得するコト得するコト
まめ知識 2017.08.27

果物の女王様『知って得するマスカットの成分と保存方法』

目次

マスカットはエジプトが原産の果物であり、日本には明治時代の初期にアメリカから渡ってきました。エメラルド色の粒が魅力のブドウ品種のひとつで、甘みと香りの強さが特徴です。今回はそんなマスカットの栄養成分などを中心に紹介していきます。

マスカットは糖分が多めー『知って得するマスカットの成分と保存方法』

マスカットに含まれている成分はポリフェノールや銅、カリウム、ビタミン群、マンガンなど色々なものがバランスよく含まれているのですが、その中でも特に多くなっているのがブドウ糖などの糖分です。ビタミン群の中でもビタミンB1が多く含まれていて、消化吸収を助けてくれる作用を持っているところから消化に良い果物だとされています。果肉の部分にはアミノ酸が豊富に含まれていて、健康面よりも美容面に効果がある成分が多く含まれているのが特徴です。また果肉以外の部分にも何らかの成分が含まれていて、例えば種の部分にはオリゴメリックプロアントシアニジン(OPC)と呼ばれる抗酸化成分が含まれています。そのため種ごと食べても含まれている成分を効率よく吸収できるのでおすすめされているほか、皮の部分も果肉同様の成分が含まれているのでそのまま摂取するのがいいようです。中でもポリフェノールは他のブドウの種類よりも豊富に含まれているのがマスカットの特徴のひとつだとされていて、抗酸化作用が高い成分が多く含まれているところから女性向けの果物として人気を集めています。
『知って得するマスカットの成分と保存方法』マスカット1

糖分が高い分カロリーには要注意ー『知って得するマスカットの成分と保存方法』

上記でも述べたようにマスカットは糖分が高い果物であり、その分カロリーも他のブドウの種類と比較するとやや高めになっています。そのためダイエット中の摂取には注意が必要だと思われがちなのですが、実はマスカットは消化吸収が早いため吸収された糖分がエネルギーに変換されるのも早いです。このような作用から食べ過ぎには注意しなければいけませんが、ちょっとした小腹を満たす程度であればおやつ代わりに利用するのもおすすめされています。特に糖分が高くなればなるほどカロリーも高くなっていくので、ダイエット中であれば食べる際に糖度にも注意するのが大切です。
ほかにも果肉のほかにも皮や種にも栄養成分が豊富に含まれているため無駄なく食べられる果物になっているのですが、含まれている栄養成分から疲労回復や老化防止、生活習慣病予防などの健康面での効果が期待されています。中でもポリフェノールなどの老化防止にも効果的な抗酸化作用は、血管や皮膚の若返り作用などの点から美容面にも高い効果を発揮してくれる栄養素として、女性を中心に注目されています。
『知って得するマスカットの成分と保存方法』マスカット花

マスカットの保存方法ー『知って得するマスカットの成分と保存方法』

マスカットは常温で販売されているので一時的に常温での保存は可能ですが、その場合は2日から3日程度しか保存できず季節によっては痛みやすくなっているので注意が必要です。そのため常温保存する際には、新聞紙やポリ袋などに包んだ状態で直接日光を避けるように冷暗所保存するのが基本となっています。この時の注意点として、新聞紙を利用する場合には事前にくしゃくしゃの状態にしておかないと紙の硬さに皮や実が負けてしまってボロボロと取れやすくなるようです。また冷蔵保存する場合には、例えば房につけたままであれば1房ずつ新聞紙やポリ袋、ラップに包んで野菜室に保管しておきます。房から外すのであれば2ミリから3ミリほど枝を残して切るようにすると、実の方に穴が空かないので果汁が漏れたりせず悼みにくくできるのでおすすめです。取り外した後はタッパーやジップの袋に入れて、こちらも野菜室で保存しておきます。ちなみに冷凍保存も可能で、房から外した状態の保存方法で水気を切ってから保存すると2週間から3週間ほどは美味しく食べられます。
『知って得するマスカットの成分と保存方法』白玉ポンチ

マスカットの豆知識ー『知って得するマスカットの成分と保存方法』

日本でのマスカットは一般的にエメラルド色のブドウのイメージがありますが、実はこれはマスカットの種類のひとつである「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を指しています。海外でのマスカットはこれ以外にもいくつか種類があり、なじみのあるエメラルド色のもの以外にも城から黒まで幅広い色のものがあるようです。また一般的にマスカットをはじめとしたブドウを食べる前には水洗いするのですが、保存する前や提供する前に洗ってしまうと鮮度が落ちてしまうデメリットがあります。マスカットなどのブドウの皮にはブルームと呼ばれている白い粉がついていて、これが実の鮮度を保つ作用を持っているので、水洗いするのであれば食べる直前がおすすめです。このような特徴から新鮮なマスカットの選び方として白い粉がついているかどうかがポイントになっているほか、軸が褐色になっておらず太いものどどうか、粒が揃っていてハリがあるかどうか、持ち上げた時にボロボロと実が落ちないかどうか、皮の色が黄色に近いものかどうかをポイントに選ぶと新鮮なマスカットが購入できます。
『知って得するマスカットの成分と保存方法』マスカット2

編集部おすすめレシピー『知って得するマスカットの成分と保存方法』

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

h3>季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

スタミナ満点!疲労回復レシピ『ニラとパプリカのソイソース和え』

スタミナ満点!疲労回復レシピ『ニラとパプリカのソイソース和え』

サラダ感覚でさっぱりと頂く『洋風ちらし寿司』

サラダ感覚でさっぱりと頂く『洋風ちらし寿司』

ヘルシーで味わいさわやか『ココナッツミルクとヨーグルトのパンケーキ』

ヘルシーで味わいさわやか『ココナッツミルクとヨーグルトのパンケーキ』

さっぱり夏向き香味野菜の香りが食欲をそそる『山芋の白蒸しおこわ』

さっぱり夏向き香味野菜の香りが食欲をそそる『山芋の白蒸しおこわ』

お弁当アレンジもできる『かぼちゃをつかった作り置きおかず』

お弁当アレンジもできる『かぼちゃをつかった作り置きおかず』

日本でのマスカットは「マスカット・オブ・アレキサンドリア」というマスカットの中でも特に甘みが強いもので、マスカットの女王と呼ばれています。その栄養価は他のブドウと比較して美容効果の高いものが多いので女性には嬉しい果物ですが、カロリーが高いので食べ過ぎないように注意しながら、タイミングに合った保存方法を利用するのがおすすめです。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

健康にも美容にも良い『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

健康にも美容にも良い『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

ダイエットと病気予防のダブル効果『知って得するまいたけの成分と保存方法』

体を内側からキレイにする『知って得するれんこんの成分と保存方法』

体を内側からキレイにする『知って得するれんこんの成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.04.08

美味しく食べてお肌ぷるぷるに『キクラゲの中華サラダ』

2020.04.03

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

2020.04.02

タルタルは手作りがおいしいね『鶏肉ソテーと自家製ピクルスのタルタルソースがけ』

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

編集部おすすめ記事

2020.04.08

鶏の唐揚げそっくり!大豆たんぱくで作る『ベジチキン唐揚げ』

2020.04.08

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2020.04.02

これからの暑い時期を乗り越えるために摂りたい野菜『アスパラガスの秘密ゴト』

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

2020.03.20

保存食のある暮らし~旬のいちごを楽しむ最高の組合せ!!『いちごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.12.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」

2020.03.18

旬の国産レモンで作る万能調味料『塩レモン』