得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.08.27

おかずにもスイーツにもなる『知って得する栗の成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

栗は周囲が棘に囲まれた実が特徴の食材で、一般的食べられている部分は実の中にある種の部分になっています。その期限は縄文時代からだとされていて、平安時代から本格的に栽培されているようです。今回はそんな栗の栄養成分などについて紹介していきます。

主成分であるデンプンの特徴とはー『知って得する栗の成分と保存方法』

栗はナッツ系の食材として知られていて、その主な成分はイモ類や豆類と同じくデンプンです。また他のイモ類や豆類と比較するとデンプンの量が多いのに対して脂質が少なくなっているところも特徴となっているのですが、栗を構成しているデンプンの最大の特徴は「きめ細かい」ところにあります。栗のデンプンのきめ細やかなところはほかのイモ類や豆類と比較すると上品な味わいを生み出しているとされていて、分解されると糖質になるのですが、細やかさが優しい甘味のポイントにもなっているのです。デンプン以外に含まれている成分としてはビタミン群が豊富に含まれていて、特にチアミンと呼ばれているビタミンB1やビタミンCが多く含まれています。ほかにも便秘解消効果の高い食物繊維や高血圧の予防に強いカリウム、ポリフェノールやタンニン、現代人にとって不足している成分である亜鉛など豊富な成分が含まれているところが栗の魅力だと考えられていて、中でも渋皮の部分に含まれているポリフェノールやタンニンは女性に嬉しい強い抗酸化作用を持っているのでおすすめです。
『知って得する栗の成分と保存方法』栗1

栗は思いのほかカロリーが高いー『知って得する栗の成分と保存方法』

では栗の栄養面はどのようになっているのかですが、上記でも述べたように栗は他のイモ類や豆類と比較するとデンプンの量に対して脂質が少なくなっているところが特徴です。脂質が少ないとヘルシーだと思われがちなのですが、実はそのような状態に反して栗のカロリーは意外と高くなっています。日本栗の場合はおよそ160キロカロリーなのに対して甘栗の場合はおよそ240キロカロリーを超える場合もある、大量に食べてしまうと太ってしまう要因になるので注意が必要です。ですが逆に考えると少量でもカロリーやエネルギーを簡単に補給できる面もあるので、手軽なエネルギー補給やダイエット中の小腹を満たす目的で食べるのにはおすすめされています。また栗の栄養素の中でも特に現代人にとって重要だとされているのが亜鉛や葉酸などの成分で、亜鉛は不足してしまうと味覚障害や生殖機能の低下を起こしてしまうので栗は手軽に亜鉛を摂取できる重要な食材です。葉酸も特に妊娠中の女性にとっては必要不可欠な栄養素なので、手軽に摂取できる栗は妊娠中におすすめの食材となっています。
『知って得する栗の成分と保存方法』栗ごはん

栗の保存方法は生とゆでたもので違うー『知って得する栗の成分と保存方法』

栗は生のままの場合は常温保存でも可能で、新聞紙に皮つきのまま包んで日の当たらない涼しい場所に保管しておきます。ただこのままだと乾燥してしまうので、乾燥を予防する方法として水を張ったバケツの中に良く洗った栗を入れておきます。後は定期的に水を張り替えるだけで簡単に乾燥を予防できるので、こちらの方法もおすすめです。ただし注意点として、常温保存でそのままにしておくと虫がついていた場合は虫に食べられてしまう可能性があります。そのため常温保存でも問題はないのですが、出来る限り冷蔵庫に保存する方が良いようです。またゆでた状態の栗は季節によっては半日で腐ってしまうなど常温保存はできないようになっているので、こちらの場合はまずゆでた後に荒熱を取ってからしっかり水気を切ります。その後タッパーやジップ袋に入れて、空気に触れないように冷蔵保存しておくのが大切です。ちなみにこの状態での保存期間は3日程度で、生のままの場合は1週間ほど保存できます。そのためゆでた状態のものは、早めに消費するようにしておくのが重要になっています。
『知って得する栗の成分と保存方法』栗2

栗の豆知識アレコレー『知って得する栗の成分と保存方法』

栗は調理方法によって甘く食べられるのですが、調理する前に果物のように甘くする方法があります。その方法はいたってシンプルで、栗を冷蔵庫のチルド室で半日以上保管しておくだけです。栗は元々0度前後の気温になるとデンプンを糖質に変える働きがあると言われていて、その状態で日が経つにつれてどんどん糖質が増えていきます。これは栗が冬の間に糖を作るためにデンプンを分解しているために起きる現象で、チルド室で保管すると冬だと勘違いしてこのような状態になるのです。なので甘い栗を楽しみたい場合にはチルド室などで冷蔵保存しておくのがポイントとなっています。また元々甘みの強い栗の選び方としては、濃度が3パーセント程度の塩水の中に栗を入れます。そうすると含まれているデンプンの量が多い栗は塩水の中に沈んでいくので、沈んだ栗を選んで食べれば甘くて美味しいものを楽しめるようになっているのです。そしてその栗をチルド室で保管してやればさらに甘くなりますし、甘くなかった栗もチルド室で保管すれば甘みを増してくれるので問題なく楽しめます。
『知って得する栗の成分と保存方法』栗3

栗を使ったおすすめレシピ

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

今しかない贅沢。今日のご飯は「栗ごはん」炊いてみませんか?

今しかない贅沢。今日のご飯は「栗ごはん」炊いてみませんか?

洋風にアレンジ!『栗とベーコンとクレソンの洋風炊き込みご飯』

洋風にアレンジ!『栗とベーコンとクレソンの洋風炊き込みご飯』

栗はデンプンを多く含んでいる反面脂質が少なく、それでいてカロリーが高い食材として手軽なエネルギー補給食として利用できます。さらに栄養価も高く健康面や美容面に効果的な成分が多くなっているので、上手に保存したり甘みを強めて食べるのがおすすめです。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

ブロッコリーのそっくりさん?『知って得するカリフラワーの成分と保存方法』

元気の出る香辛野菜『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

元気の出る香辛野菜『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

爽やかな辛味を添える『知って得する「豆板醤」の成分と保存方法』

爽やかな辛味を添える『知って得する「豆板醤」の成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.04.26

穀物を食べよう。古くからの美肌食!スーパーフード『ハトムギ』生活のすすめ

2016.07.20

『京都珍百景』で知る、「珍」京都のススメ

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2016.02.01

健康美に!リコピンの抗酸化効果を最大限に引き出すトマトの食べ方

2017.10.08

健康効果も期待!世界的に使われている植物油『知って得する菜種油の成分と保存方法』

2017.10.11

深い呼吸を意識しよう『深い呼吸が身体とココロに及ぼすメリット』

2018.02.08

ビールおつまみに!!『カリカリ♪ガーリックシュリンプ』

2018.03.28

3人に1人は悩まされている花粉症は『自然のチカラを借りて自然に治す』