得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.10

低カロリーなのに栄養の宝庫『海藻(緑藻類)の種類とあれこれ』

LINEで送る
Pocket

食物繊維が豊富に含まれるほか、ミネラル・ビタミンも多く私たちの身体を作る上で欠かせない海藻類。さらに、カロリーが低くヘルシーなので健康だけでなく美容にも最適な食べ物です。ひとくちに海藻類といっても色んな種類があるので、ここでは主な海藻の種類や特徴を解説していきます。

あおさ-『海藻(緑藻類)の種類とあれこれ】

あおさは、アオサ目ヒトエグサ科に属する緑藻全体を差します。日本をはじめ世界各地の沿岸に広く分布し、よく海岸に打ち上げられたさまを見ることも多い海藻類です。潮の満ち引きがある浅瀬の岩などに付着して生息していますが、海水に浮いた状態でも成長・繁殖が可能です。特徴として、直径5〜10cmで体表面が薄く、柔らかくてぬるぬるした状態を保っています。正確には「ヒトエグサ」という名称で、あおさは方言での呼び名です。あおさ・あおさのりという呼び名が広まっているほか、北鹿児島地区では「おさ」や「銀あお」、南鹿児島地区では「このい」、沖縄では「あーさー」など呼び名がそれぞれ異なります。日本国内では、戦前の昭和5年(1930年)頃より伊勢湾・三河湾にて養殖が始まったとされており、主に波の静かな湾口や河口付近といった比較的塩分が少ない場所が選ばれています。あおさが採苗される時期は9月中旬から10月頭にかけての秋ごろとなっており、採取時期は1〜5月の約半年の間に数回採取されます。現在は、三重県をはじめとして福島や静岡・愛知、徳島・高知などの四国や鹿児島県で生産されています。
あおさ

青のり-『海藻(緑藻類)の種類とあれこれ』

青のりは、スジアオノリ・ウスバアオノリ・ヒラアオノリといったいくつかの仲間を持つアオサ目アオノリ属の海藻類です。アオノリ属の海藻は、あおさと同じく湾口内の波があまり立たない遠浅や河口付近に生息しているのが多い一方で、高塩分の外海に面している岩礁の上に生えている種類もあり、順応性・耐久性が高いです。青のりの特徴としては、暗めの緑色〜青緑色をしており、体は管状で内部は空洞となっていて一層の細胞が壁部を形成しています。冒頭で挙げた種類以外にも、光合成によって発生した酸素が中にたまって腸管状になっているボウアオノリやフクロアオノリ、極細でありながら枝が多いヒラアオノリなど実に多彩です。同じくスジアオノリも枝が多く、さらに形が大きくなるため食用にも最適で重宝される種類です。青のりは、独特の風味・香りが人気でさまざまな加工品として用いられています。えびせんべい・草加せんべいなどの表面にある緑色屑糸(せっし)状体や、非常に小さな破片にまで加工された「ふりかけ青海苔」など、実に多彩に利用されています。
青のり

海ぶどう-『海藻(緑藻類)の種類とあれこれ』

海ぶどうという名はもともと沖縄県や鹿児島県での呼び名であり、イワズタ科イワズタ属に属している「クビレズタ」という名前が正式名称です。そのつぶつぶ状の見た目から、グリーンキャビアという別名もあります。日本国内では九州の南端から台湾にかけての地域・南西諸島に生息しているほか、東南アジアやオセアニアなどの浅海域に生息しています。
球状の小枝である葡萄茎を伸ばし、大きなものは2〜5mまで成長します。海ぶどうの種類としては、クビレズタの他によく似た見た目をしているフサイワズタが存在。味・風味ともに似通っていますが、若干フサイワズタよりも酸味が強く、大粒でぎっしりと粒が詰まっています。海ぶどうはワカメやコンブなどと異なり、火を通さず新鮮なまま生で食されることが多いです。また、あおさやあおのりと違い、加工せずそのまま食べられることが大半です。主に醤油や三杯酢などで食べたり、サラダに絡めてドレッシングと一緒に食べたりという方法がポピュラーです。また、海鮮丼に絡めたり飾りとして泡盛に入れたりといった使われ方もあります。
海ぶどう

ミル-『海藻(緑藻類)の種類とあれこれ』

ミル(海松)は、熱帯から温帯の海にかけて世界中で見られる海藻類で、浅い海中の岩礁上に生息しています。日本各地の沿岸地域に生息している他、世界各地に幅広く分布しています。イワズタ目のミル科・ミル属に属しており、海ぶどうとも少し近い種類です。全身緑色であり、丸くて太い枝がいくつも分かれた小さな珊瑚のような見た目をしています。平均的な高さは20cmほどですが大きいものは40cmほどにもなり、表面はビロード状で触るとザラザラとしているのが特徴です。日本では古来より親しまれてきた海藻類のひとつであり、租税のひとつとして納められている食品でした。和歌にもよく登場しており、動詞・見るの掛詞としてよく詠まれていました。飛鳥時代〜奈良時代にかけて編纂された万葉集の中にも詠み込まれています。現在の日本ではみるをあまり食べる機会はないものの、ハワイでは「リム」という名でサラダと同じくらい親しまれていたり、韓国でキムチに混入されたり、インドネシア・フィリピンなどでも食されています。ミル属の他の種類としては、体長10mにもなるナガミルCや、岩上にくっつくハイミルCなどが挙げられます。
ミル

海藻(緑藻類)を使ったおすすめレシピ

サクッ、もちっ、とろ〜。おつまみにもおやつにもなる『あおさ入りじゃがいも団子』

サクッ、もちっ、とろ〜。おつまみにもおやつにもなる『あおさ入りじゃがいも団子』

3月のお献立、その2。旬のあおさをつかった春パスタ『あおさとあさりのフジッリ』

3月のお献立、その2。旬のあおさをつかった春パスタ『あおさとあさりのフジッリ』

普段買っているものを手作りをしてみよう『ポップナゲット』

普段買っているものを手作りをしてみよう『ポップナゲット』

夏太り解消!オーガニック料理『青のりのスイートコーンスープ』

夏太り解消!オーガニック料理『青のりのスイートコーンスープ』

子どもが喜ぶ簡単手作りお菓子『桜えびせん』

子どもが喜ぶ簡単手作りお菓子『桜えびせん』

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

ひとくちに海藻類といっても、あおさ・青のりといったメジャーな種類から、海ぶどうやミルなど比較的珍しい種類まで実にさまざまです。特にみるはなかなか食べる機会がないですが、現在も三重県の一般家庭や飲食店で食べることができるので、気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

お腹に優しい仲間たち『サトイモ科の野菜の種類とあれこれ』

お腹に優しい仲間たち『サトイモ科の野菜の種類とあれこれ』

特徴がいろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

特徴がいろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

多種多様な仲間たち『アカザ科の野菜の種類とあれこれ』

多種多様な仲間たち『アカザ科の野菜の種類とあれこれ』

お酒のお供にも『マメ科の野菜の種類とあれこれ』

お酒のお供にも『マメ科の野菜の種類とあれこれ』

粘りが特徴『アオイ科の野菜の種類とあれこれ』

粘りが特徴『アオイ科の野菜の種類とあれこれ』

元気の出る香辛野菜『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

元気の出る香辛野菜『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』