知るコト知るコト
旅行・おでかけ 2017.09.01

ピクニック感覚で気軽に始める『デイキャンプのススメ』

蒸し暑さが少し落ち着いてくる秋は、お出かけにもぴったりな季節ですね。秋におすすめな心地よい空気の中で過ごすキャンプは、お子様がいると大変かも…と心配になる方も多いでしょうか?そんな時は、まずはデイキャンプから楽しんでみましょう。

ーーーーーーーー
5Photo by TAKAMI Tomomi

先日、友人一家とデイキャンプに行った。デイキャンプというのはその名のとおり、日帰りのキャンプ。泊まりがけのキャンプほど本格的ではないぶん、キャンプ初心者の友人も気軽に誘える。「キャンプを始めたいけど……」と二の足を踏んでいる人にもオススメだ。

わが家では現在小学校1年生の娘が2歳のとき、キャンプを始めた。最初はデイキャンプで炊事の段取りを練習し、コテージに泊まって食事だけはキャンプ場で作り、と徐々に慣れていったのを覚えている。

4デイキャンプは本格的なキャンプの予行練習にもなる Photo by TAKAMI Tomomi

キャンプが初めてだったり子どもが小さかったりすると、何を持参すればいいのか戸惑うこともあるけれど、「泊まる」がないデイキャンプだと荷物が少なくて済む。まずは「食べる」を楽しめるように、どう役割分担をするかという予行練習ができる。
気になっているキャンプ場に、まずはデイキャンプで訪れてみて、雰囲気や設備をチェックするということもあった。使ってみて「ここはよさそう!」と思えば、次は泊まりで出かけるように。

3Photo by TAKAMI Tomomi

公園でカジュアルに楽しむ

デイキャンプに出発するのは朝7~8時頃。慌てないよう、前日には準備を整えておく。目的地に着いて、タープ(日よけの布)を張り食事の準備をし、お昼になったら皆でご飯を食べる。自然の中でのびのび遊んで、夕方には撤収。ピクニックの延長でカジュアルに楽しめるのが、デイキャンプのいいところだ。

2Photo by TAKAMI Tomomi

出かけるのは、家から車で1時間半までのところ。東京に住んでいた頃は、野川公園や小金井公園によく行った。関西に移ってからは、大阪の服部緑地に行くことが多い。こうした公園や緑地以外に、本格的なキャンプ場をデイキャンプで使うこともある。

気に留めなければいけないのは、各地のデイキャンプのルール。公園や緑地ではテントやタープを張るのが禁止されているところが多い。食事を持ち込めるか、炊事場や洗い場はあるかについても事前にチェックしておく必要がある。炊事場がなければ水は自宅から持っていかなければいけないし、洗い場がなければ食器類はそのまま持ち帰ることになるので、対策を講じておいたほうがいい。

忘れものをしないコツ

基本的なことだけれど、忘れ物はないにこしたことはない。以前わが家ではダッチオーブンを忘れ、シチューを食べるはずがコンビニでうどんを買うという事態になったことがある。

1Photo by TAKAMI Tomomi

友人には、タープを張るためのポールを家に置いてきてしまったというケースも。キャンプグッズは日常生活で使わないから、ひとまとめにして保管しておくのがいい。わが家はキャンプグッズ用の納戸を作ってから、替えのきかないものを忘れるということがなくなった。

秋はデイキャンプにぴったりの季節。人気のキャンプ場や公園だとデイキャンプの予約が埋まり始めているところも。トライしてみようかな、と思う人はぜひ急いで予約をしてしまうことをオススメする。次回は具体的な楽しみ方についてお伝えしたい。

文/TAKAMI Tomomi
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

動物たちの野生を感じる『”動物が見つけづらい”動物園のヒミツ』

動物たちの野生を感じる『”動物が見つけづらい”動物園のヒミツ』

お母さんもゆったりくつろげる『初夏のキャンプのススメ』

お母さんもゆったりくつろげる『初夏のキャンプのススメ』

夏の暑さを乗り切る相棒『甘酒スムージー』

夏の暑さを乗り切る相棒『甘酒スムージー』

コメント

コメント欄


人気の記事

2020.05.29

麹を使いこなすとカラダもおいしい朝ごはんのできあがり『塩麹と枝豆のコーントースト』

2020.05.28

植物性100%!砂糖・卵・生クリームもつかわない『濃厚ミルキーなアイスクリーム』

2020.05.28

さっぱりと魚料理をいただける『イワシの梅煮』

2020.05.27

ビールが飲みたくなる簡単おつまみ 『玉ねぎの枝豆和え』

2020.05.26

簡単!自家製『レモネードの素』の作り方。

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.24

子どもと食べたいやさしいおやつ『基本の蒸しパン』

2020.05.23

料理のトッピングにブルーベリーが映える『ブルーベリーとレタスのサラダ』

2020.05.22

材料4つ!味見が止まらない『失敗知らずのレモンカード』

2020.05.20

甘くて美味しい!栄養満点、旬のアスパラを美味しく味わおう。

編集部おすすめ記事

2020.05.29

ネバネバ補充で食べすぎたおなかをすっきり『オクラしらす冷やしうどん』

2020.05.26

ビールやワインのお供に。『カツオのエスニックサラダ』

2020.05.26

さっぱり素材でコクのあるごちそう『新玉ねぎ入り豆腐の揚げ浸し』

2020.05.25

覚えておきたいおやつレシピ『とろ〜り塩ガトーショコラ』

2020.05.23

旬の時期に仕込めば一年中パクチーが楽しめる!アレンジ自在「パクチーペースト」

2020.05.22

味付けはなし!いつもの炒め物に飽きたなら『白セロリとベーコンの炒め物』

2020.05.22

我が家の常備菜『スマッシュドポテト』朝から晩まで大活躍のサイドディッシュ

2020.05.21

だしいらず!ゆでずにさっと調味できる『さやえんどうのごちそう煮浸し』

2020.05.21

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とくるみ味噌』

2020.05.20

昔と今では意味が違う、「五月晴れ」ってどんな晴れ?

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.05.18

ダイエットにも有用な成分が?!『知って得するそら豆の成分と保存方法』

2020.02.12

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』