得するコト得するコト
まめ知識 2021.09.07

女性に嬉しい効果がたっぷり!アンチエイジングに『イソフラボンのヒミツごと』

いつまでも若々しく過ごしたい…そんな想いから注目されるアンチエイジング。身近な食材などにも、アンチエイジングに良い効果が期待できる成分がたくさん含まれているのだそうですよ。そんな大豆などに含まれるイソフラボンについて、ご紹介です。

ポリフェノール類のひとつ「イソフラボン」

年齢を重ねてもいつまでも若々しく過ごすニーズが高まり、近年、注目を集めているアンチエイジング。美容面、健康面において、加齢による老化現象を限りなく小さくすること、老化速度を緩めることをいい、「抗老化」「抗加齢」と訳される。老化現象を少しでも和らげる効果を求めて、さまざまな成分が研究されているが、今回は「イソフラボン」に注目してみよう。
イソフラボン(Isoflavone)は、大豆や葛の根などマメ科の植物に多く含まれる成分でポリフェノール類のひとつ、フラボノイドの一種だ。おもなイソフラボンは、ダイジン、ゲニスチン、グリシチン、ビオカニンA 、フォルモノネチンなどがある。イソフラボンは植物性エストロゲンと呼ばれることもあり、女性ホルモンに近い働きをするといわれている。また、日本では大豆イソフラボンが有名である。

更年期障害ののぼせに有効性があるイソフラボン

アメリカ心臓協会が、更年期の女性のほてりなどの血管障害に対して、イソフラボンの有効性を発表し認められている。具体的には、イソフラボン34~76mgを含む、20〜60gの大豆たんぱくを摂取することで、ほてりの重症度と頻度をやや軽減する結果が出た。大豆イソフラボンエキスを摂取する場合は、35~120mgで同様の結果になる。しかし乳がん患者のほてりには効果がないと報告がある。
日本の研究では、日本人女性が3ヶ月間、大豆イソフラボンアグリコン錠剤 (40mg/日) や大豆胚軸抽出物2,520mg含有チュアブル錠 (大豆イソフラボンとして71.1mg/日) を摂取し続けたところ、血中卵胞刺激ホルモン濃度の低下、血中イソフラボン濃度の上昇、自覚症状の問診結果で症状の緩和が認められたという報告がされている
一方で、大豆イソフラボンに関しての更年期障害への有効性は、米国医療研究・品質調査機構の報告によると矛盾が多く、証拠不十分とされている。
1

2型糖尿病への有効性が示唆されている大豆イソフラボン

糖尿病患者が大豆イソフラボンを経口摂取することで、LDLコレステロール値、インスリン耐性が改善したことが報告されている。実際の研究では、閉経後の2型糖尿病女性が対象とされていた。

骨を健康の保つ、大豆イソフラボン

イソフラボンは、経口摂取で骨粗しょう症予防に有効とされている。とくに更年期女性において骨に好影響をもたらすと報告されている。そのため、大豆イソフラボンを関与成分とする特定保健用食品が発売されている。
一方で、アメリカ心臓協会や米国医療研究・品質調査機構は、大豆イソフラボンの骨密度や骨減少への関与は証拠不十分としている。

イソフラボンの安全性

食品に含まれる量であれば、成人、妊婦や授乳婦、小児ともおそらく安全に問題はない。しかしイソフラボンは女性ホルモン様作用があるため、乳がんや子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症などの人は、摂取を避けることが望ましい。
現在、国内では、大豆イソフラボンを使用した、栄養補助食品や粉末飲料、大豆加工品、清涼飲料水、菓子類などで、体脂肪を減らす、骨代謝を促す、中性脂肪を抑える目的の機能性食品が60商品以上販売されている(※1)。自分自身の体調や体質を考慮しながら取り入れてほしい。
※1 2017年8月時点

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

美容だけじゃない!嬉しい効果がたくさん『DHAのヒミツごと』

美容だけじゃない!嬉しい効果がたくさん『DHAのヒミツごと』

美肌と健康の味方?『コラーゲンのヒミツごと』

美肌と健康の味方?『コラーゲンのヒミツごと』

鮭の赤さの元は美容にも良い?『アスタキサンチンのヒミツごと』

鮭の赤さの元は美容にも良い?『アスタキサンチンのヒミツごと』

コメント

コメント欄


人気の記事

2022.01.26

味が簡単に決まる!『ランチョンミートのミネストローネ』

2022.01.19

簡単おやつ『アーモンドとさつまいものビスコッティ』

2022.01.18

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2022.01.17

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2022.01.16

ホッ。とする大人スィーツ。『簡単生甘酒ココア』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2022.01.12

メイン料理に変身『カリフラワーをつかった作りおき作り置きおかず』

2022.01.11

保存食のある暮らし~旬のレモンをたっぷり使って爽やかな『レモンカードとタルト オ シトロン』

2022.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2021.12.30

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

編集部おすすめ記事

2022.01.25

袋で簡単!『味噌ヨーグルト床』

2022.01.25

甘辛で美味しい!『長ネギとトッポギの炒め煮』

2022.01.23

アレンジ自在♪ゆずを丸ごと味わう『ゆずはちみつ』

2022.01.21

どんどん手がのびる!『フライド大根』

2022.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2022.01.15

オメガ3たっぷりのくるみを堪能♪『くるみのクリームパスタ』

2022.01.14

柚子胡椒がアクセント!『旨辛生姜焼き』

2022.01.14

こっくり温野菜をいただく『蓮根のマヨマスタードサラダ』

2022.01.13

甘めの味付けで箸がすすむ『鮭と舞茸の混ぜごはん』

2022.01.12

成形しないから簡単『フォッカチャ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

おいしさ倍増!『じゃがいもの種類』に合わせた調理法を知ろう

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.18

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2020.02.24

「この季節ならでは」の味!乾燥していない、生海苔を自宅で食べてみませんか。

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類