含まれています。カロリーはほとんどないため、体重管理をしている妊婦のかたでも安心して摂取量を増やせます。
『知って得する水菜の成分と保存方法』水菜

肌にやさしく寄り添う美容のみかたー『知って得する水菜の成分と保存方法』

日々紫外線に晒される私たちの肌は、シミやそばかすやニキビなど、つねに悩みが絶えません。そんな悩みに寄り添うように、水菜はたっぷりと含んだ栄養素でこたえてくれます。水菜が含む「β-カロテン」は体内で必要な量のみビタミンAに変換されます。ビタミンAは皮膚や粘膜の成長を助け、それらを強化してくれる働きをしてくれる成分です。このビタミンAが不足すると肌がかさつき、吹き出物が出来やすくなってしまいます。さらに発ガン抑制効果があり、ビタミンAが不足すれば発ガンのリスクが高くなるとも言われている重要な成分です。さらに新陳代謝を促してくれるため、メラニンの沈着を排出させる働きももっています。そしてビタミンAに変換されるのは必要分だけなので、変換されなかったβ-カロテンは、抗酸化物質として体内で働いてくれます。これは細胞の酸化を防ぐため、シミ防止に役立つ成分です。水菜は食物繊維も豊富に含んでいるため、腸内環境を整え、便秘が原因のニキビの解消にも役立ちます。水菜は水分ばかりで栄養はそんなにないのでは?と思われがちですが、実は美容や健康にうれしい栄養素を多くたくわえた優良野菜なのです。
『知って得する水菜の成分と保存方法』水菜和えもの

シャキシャキとした水菜を食べるためにー『知って得する水菜の成分と保存方法』

水菜はスーパーなどで比較的安価に一年中手に入れることができます。ですがとても傷みやすい野菜で、袋のまま野菜室に入れておいてもすぐにしなしなになってしまいますよね。水菜の保存期間は2~3日。シャキシャキとした食感をそのままに食べられるのは翌日まで、と言われています。
そもそも、なぜすぐにしなしなになってしまうのか?原因は、水菜がとても乾燥に弱い、というところにあります。葉が非常にやわらかい水菜は、すぐに水分が失われてしなびていってしまいます。さらに横倒しで保管することにより上に伸びようとして、茎が曲がりやすくなりさらに痛みがはやくなってしまいます。すこしでも長くシャキシャキとした水菜を食べるには、乾燥を防ぐことと、立てた状態で保管することが大切です。まず水菜を持ち帰ったら袋から出し、濡れた新聞紙で全体をやさしくくるみます。これで乾燥を防ぐことができるので、それをまた袋にもどし、冷蔵庫の野菜室に立てて保管する。これで少し長持ちさせることができます。しかしそれでも日を置くごとにしなびていってしまうので、はやめに使い切ってしまうのが良いでしょう。
『知って得する水菜の成分と保存方法』水菜花

水菜の選び方と、水菜の仲間ー『知って得する水菜の成分と保存方法』

水菜をスーパーなどで選ぶとき、より新鮮なものを食卓へ並べたいと思いますよね。まず水菜は大きければ大きいほど良いと言われていますので、株から葉先までが長く、手に持った時にずっしりと重量感のあるものを選びましょう。あとは色を見て、葉の色が濃く、根本が真っ白だと新鮮な証拠です。茎はまっすぐであることと、水気を含んでいるかを見ます。あとは切り口の株が小さいほど保存する場合に長持ちしやすいそうです。すぐに傷んでしまう水菜だからこそ、しっかり選んで購入したいですね。水菜はアブラナ科の野菜で、京都が原産といわれる野菜です。そのため京菜とも呼ばれたり、葉のギザギザが柊のように見えることから柊菜、株の部分がいくつも枝分かれするため千筋菜とも呼ばれています。他の野菜が収穫できない冬場に収穫の時期をむかえるため、関西では古くから長く親しまれていました。一般的な水菜は緑と白のコントラストが美しい野菜ですが、仲間のなかには紫水菜と呼ばれる葉が紫色の水菜や、赤水菜と呼ばれる茎が赤色の水菜もあります。
『知って得する水菜の成分と保存方法』赤水菜

水菜を使ったおすすめレシピ

組み合わせおかずシリーズ【みずな×しおこんぶ】『水菜の塩昆布あえ』

組み合わせおかずシリーズ【みずな×しおこんぶ】『水菜の塩昆布あえ』

茹でて和えるだけ『湯葉と水菜と三つ葉の煎り酒和え』

茹でて和えるだけ『湯葉と水菜と三つ葉の煎り酒和え』

お湯の中でふっくらジューシー『しっとりささみと水菜のごま柚子サラダ』

お湯の中でふっくらジューシー『しっとりささみと水菜のごま柚子サラダ』

自家製万能調味料で作る『夏野菜の醤油麹パスタ』

自家製万能調味料で作る『夏野菜の醤油麹パスタ』

電子レンジでチンするだけ 食物繊維たっぷりのキノコと水菜のサラダ

電子レンジでチンするだけ 食物繊維たっぷりのキノコと水菜のサラダ

瑞々しい甘さとしゃりしゃりな食感を楽しむ『梨と水菜のサラダ』

瑞々しい甘さとしゃりしゃりな食感を楽しむ『梨と水菜のサラダ』

添え物としてひっそりと食卓を彩るような慎ましいイメージの水菜ですが、実はたっぷりと栄養素をたくわえていて、私たちの生活におおきく貢献してくれる野菜のひとつでした。あらためてレシピを調べてみると、鍋やサラダだけでなく、まだまだ水菜の活躍の場は広そうです。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

ぬめりが特徴的『知って得するなめこの成分と保存方法』

ぬめりが特徴的『知って得するなめこの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.06.05

簡単がっつりごはんにピッタリのどんぶり!『肉みそ丼』

2020.06.05

一晩寝かせて更に美味しく。ドライフルーツでできる 『マンゴーヨーグルト』

2020.06.05

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』30.おうち時間に作りたい「炊き込みご飯」

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.06.03

旬のみどりを食卓に。『モロッコいんげんのカリッとごま和え』

2020.06.03

甘いものが食べたいと思ったときにさっと作れる『サクサク食感のサクリスタン』

2020.06.03

みょうがが味のアクセントに『揚げ鯖のサラダ』

2020.06.02

いつものデザートに食物繊維を 『きなこのバナナヨーグルト』

2020.06.02

誰かに見せたくなる 『こんがりバナナのハニートースト』

2020.06.02

バター醤油の香りと塩気がとうもろこしの甘さより引き立たせる!『とうもろこしのバター焼き醤油』

編集部おすすめ記事

2020.06.05

簡単がっつりごはんにピッタリのどんぶり!『肉みそ丼』

2020.06.05

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

2020.06.04

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

2020.06.03

切った時に涙が止まらない!泣かせ上手な玉葱の秘められた力とは

2020.06.02

材料3つ10分で作れる『もちきび入りタルト・ソレイユ』

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.12.30

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』