知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2018.04.12

身近な食材でも気をつけたい『赤ちゃんにあげてはいけない7つの食べ物』

Pocket

新米ママにとって、赤ちゃんが1歳のお誕生日を迎えるまでは、何かと心配事が多いですよね。生後の赤ちゃんの成長は著しく、1週間、1ヶ月でどんどん背が伸び、体重が増え、短期間に大きな変化を見せてくれます。
日々すくすくと成長する赤ちゃんとの暮らしは大きな喜びですがなにもかも初めての経験で、ちょっとしたことで不安になったり、体調変化に必要以上に神経質になりがち。
その不安を取り除くために、育児書を読んだり、ネットで情報を集めてみたり、近所のママ友に相談したり・・・そんなママさんに読んでいただきたい記事がアメリカのWEBマガジン「ORGANIC LIFE」に掲載されていました。

赤ちゃんに絶対あげてはいけない7つの食べ物とは?

・Strawberries(いちご)
・Unpasteurized Foods(低温殺菌されていない食品)
・Tomatoes(トマト)
・Conventional Beef(普通の牛肉)
・Soy(大豆)
・Cruciferous Vegetables(アブラナ科の野菜)
・Sugar(砂糖)

7 Foods You Should Never Feed Your Baby

この7つの中で一番意外だったのが、トップのStrawberries(いちご)
いちごには豊富なビタミンCが含まれ、他にもカリウム、カルシウム、鉄分などのミネラルが含まれているほか、アントシアニンなどのポリフェノール類も多く含まれていますので、抗酸化作用や眼精疲労の回復などにも効果がある魅力的なフルーツなのですが、high-allergen(アレルギー源)としてアメリカではよく知られているそうです。
1

いちごアレルギーの症状ー『赤ちゃんにあげてはいけない7つの食べ物』

・口のまわりが痒くなる
・赤いプツプツが出来る
・くちびるや舌が腫れる
・顔や目が腫れあがる
・喉がイガイガしてかゆくなる
・じんましんが出る
・腹痛
・下痢
・嘔吐

場合によっては、急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーショックや呼吸困難を起こすような重篤な症状になってしまう事もあるそうです。
症状が出た場合はすぐに食べるのをやめて、手や口を洗ったり、拭いたりしてみて下さい。そして、症状が悪化しないかしばらくは注意深く様子を見て下さい。ひどくなる様なら病院へ連れて行ってあげましょう。
実は果物であればどれでもアレルギーを起こす危険性があり、特に花粉と共通成分を多く持つタイプの果物には注意が必要です。

花粉と果物の関係ー『赤ちゃんにあげてはいけない7つの食べ物』

白樺と共通成分を持っている果物 ⇒ キウイ、りんご、桃、いちご
スギと共通成分を持っている果物 ⇒ メロン、りんご
ブタクサと共通成分を持っている果物⇒ バナナ
2
オーガニック料理では果物は体を冷やし緩める強い力を持つ【極陰性の食品】ですので、日常の食生活では大人でも控えめにすることをおすすめしています。赤ちゃんにあげる時には注意が必要ですね。特にご両親がアレルギー体質の方は、赤ちゃんも何らかのアレルギーを持っている可能性が高いので、細心の注意をはらいましょう。
はじめて果物をあげる場合にはしっかり加熱して、アレルギーの元となる酵素を不活性化してからあげてみてください。「火」という身体を温める「陽性の力」を添加することで、果物の強い身体を冷やし緩める「陰性の力」も中和できます。

果物を美味しく加熱する方法ー『赤ちゃんにあげてはいけない7つの食べ物』

1.果物を良く洗ったら、小さく切る
2.果物と同量以上の上質の水、またはストレートの林檎ジュースと一緒に鍋に入れる
3.混ぜながら弱火で2・3分コトコト煮る。

パイナップルやパパイヤ、マンゴー、グレープフルーツといった熱帯原産のフルーツは身体を冷やす強い陰性の力があり、たんぱく質分解酵素も多く含まれているため、赤ちゃんには刺激が強すぎるのであげないようにしましょう。 特にグレープフルーツはポストハーベスト(収穫後の農薬)の心配があるので、あげないほうが良いです。
赤ちゃんのデリケートな体には「農薬」に対する抵抗力がないので、オーガニックの果物を選んであげるようにしてくださいね。

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

身近なあの食材も『生よりも加熱したほうが健康に良い5つの野菜』

身近なあの食材も『生よりも加熱したほうが健康に良い5つの野菜』

素肌も身体も変えてくれる『「自分スタイル」のオーガニックライフ』

素肌も身体も変えてくれる『「自分スタイル」のオーガニックライフ』

「オーガニック」を知って、心と体の未来を創る『オーガニック料理ソムリエ資格認定講座』を体験!【前編】

「オーガニック」を知って、心と体の未来を創る『オーガニック料理ソムリエ資格認定講座』を体験!【前編】

Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

2018.06.03

簡単!しっとり『鶏ムネ肉のチャーシュー風と味玉』

2018.05.31

梅雨の季節のお楽しみ!お家を彩る『あじさいリース』

2018.05.28

卵・乳・砂糖不使用『出がらしコーヒーの大人クッキー』

2018.05.27

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

2018.05.26

日本の暮らし色『虹の色はどんな色?』日本人の光の変化の捉え方

2018.05.25

発達障害ってなぁに?シリーズ その4『うちの子、発達障害?!と思ったら』

編集部おすすめ記事

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

2018.06.10

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

2018.06.08

夏休みに向けて親子でやってみよう『子供部屋の整理整頓』

2018.06.07

暑い日にはさっぱりと♪『梅トマトサバそうめん』

2018.06.04

日本の暮らしの言葉『梅雨を彩る言葉たち』〜水無月の暮らし〜

2018.06.03

簡単!しっとり『鶏ムネ肉のチャーシュー風と味玉』

2018.06.01

【ケノコトInstagram企画】6月の「日常のコト」を『#水無月のコト』で投稿しよう

2018.06.01

子どもと遊びつくしても『涼しげ美人』この夏はナチュラルメイクを崩さない

2018.05.31

梅雨の季節のお楽しみ!お家を彩る『あじさいリース』

2018.05.31

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その2〜苗づくりが始まりました〜

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.09.05

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「豚肉」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』