知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2018.09.25

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

LINEで送る
Pocket

普段何気なく使っているお箸。たった二本の棒といえばそれまでですが、お箸の歴史は古く、日本人にとってはただの食事道具ということだけでは終わらせられないとても大切なものです。

当たり前に使っているお箸のことを、改めて少し見直してみませんか?毎日使うお箸だからこそ関わり方の意識を少し変えるだけで暮らしをハッピーにしてくれますよ。

正しい持ち方で脳を活性化してくれるお箸

お箸を正しく持つと、支える指、動かす指とそれぞれ役割分担しながらお箸を機能させていることがわかります。指の筋肉と関節を同時に動かすことで大脳に影響を及ぼし、高齢者の方は痴呆症予防にお子様には脳の発育に良いと言われています。また世界から日本人は手先が器用だと称賛されるのは、箸だけを使って食事を完結させる日本ならではの箸食文化が影響しているとも考えられています。
1

お箸の持ち方は本当に合ってる?

テレビ番組で食事シーンが映ることは多く、芸能人の方などのお箸の持ち方はなにかと注目されていますね。テレビを見ていてなんとなく持ち方に違和感があるなと感じることはあっても、いざ自分の持ち方となると日常繰り返される当たり前の動作になっていて気にしてみるということはあまりないのかもしれません。日々の食事で何気なく使っている持ち方は本当に合っているのでしょうか?ある調査では実際お箸を正しく持てている人は3割に満たなかったという統計結果がでています。感覚的には日本人であれば7割くらいの方が正しく持てるものかと思っていたのでこの統計結果を知った時にはとても驚きました。正しい持ち方だと思っていたけれど間違えたまま持っていた…なんていう方が意外と多いようですね。

食事を美味しくいただければ良しとするご意見もある反面、お箸の持ち方が美しいと一緒に食事している方にも気持ちよく過ごしていただけます。そしてなによりご自身が食事をスムーズに楽しんでいただくことができます。正しいお箸の持ち方というのはお箸の掴む力や裂く機能を最大限に引き出す実に合理的な持ち方でもあるのです。大人になって正しい持ち方に直すことは長年の癖が抜けずに難しいと思われがちですが、ちょっとした意識で直すことができますよ。今一度見直してみませんか?大事なポイントをチェックしていきましょう。

正しいお箸の持ち方

①下にくるお箸は親指の付け根と軽く曲げた薬指の爪の横でしっかりと固定する
②上にくるお箸は鉛筆のように親指、人差し指、中指で包むように持つ
③上のお箸だけを動かし、下のお箸は動かさない
2

お箸を持つときに、中指を下にくるお箸にくっつけたまま動かす方、薬指が伸びた状態で下にくるお箸を固定している方、下にくる箸が親指の付け根で固定せず浮いている方が数多くいらっしゃいます。ちょっとした違いですがポイントを押さえることでお箸の機能がぐんとあがりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

お箸を一膳きちんと揃えると心も整う

ゆっくり食事をとっている時間もないくらい仕事が忙しかったり、育ち盛りのお子さんがいる家庭はまったなしの食事の支度に追われて、自分自身はゆっくり食事をとることがなかなかできないという方はたくさんいらっしゃると思います。食生活の大切さはわかっていても、理想の食生活からは程遠いな…と自己嫌悪に悩まされている方もいるのではないでしょうか。理想とされる良い食生活を続けていきたいものですが、それができないからといって自分を責めることはありません。むしろ現代の食事は栄養過多とも言われているので、一品おかずが少なくとも咀嚼回数を増やして会話を楽しみながらゆっくり食事することのほうが大切なのではないかと思います。不足しがちなビタミンやミネラル接種の意識は頭におきながらも、ただお腹を満たす食事ではなく「生きる力を育む食事」を大切に家庭内の食事でも箸置きを使い食事に向き合ってみませんか?

お気に入りのお箸を箸置きに一膳きちんと揃えてみましょう。箸置きにお箸を添える動作をすることで箸先は傷んでいないかなどお箸の状態が目にとまります。家で使っているお箸は外に持ち歩くものではないので人目につくものではないからと案外ボロボロになったお箸を使っている方が多いようです。思い入れのあるお箸なのであれば折れるまで使っていくのもいいのですが、お箸はきれいに手入れされているものを使うと健康運が上がるとも言われているのだとか。お箸も定期的に新調するといいでしょう。また拭き漆仕上げのお箸であれば箸先の塗り直しなどできれいにメンテナンスしてくださるお箸専門店もあるので持ち込んで相談するのもよいかもしれませんね。手入れされた美しいお箸で食べるとシンプルな食事でも豊かな恵みをいただいていることに不思議と気付くことができるでしょう。
3

一緒に食事をする方と楽しく食事ができるように、また一人の食事であっても恵みに感謝しながらいただくとお腹だけではなく心も満たされる食事となるのではないのでしょうか?日々繰り返されることが人生となるのであれば、食事に向き合う時間を大切にすることは感謝と喜びに満ちた人生の形成に繋がると思っています。いつもよりちょっとだけお箸に意識を向けて食事をいただいてみませんか?

 

記事/hacito(ハシト) 代表 小谷千佳子
小谷様
長男のお箸デビューにあたり、自分自身のお箸の持ち方を見直したことがきっかけとなりお箸の歴史やデザインに興味を持つようになる。美しいお箸を紹介することで食卓をよりハッピーにできたらとお箸専門のオンラインショップ『おはし美術館』を開設。イベントでは名入れ箸の実演販売を開催し、お客様との交流を大切に活動中。また一般社団法人国際箸学会の運営委員として事務局運営に携わりお箸の魅力を日々探求している。

hacito HP
Online Shop「おはし美術館」
facebook
instagram

その他のおすすめ記事

100人100色ー生活に欠かせない「お箸」を仕事に。お箸専門のネットショップを運営ー小谷千佳子さんのお話し

100人100色ー生活に欠かせない「お箸」を仕事に。お箸専門のネットショップを運営ー小谷千佳子さんのお話し

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』