得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.30

みかんの栄養はビタミンだけじゃない!『知って得するみかんの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

みかんは日本で古くから愛されてきた柑橘類であり、代表的な銘柄である温州みかんの原産地は日本です。ハウス栽培によって年中手に入るようになり、お正月のお供としてよく購入されている他、日常的に食べる果物としても広く利用されています。

みかんに含まれる多様な成分の魅力ー『知って得するみかんの成分と保存方法』

みかんにはフラボノイド成分が多く含まれていて、それらが個々に様々な効果を示してくれます。代表的なものがヘスペリジンであり、ビタミンPとも呼ばれている成分の一つです。ヘスペリジンはみかんの袋や皮に特に多く含まれているフラボノイドであり、血行の促進に良い効果があるとされています。毛細血管の拡張を促す作用があり、身体の隅々にまで血液が行き届くようにして栄養を届け、老廃物を除去することができるのが特徴です。これによって全身の健康状態を高められると共に、むくみの解消を期待することができます。この他にもフラボノイドとして抗酸化作用の強いものが多く含まれていて、代表的なノビレチンは血糖値の調節や動脈硬化の予防にも良いとされている成分です。このようなフラボノイドは概して果実よりも袋や皮に含有されているため、袋なども一緒に食べるに越したことはありません。また、温州みかんにはシネフィリンと呼ばれる成分があり、風邪の予防や症状の改善に対して効果を発揮するとされています。風邪にはみかんが良いという民間療法がありますが、その根拠ともなっている成分の一つです。
『知って得するみかんの成分と保存方法』みかん1

ビタミンCとβカロテンが多いみかんー『知って得するみかんの成分と保存方法』

みかんに含まれている栄養として代表的なのがビタミンCとβカロテンです。ビタミンCの含有量は特に多くなっていて一個食べるだけで一食あたりに必要とされる量の四分の三程度を摂取することができます。水溶性で過剰に摂取しても排出されてしまうため、こまめに摂取することが大切なのがビタミンCです。気軽に食べられるみかんから摂取するのは合理的な方法になります。一方、βカロテンは身体の中でビタミンAに変換され、目の健康を維持するのに用いられる成分です。肌や粘膜の維持や改善にも有用な成分として知られています。βカロテンはみかんの色素成分の一つとしての役割も果たしているのも特徴です。同じような色素成分としてβクリプトキサンチンも多く含まれていて、ガンの対策として役に立つことも知られています。また、食物繊維としてペクチンが豊富なのもみかんの特徴です。水溶性食物繊維であるペクチンは腸内環境の改善に寄与することが知られています。ペクチンもみかんの袋の部分に多く含まれているため、一緒に食べると効率的に摂取することが可能です。
『知って得するみかんの成分と保存方法』みかん花

常温保存するためには工夫が大切ー『知って得するみかんの成分と保存方法』

みかんの保存は常温が基本になります。冷蔵してしまうと傷みやすくなってしまうので、もし長期保存したいのなら冷凍保存する必要があります。冷凍するとシャーベットのようにして食べることができるのが特徴です。皮ごとでも皮を剥いてからでも冷凍することができますが、あまり長期になると風味が失われてしまうので一ヶ月程度で食べるようにするのが適切でしょう。常温保存するためには工夫が必要であり、傷をできるだけ付けないようにする配慮が欠かせません。季節になるとダンボール詰めで売っていることも多いですが、中には肌が傷ついてしまっているものもあります。このようなみかんは傷みやすいので先に食べるようにするのが大切です。保管するときにはヘタがついている方を下側にすると自重で傷つくのを防ぐことができます。また、入れ物にも注意が必要であり、通気性が良いかごを使って冷暗所に保存するのが大切です。ダンボールに保存するときには新聞紙を入れて通気性を良くする工夫をすると長持ちするようになります。中にクッション材を入れておくのも傷をつけないための対策として重要です。
『知って得するみかんの成分と保存方法』みかん2

無数の銘柄の魅力と加工品の活用ー『知って得するみかんの成分と保存方法』

日本では昔からみかんが愛されてきた歴史があり、生産者側もこだわりを持って新しい銘柄を作ってきています。みかんの名前の付く有名な銘柄だけでも温州みかん、早生みかん、愛媛みかんなどの様々なものがありますが、もっと広い意味でのみかんにすると数限りがありません。いよかんやポンカン、デコポンなどの様々な品種があり、それぞれに風味や甘味、大きさだけでなく旬の時期にも違いがあります。概してビタミンCやフラボノイドが多く、ペクチンなども含んでいて類似した健康や美容への効果を期待できるため、食べ比べをして楽しむのも良い方法です。また、みかんには加工品も多く流通しています。みかんジュースは果汁部分に含まれる栄養を摂取するのに簡便なものです。みかんマーマレードやみかんゼリーなど様々な加工品が流通していますが、これらは自分で作ることも難しくありません。シーズンになったら栄養豊富なみかんを加工して取っておくというのも賢い方法です。みかんの皮も乾燥させておくとお菓子作りや香り付けに使用することができます。余すことなく使えるのはみかんの魅力であり、果実だけ食べたときにも皮を無駄にしないようにするのが大切です。
『知って得するみかんの成分と保存方法』みかん3

編集部おすすめレシピー『知って得するみかんの成分と保存方法』

白砂糖不使用スイーツ『みかんソースの豆乳プリン』

白砂糖不使用スイーツ『みかんソースの豆乳プリン』

砂糖・バター不使用!生地も焼かずに作れる『甘酒みかんタルト』

砂糖・バター不使用!生地も焼かずに作れる『甘酒みかんタルト』

白砂糖不使用スイーツ アーモンドミルクの進化形!『オートアーモンドミルクのビスコッティ』

白砂糖不使用スイーツ アーモンドミルクの進化形!『オートアーモンドミルクのビスコッティ』

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの「牛乳かん」

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの「牛乳かん」

みかんは日本で愛されてきている果物であり、様々な銘柄が流通しています。フラボノイド類やビタミンCを代表として健康や美容に良い成分を多く含んでいるのが特徴です。果実だけでなく皮も加工して食べることができます。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

ビタミンたっぷり!『柑橘類の種類とあれこれ』

ビタミンたっぷり!『柑橘類の種類とあれこれ』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

実は安眠効果のある『知って得するえのきの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

疲労回復効果で風邪を吹き飛ばす『知って得するにんにくの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

鮮やかな緑色!『知って得するブロッコリーの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

コリコリ食感が楽しい『知って得するエリンギの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

みんな大好き夏野菜『知って得するとうもろこしの成分と保存方法』

生薬としても活用?!『知って得するびわの成分と保存方法』

生薬としても活用?!『知って得するびわの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』