知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

2017.09.08

答えを与え過ぎていませんか?子どもができる!『時間意識の育て方』

LINEで送る
Pocket

「早く勉強しなさい」や「お風呂に入りなさい」「早く寝なさい」など、子どもに行動を促す声がけ。
気づくと常に言ってしまっていると感じませんか。「うちは厳しく育てる」という意識で、こういった声がけを強くしているご家庭もあると思います。しかし、実はこの声がけ、むしろ「甘やかし」なのです。
では、どんな風に言葉をかけていけば、子ども自らが時間を考えて行動できるのでしょうか。

言われる前に行動できる子に育てたい

「〇〇しなさい」という「指示」は、今何をすべきかの「答え」を与えることです。
子どもが考えなくてもいい状況を作っているという点で甘やかしていると言えます。理想は、子ども自身が自ら気付き、考え、その答えを出し、行動をすること。でも、常に「答え」を与え続けてしまって「考える」機会を奪い続けていたら、その理想にはいつまでもたってもたどり着けないことでしょう。

社会に出ると、どのような職種でも必要とされることは「指示が出されなくても行動できること」。指示されないと行動できないうちは半人前です。また、仕事だけでなく、自分の人生をより良くしようとする場合にも、自ら考え、行動できる力は必ず必要なもの。この力を身に着けるには、家庭での過ごし方は大きく影響します。答えを言われる前に考え、行動する家庭に育った子と、そうでない子が社会に出たときの差を想像すると、親として意識を変えなくては、と思わされます。
pic1

時間意識を持たせる『問いかけ』

子どもができていないとき、親は何も言うな、ということではありません。言われなくてもできる子になるよう育てるためには、やはり何かしらの働きかけは必要です。効果的な働きかけは、子ども自身が頭を使って考えるように促す「問いかけ」です。また、人生経験の少ない子どもには、何にどれくらいの時間がかかるのかという時間感覚がまだ未熟な点と、それをすべきである理由となる前提の知識が不足しているという点が、サポートすべきポイントとなります。

「今」お風呂に入れば、「早く」寝ることができる。早く寝ることができれば、明日の朝早く起きられる。健康や身体の成長のためにも良い。こういったことを見越して親は「お風呂に入りなさい」「早く寝なさい」と声がけをしています。この親が見越していることを子ども自身が意識して、やるべきことに気付くことができれば親が指示を出す必要はないのです。
pic2

「明日の朝は何時に起きるの?」
「何時に寝れば自分で起きれそう?」
「今何時?」
「今お風呂に入ったら寝る時間は〇時になりそうだね。」

子どもが慣れるまでは、細かく具体的に時間に関して質問してみましょう。大人が無意識にしている逆算の過程と、それを意識する目的を問いかける形で詳細に言葉にして声に出すのです。朝起きれるか、遅刻しないかだけでなく、前提の知識として、「睡眠は身体の成長のためには重要なもの」だという根本的な目的の話を丁寧にしてあげることも大切です。

出かけるための準備の場合は、「遅刻しちゃうよ!早く準備しなさい!」という言い方ではなく、もっと時間的余裕のあるタイミングで、「今日何時に家を出ればいいと思う?」「〇時に家を出るためには何時までに朝ごはん食べ終えれば間に合いそう?」「食べ終わった後、家を出るまでにする準備は、どのくらい時間がかかりそう?」などの質問です。そのときに返ってくる子どもの回答に問題があれば、「本当にその時間でできる?」と、実際にかかりそうな時間を教えましょう。このような問いかけを日々繰り返していくうちに、子ども自身に、何にどれくらい時間がかかり、目的を果たすために今何をしなくてはならないのか、ということへの意識が芽生えていきますよ。
pic3

安易に先回りの発言をしない

親が「〇〇しなさい」というときの心の内には、子どもが遅刻や忘れ物、提出物の締め切りに間に合わないなど、しなくてはならないことをしないで困ったり、先生に叱られたりすることを避けたい、という思いがあると思います。ですが、実際に困ることで身に染みて覚える、ということもまた真実です。何かができなかったときに自分が大変な思いをするということを子ども自身が理解することが重要です。「〇〇しなさい」という言葉は、子どものそれらの機会を奪っているとも言えます。親はそのことを常に意識して、安易に先回りの発言はしないようにしたいものですね。

文/ママトコライター
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

子どもの教育に悩むママへ『考え方の転換で変わる育児』

キービジュアル-のコピー-4

夏休みや週末のブランチに!子どもと一緒に作りたい『ズッキーニ』レシピ

キービジュアル-のコピー2-3

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2018.01.07

2018年は九星気学で『「運」を味方につけよう』