得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.28

優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

東南アジアの熱帯地域で遥か昔から食べられてきたバナナは20世紀になってから日本に輸入されるようになりました。今では安価に輸入することができるようになり、各家庭でも定番のフルーツとして親しまれています。

身体の調子を整えるバナナの成分ー『知って得するバナナの成分と保存方法』

バナナには身体の調子を整える役割を果たす成分が多数含まれています。お腹の調子を整えるのに役立つ成分としてオリゴ糖やペクチンが代表的なものです。便秘になりがちな人は腸内細菌のバランスが良くないことが多いものの、オリゴ糖やペクチンを摂取すると善玉菌を増やして腸内環境を改善することができます。これによって腸の機能が回復すると便が出やすくなると期待できるのです。ペクチンはそれ自体にも便を柔らかくする力があるため、いつも便が固くて困っている人も改善できる可能性があります。また、タンニンが豊富に含まれていてガンに対する予防になると期待できるのも特徴です。ポリフェノールも含有していることから活性酸素による害から身体を守り、全体として身体の調子を良くすることができます。また、アミノ酸の一つであるトリプトファンが比較的多いのはバナナの特徴です。トリプトファンは体内でセロトニンと呼ばれる神経伝達物質に変換されます。快感や集中力に影響するセロトニンが正常に作られるようになることで精神面からも調子を整えることが可能です。
『知って得するバナナの成分と保存方法』バナナ1

疲労回復に良い栄養が豊富なバナナー『知って得するバナナの成分と保存方法』

バナナに含まれている栄養成分として主要なのは糖質で、バナナの甘さの根源にもなっています。即効性のエネルギーになることから疲れているときに食べると元気を取り戻すことが可能です。また、エネルギーを生み出すのに欠かせないビタミンB群も多く含まれています。エネルギーの産生に主要な役割を果たすビタミンB1やビタミンB2も含まれていますが、とりわけ多いのがビタミンB6です。ビタミンB6はエネルギーを作るだけでなく、様々な代謝過程に関与していて全体として身体の機能を高めるのに役立つことから、疲労回復への寄与を期待できます。この他にもバナナにはカリウムが多く含まれているのも特徴です。カリウムは体内のミネラルバランスを整えるのに欠かせないミネラルで、ナトリウムの排出を促すことで血圧を下げたり、むくみを改善させたりします。血圧が正常にコントロールされると血行も良くなりやすく、バナナから摂取した栄養を全身に届けやすくなるでしょう。抗酸化力のあるビタミンCやビタミンEも含んでいるので疲労の発生を緩和できるのも魅力です。
『知って得するバナナの成分と保存方法』バナナ畑

常温保存が基本のバナナの冷蔵や冷凍の方法ー『知って得するバナナの成分と保存方法』

バナナは熱帯産の植物の実なので、基本的には常温で保存すれば問題ありません。そのまま冷蔵庫に入れてしまうと低温障害を起こして味落ちしてしまうので注意する必要があります。常温で保存していると温かい日には追熟が進んでいって甘味が増していき、そのうちに皮が黒くなって実が柔らかくなっていくでしょう。シュガースポットと呼ばれる黒い斑点が見られる状態が食べ頃とされています。好みの甘さになった時点でラップを巻いて冷蔵庫に入れておくと特に固くもならずに数日は食べることが可能です。その時点で冷凍保存すると三ヶ月程度はほとんど味落ちしません。冷凍保存する場合には皮を剥いてしっかりとラップで包んでから冷凍します。また、別の冷蔵保存の仕方として低温障害を発生させない方法があり、予め50度程度のお湯に数分間つけて冷ました後で冷蔵するというのが基本です。常温での追熟も遅くなって保存性が高くなる方法なので、大量にバナナが手に入ってしまって食べきれないときにはお湯で下処理をするようにすると長期間に渡って食べられるようになります。
『知って得するバナナの成分と保存方法』バナナ2

生以外でも美味しいバナナー『知って得するバナナの成分と保存方法』

バナナは生で皮を剥いて食べるのが一般的ですが、食べ方は生に限りません。フランス料理であるフランベは代表的な加熱調理方法の一つとして日本でもバナナを使っているのが見かけられます。ソテーにした後でブランデーなどをかけて炎を上げて加熱し、炎が消えたらできあがりというものです。アイスを添えて食べることも多く、ホットデザートとして飲食店ではしばしば供されています。単純にバナナをそのままやスライスしたものをオーブンやフライパンで焼くのも甘味を引き出せる調理方法です。バナナを潰したものを生地に混ぜてパウンドケーキなどを焼くのに使うのもバナナの利用方法としては一般的になっていて、シュガースポットが出てからさらに追熟させて甘くなったバナナを用いるとそれだけの甘さで美味しく食べることができます。日本ではあまり流通していませんが、料理用の甘さのないバナナも世の中にはあり、東南アジアを中心として様々な加熱料理に応用されている種類です。生にこだわらずに食べるようにすると毎日でも飽きずに食べられて健康に役立てやすくなります。
『知って得するバナナの成分と保存方法』青バナナ

バナナを使ったおすすめレシピ

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

思い立ったらすぐできる『ホットケーキミックスをつかった簡単バナナケーキ』

美味しく食べてお腹スッキリ『プルーン&バナナロール』

美味しく食べてお腹スッキリ『プルーン&バナナロール』

いつものデザートに食物繊維を『きなこのバナナヨーグルト』

いつものデザートに食物繊維を『きなこのバナナヨーグルト』

忙しいときこそ大切にしてほしい朝ごはん『3分でできる黒ごまとバナナの豆乳ココア』

忙しいときこそ大切にしてほしい朝ごはん『3分でできる黒ごまとバナナの豆乳ココア』

誰かに見せたくなる『こんがりバナナのハニートースト』

誰かに見せたくなる『こんがりバナナのハニートースト』

きちんと吸収される処理のしかたをご存知ですか?『チアシート入りバナナスムージー』

きちんと吸収される処理のしかたをご存知ですか?『チアシート入りバナナスムージー』

バナナはフルーツとして日本でも様々な形でよく食べられるようになりました。常温保存はできますが、日持ちさせるためには下処理や冷凍などの工夫が必要です。身体の調子を整え、疲労を回復するのに良い成分が多数含まれています。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養も旨味も魅力!!『知って得するしめじの成分と保存方法』

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

栄養素がたっぷり『知って得する枝豆の成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

夏バテ防止に効果あり?!『知って得するスイカの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

美容や健康に大活躍『知って得するいちごの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

イライラを抑える香り成分『知って得するセロリの成分と保存方法』

イライラを抑える香り成分『知って得するセロリの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.08.08

夏のひんやりおやつ『抹茶のくずもち風』

2018.08.06

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『07 みつはしさんちの冷やし鶏』

2018.08.03

旬の野菜を食べよう!甘くておいしい『とうもろこしごはん』

2018.08.02

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

2018.07.31

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2018.07.30

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2018.07.29

発達・育児相談室から『それぞれみんながんばりすぎている』

2018.07.25

【参加者募集】夏休み特別企画ー 親子&キッズヨガ×フォト撮影会

2018.07.22

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2018.07.20

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

編集部おすすめ記事

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

2018.07.27

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』