得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.27

健康にも良い『知って得するオレンジの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

オレンジはアラブ人がイベリア半島に持ち込んだのが起源とされていて、香りによる癒しなど元々は観賞用としての役割でした。その後、15世紀にポルトガル人がヨーロッパへ持ち込んだことで食用としての歴史が始まったのです。オレンジは爽やかな香りと酸っぱさが特徴で海外では主に野菜として食べられています。

オレンジに含まれる数多くの成分ー『知って得するオレンジの成分と保存方法』

オレンジには多くの健康に良いとされる成分が含まれていますが、その中でも特に豊富に含まれているのがカリウムになります。オレンジの100g辺りのカリウムの含有量はおよそ340mgです。他の食材ではリンゴが160mg、野菜の平均が260mgとされていて、これらの比較からもオレンジのカリウムの含有量が非常に多いことがわかります。カリウム以外では、一般的なオレンジのイメージにあるビタミンはもちろん、カルシウムやナトリウムなども豊富に含まれているのが特徴です。そのほかにも、意外と知られていない所で食物繊維や葉酸といった物もあります。食物繊維というと野菜から摂取する物とイメージしている人も少なくありません。しかし実際には果物からでも食物繊維を摂取することはできます。中でもオレンジの食物繊維含有量は果物の中でも上位に位置しているほどです。同様に葉酸の栄養素も食物繊維同様に豊富に含まれています。妊娠している女性は特に葉酸は必要な栄養素と言われていて、オレンジの摂取によって足りない栄養素を補給することが可能です。
『知って得するオレンジの成分と保存方法』オレンジ1

オレンジに含まれる栄養と効能ー『知って得するオレンジの成分と保存方法』

オレンジの栄養価で多くの人に認知されているのがビタミンです。オレンジにはABCの3つのビタミンが含まれていて、それぞれに体にもたらす効果が異なります。ビタミンAは目の機能の向上や肌荒れの改善以外にも、動脈硬化やガンの予防が期待できる栄養素です。ビタミンBは主にエネルギーなどの体の代謝を活発にさせる効果があって、ダイエットをしたい人は積極的に摂取することが重要と言われています。ビタミンCの主な効能は、美肌効果と風邪や生活習慣病の予防です。ビタミン以外の主な栄養素はカルシウムや食物繊維、カリウムといったものになります。カルシウムが体に与える効果で一般的に知られているのが骨の強化と精神の安定です。精神的に不安定な状態にある人はカルシウム不足が考えられるので、オレンジを積極的に摂取することがおすすめと言えます。食物繊維は不溶性と水溶性の2種類に分けられますが、オレンジに含まれているのは水溶性食物繊維です。こちらは血中のコレステロールの上昇を抑える効果があって、脂肪がつきにくくダイエットにも最適とされています。
『知って得するオレンジの成分と保存方法』オレンジ2

オレンジのおすすめの保存方法ー『知って得するオレンジの成分と保存方法』

オレンジの保存方法は環境によってそれぞれ異なります。まず常温で保存する場合に気を付けなくてはいけないのが乾燥です。乾燥によってオレンジに含まれる水分が失われないように、1つずつ新聞紙に包むことがポイントになります。オレンジは高温の環境では傷みやすい特性があるため、夏場の常温保存は避けることが大切です。常温で保存する場合の賞味期限はおよそ1~2週間程度とされています。冷蔵庫で保存をする時は常温での保存と同様に乾燥を防ぐ対策が必要になるので、ポリ袋などを使用することが望ましいです。場所は通常の冷蔵室よりも野菜室の方が乾燥を防ぎやすくおすすめと言えます。冷蔵保存での賞味期限もおよそ1~2週間が目安ですが、すでに乾燥している状態であればこれ以上の期間でも問題ありません。もし、食べるために切ったオレンジが食べ切れなくて余ってしまった時は空気に触れさせないことが重要です。これは空気に触れると鮮度の落ちが急激に加速してしまうことが理由になります。そのため、どうしても切った物を残しておくという時はラップに包んで冷蔵保存することを忘れてはいけません。
『知って得するオレンジの成分と保存方法』オレンジ3

意外と知られていないオレンジの豆知識ー『知って得するオレンジの成分と保存方法』

普段スーパーや八百屋で何気なく買っているけれど、美味しいオレンジの見分け方については知らないという人も少なくありません。美味しいオレンジを見極めるポイントの一つが重量感です。手に持った時に重量感のあるものほど、果肉や水分がぎっしりと詰まっていて瑞々しいとされています。そのため、購入する時に実際に手に持って重さを確認することが大切です。もし持つことができない場合は、皮が見た目にもわかるオレンジ色をしていたりツヤがあるかどうかで判断する方法もあります。オレンジはフルーツの中でもいろいろな食べ方がある果物ですが、豊富に含まれているさまざまな栄養を余す所なく摂取したいと考えている人はそのまま食べるのがおすすめです。特にオレンジの筋の部分にはビタミンCの吸収を高める成分が含まれているので、生の状態で絞って食べることが十分な栄養を摂取することに繋がります。そのほかにも、オレンジに含まれるカリウムには血圧の上昇を抑える働きがあることが医学的な研究で発見されていて、高血圧や脳卒中の予防としても効果的です。
『知って得するオレンジの成分と保存方法』フルーツ色々

オレンジを使ったおすすめレシピ

心のリフレッシュに大人の簡単デザート『オレンジ風味バルサミコ酢アイスクリーム』

心のリフレッシュに大人の簡単デザート『オレンジ風味バルサミコ酢アイスクリーム』

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

ホームパーティーに簡単おしゃれ!子どもも喜ぶ『オレンジカップ』

ホームパーティーに簡単おしゃれ!子どもも喜ぶ『オレンジカップ』

腸を整える、華やかな『オレンジサラダ』

腸を整える、華やかな『オレンジサラダ』

あれば便利すぎ!『オレンジ風味のキャロットラペ』

あれば便利すぎ!『オレンジ風味のキャロットラペ』

甘みと酸味がベストマッチ◎おつまみにもデザートにも『さつまいものオレンジ煮』

甘みと酸味がベストマッチ◎おつまみにもデザートにも『さつまいものオレンジ煮』

人参1本でできる『オレンジクミン風味のにんじんサラダ』

人参1本でできる『オレンジクミン風味のにんじんサラダ』

海外では主に野菜として食卓に並ぶことが多いオレンジですが、日本ではフルーツとしてのイメージが強く、世界的に見ても日本のオレンジの消費量は少ないのが現状です。豊富な栄養素が含まれているオレンジはさまざまな健康効果をもたらしてくれるので、日常生活で積極的に食べていくことが大切と言えます。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

夏バテ予防に『知って得するみょうがの成分と保存方法』

夏バテ予防に『知って得するみょうがの成分と保存方法』

幅広い料理への応用ができる『知って得するえんどうの成分と保存方法』

幅広い料理への応用ができる『知って得するえんどうの成分と保存方法』

健康にも美容にも良い『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

健康にも美容にも良い『知って得するパッションフルーツの成分と保存方法』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

オイルとしても使える『知って得するオリーブの成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

カルシウム豊富で骨を丈夫に『知って得する小松菜の成分と保存方法』

疲れを癒す甘い美味しさ『知って得するメロンの成分と保存方法』

疲れを癒す甘い美味しさ『知って得するメロンの成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.08.15

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2018.08.14

クリーム溢れる!ふわっ、しゅわっ『生シフォンケーキ』

2018.08.13

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『08 梅シロップのジンジャエール』

2018.08.08

夏のひんやりおやつ『抹茶のくずもち風』

2018.08.06

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『07 みつはしさんちの冷やし鶏』

2018.08.03

旬の野菜を食べよう!甘くておいしい『とうもろこしごはん』

2018.08.02

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

2018.07.31

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2018.07.30

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2018.07.29

発達・育児相談室から『それぞれみんながんばりすぎている』

編集部おすすめ記事

2018.08.17

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2018.08.07

レトロな喫茶店風『昔ながらのたまごサンド』

2018.08.07

家にある鍋を有効活用しよう!使い方によって調理時間も料理のおいしさも変わる『鍋』

2018.08.07

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2018.08.04

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2018.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2018.07.28

まぐろレアステーキとアボカドをサラダ丼仕立てに『まぐろステーキアボカドサラダ丼』

2018.07.27

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』