得するコト得するコト
まめ知識 2017.08.30

ヘルシーフード『知って得するもやしの成分と保存方法』

目次

手軽に食べられてシャキシャキとした食感がもやしの特徴であり、アジア圏を中心として広く栽培が行われています。大量生産が行われている影響を受けて価格も安くなっていますが、成分面や栄養面から見ても優れている食材です。

もやしの種類と成分の特徴ー『知って得するもやしの成分と保存方法』

市場に流通しているもやしには大まかには3つの種類があり、種類によって含まれている成分にも違いがあります。大豆もやし、緑豆もやし、ブラックマッペもやしがよく見かけられるものです。もやしはこれらの豆の新芽に当たるものなので、それぞれの豆に由来する成分を豊富に含んでいます。成長段階にあるのがもやしの特徴であり、タンパク質を合成する原料になるアミノ酸が豊富に含まれているのはどの種類にも共通している点です。特にアスパラギン酸の含有量が多いことが多く、エネルギーを作るのに役立つアミノ酸として疲労回復に役立ちます。一方、大豆もやしの場合には大豆に由来するイソフラボンも多く含まれていて、更年期症状の緩和や月経困難症の改善に寄与すると期待できるでしょう。近年主流になっているブラックマッペもやしではビタミンCが他の種類に比べても多くなっています。ビタミンCは身体の中で行われている様々な代謝に関与している必須の成分であり、水溶性が高いことから頻繁に摂取することが肝心です。他のもやしにも比較的多く含まれているのでビタミンCの摂取源として適しています。

栄養面から見るとわかるバランスの良さー『知って得するもやしの成分と保存方法』

もやしはほとんどが水分からできていますが、正に成長中の新芽という影響もあって様々な栄養が豊富に含まれているのが魅力です。低カロリーで低脂質、低糖質で適度にタンパク質と食物繊維を含んでいます。ダイエット中にも理想的な形の三大栄養素のバランスになっているので有用な食材として活用できるでしょう。また、ビタミンやミネラルについてもビタミンAなどのいくつかのものを除き、大半のものが少しずつ含まれているため、もやしを食べることによって総合的に栄養のベースアップを行うことが可能です。効能から考えると疲労回復に適した栄養が含まれています。アスパラギン酸の効果に加えて、エネルギー産生に必須のビタミンであるビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、及び新陳代謝に欠かせないビタミンB6、葉酸、ビタミンCもバランスよく含まれているからです。これに加えてミネラルでも鉄分や亜鉛、銅などの血液を作るために欠かせないミネラルが含まれています。全体して身体の活動レベルを上げて元気になるために、摂取する栄養量の底上げを行うのに適しているのがもやしの特徴です。
『知って得するもやしの成分と保存方法』もやし

日持ちが悪い理由と保存方法ー『知って得するもやしの成分と保存方法』

もやしは日持ちが悪い野菜としてもよく知られています。買ってきたパックを冷蔵保存しておいても二日か三日のうちに溶けてきてしまって食べられなくなってしまいがちです。しかし、保存方法によっては四日前後は保存できるようになります。もやしの日持ちが悪いのは水分が多くなりやすいからであり、それによって腐敗が進行しやすくなっているのです。特に新芽で成長しようという力が大きく、その過程で周囲の水分を吸い上げる力もあれば、不要物を水と一緒に外に追いやろうとする力も働いています。そのため、周囲の水を新しくするのが大切であり、保存するときには袋を開けてしまってキッチンペーパーで包み、毎日軽く湿らせたペーパータオルで包み直していくのが良い方法です。あるいは水につけてしまって毎日水を交換しても問題ありません。温度は低めの方が良いためチルドルームに保存した方が野菜室よりも長持ちします。冷凍することもできますが、炒め物に使うとき以外は食感が悪くなってしまうことからあまり適していません。冷凍すれば一ヶ月程度は保存することができます。

安い理由から考える手に入れ方と食べ方ー『知って得するもやしの成分と保存方法』

もやしは安くて手軽に使えるけれど日持ちしないのが問題点になりがちです。なぜ安いかというと大量生産が簡単だからであり、豆を手に入れて日陰で水に漬けておけば誰でももやしを栽培することができます。一人暮らしの場合には一人分程度なら室内で簡単に作ることができるので、栽培して食べるようにするのも良い方法です。成長させている間は傷んでしまうリスクもありません。毎日でなくとも水を換えていれば問題なく成長していくのでもやしを手に入れる方法として考慮してみましょう。一方、もやしは食べ方のバリエーションが豊富であり、大量に買ってしまっても色々なところで使えば消費することは難しくありません。汁物、鍋物、煮物などに仕上げの頃に入れると食感が残った状態で食べることができます。炒め物にも使うことができ、やはり仕上げの頃に入れると食感を生かすことが可能です。また、軽く茹でて冷やせばサラダにすることもでき、冷やし中華などの具材にすることもできます。このように多様な料理に使えることからうまく使おうと考えれば日持ちしないのはあまり問題にならないのです。
『知って得するもやしの成分と保存方法』もやしの和え物

もやしを使ったおすすめレシピ

味付けは白だしで!アッサリなのにしっかりした味の『豚バラと豆腐ともやしのチャンプルー』

味付けは白だしで!アッサリなのにしっかりした味の『豚バラと豆腐ともやしのチャンプルー』

キャンプやBBQにも大活躍『もやしと豚肉のチャンプルー』

キャンプやBBQにも大活躍『もやしと豚肉のチャンプルー』

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

痺れるピリ辛が美味しい!!『口水鶏(よだれ鶏)』

痺れるピリ辛が美味しい!!『口水鶏(よだれ鶏)』

美味しく食べてお肌ぷるぷるに『キクラゲの中華サラダ』

美味しく食べてお肌ぷるぷるに『キクラゲの中華サラダ』

自宅で簡単、本格派!『春雨入り坦々スープ』

自宅で簡単、本格派!『春雨入り坦々スープ』

もやしはバランスよく栄養を含んでいるのが魅力ですが、日持ちしないのが問題となる傾向があります。しかし、自分で栽培することもでき、料理方法も多様にあることから保存性が低い問題は工夫次第で解決することが可能です。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

幅広い料理への応用ができる『知って得するえんどうの成分と保存方法』

幅広い料理への応用ができる『知って得するえんどうの成分と保存方法』

健康にも美容にも良い『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

健康にも美容にも良い『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

デドックス効果もある『知って得する水菜の成分と保存方法』

デドックス効果もある『知って得する水菜の成分と保存方法』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』