作るコト作るコト
料理 2017.08.31

とろり濃厚な夏の味『とうもろこしの豆乳白味噌スープ』

とうもろこしは、もともとメキシコやアメリカを中心に栽培されている野菜で、栽培の歴史は古く、古代文明にまでさかのぼります。
日本にわたってきたのは16世紀ごろ、ポルトガル人によって長崎に伝えられたといわれていますが、 それ以前に中国から渡来した「モロコシ」という植物によく似ていたことから、「唐のモロコシ(「唐」は舶来)」という意味で「トウモロコシ」と呼ばれるようになったそう。
黄色くて甘くて美味しいとうもろこしは米・小麦と合わせて「世界三大穀物」といわれるイネ科の植物。 穀物として人間の食料や家畜の飼料となるほか、デンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要で、年間世界生産量は2009年に8億1700万トンに達する農作物です。

栄養満点なとうもろこし

主成分は炭水化物ですので、エネルギーの補給源となります。 また胚芽部分にはビタミンB群を豊富に含み、ビタミンEやカリウム、カルシウム、マグネシウムなどをバランスよく含む栄養価の高い食べ物で、粒の皮はセルロースという不溶性の食物繊維でできています。

栄養豊富なとうもろこしは、暑い夏で疲れた胃腸を労わるのにピッタリのオーガニック野菜!! さっと洗って皮ごと軽く蒸して、皮をむいたら何も味をつけずによく噛んでいただくか、温かいスープでいただくのが一おススメ!! そこで今日はとっても簡単にできるスープのレシピをご紹介いたしますね。
2

『とうもろこしの豆乳白味噌スープ』(4人前)材料

玉ネギ      1/4個(50g)
とうもろこし   1本(180g)
水        700cc
豆乳       200cc
白味噌      大さじ2
塩        小さじ1/2
あおさのり粉   小さじ2

『とうもろこしの豆乳白味噌スープ』作り方

1.玉ネギ は 薄いまわし切りにし、トウモロコシは軸と粒を分けておく
2.玉ネギととうもろこしの軸と粒を一緒にウォーターソテーする
3.十分に柔らかくなったら軸を取り除きハンドミキサーでなめらかにする
4.残りの水を入れ、沸騰させる
5.白味噌と塩で調味し、最後に豆乳を入れ出来あがり
1

オーガニック料理ソムリエが教える『とうもろこしの豆乳白味噌スープ』を美味しくつくるコツ

・生のトウモロコシがない時期には、コーンの缶詰でつくることができます
・豆乳は沸騰させると分離するので注意してください。

食用として用いられ「とうもろこし」と呼ばれるのはスイートコーンという品種。 最近は、生で食べられる品種も栽培されるようになり、甘さとみずみずしさ、その皮の柔らかさから、まるで果物のように食べられるとうもろこしとして、注目を浴びています。

スイートコーンは3つの種類があります

ゴールデンコーン(黄粒種) ⇒ 全ての粒が濃い黄色のとうもろこしのことをいいます。そのためゴールデンと名付けられた品種が多いです。小粒でつやがあり粒皮が軟らかく甘みも強いです
シルバーコーン(白粒種) ⇒ シルバーハニーバンタムと呼ばれることもある白粒種のとうもろこし。小粒でつやがあり、粒皮が軟らかく甘みも強いのでサラダに向いています。一代雑種で、黄色と白が3対1の割合で入っておりもっとも甘味が強いです
バイカラーコーン(バイカラー種) ⇒ 一代雑種で、黄色と白が3対1の割合で入っています。 アメリカで育成され、もっとも甘味が強いとされ、現在日本のとうもろこしの主流にもなっています。

スイートコーンの収穫時期は6月~9月中旬で夏から初秋にかけて収穫されます。 生のものは収穫された時点からどんどん糖分がでんぷん質に変化し、甘みが薄れてしまうためあまり日持ちしません。ですから収穫の時期がそのまま食べ頃の旬!! ということはまもなく終わりになってしまいますので、八百屋さんで見かけたら是非買ってみてくださいね。

記事・レシピ/オーガニック料理教室G-veggie はりまや 佳子

オーガニックについてもっと知りたい方はこちら

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*オーガニック料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

食欲のわかないときにさっぱり美味しい『セロリとえのきのレモンスープ』

食欲のわかないときにさっぱり美味しい『セロリとえのきのレモンスープ』

慢性疲労回復!朝から元気になる『マグカップでお手軽お味噌汁』

慢性疲労回復!朝から元気になる『マグカップでお手軽お味噌汁』

お手頃価格で栄養も満点『かいわれ大根とにんじんのプレスサラダ』

お手頃価格で栄養も満点『かいわれ大根とにんじんのプレスサラダ』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.02.28

シンプルながら絶品!和食屋が教える『鯛の塩煮』

2020.02.25

【編集部おすすめ】食物繊維が豊富!あおさを使ったレシピをご紹介!

2020.02.24

保存食のある暮らし~ひな祭りに手作り甘酒、魔法瓶で意外と簡単!! 『基本の甘酒といちごと甘酒のパンナコッタ』

2020.02.23

レンジで簡単!!雑穀を使って『古代米の桜もち』

2020.02.21

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

2020.02.20

【編集部おすすめ】大注目の納豆・大豆料理をご紹介!

2020.02.18

困ったときに何でも使える!食べる万能調味料『肉みそ』

2020.02.15

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

2020.02.14

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2020.02.13

入れるだけ!持ち歩きにも◎『デトックスウォーター生活』で簡単おうちダイエット

編集部おすすめ記事

2020.02.27

季節の手しごとしませんか?免疫力アップに効果的なネギ味噌の作り方

2020.02.25

素朴なおいしさ『天かすと桜えびのコクおむすび』

2020.02.25

【編集部おすすめ】食物繊維が豊富!あおさを使ったレシピをご紹介!

2020.02.23

子どもと一緒に作りたい『桃の節句』にうれしい巻き寿司レシピ

2020.02.22

春の次にそわそわする時期『秋に引っ越しが多い理由とは?』

2020.02.22

~保存食のある暮らし~風邪予防に、花粉症対策に♪『金柑ジンジャーエールシロップ』

2020.02.20

【編集部おすすめ】大注目の納豆・大豆料理をご紹介!

2020.02.19

日本の鍋料理に飽きてきたらスペイン料理「ピルピル」を作ってみよう

2020.02.16

【編集部おすすめ】春の訪れ♪菜の花を使った簡単レシピ

2020.02.14

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

月間人気記事

2019.07.30

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.05.30

『塩の味、違いを知れば料理はもっとおいしくなる!』~ソルトコーディネーターが教える使い分けのコツ~

2017.08.16

実は栄養価が高い?!『知って得するかいわれ大根の成分と保存方法』

2017.05.21

まるで卵!卵アレルギーのお子様にも安心な『ベジたまごサンド』

2018.11.03

麦ご飯だけじゃない!美味しい穀物『知って得する押し麦の成分と保存方法』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.05.01

すりおろして混ぜるだけ!『人参ドレッシング』