得するコト得するコト
まめ知識 2020.03.03

あまのり、天草、ふのり、シラモってなんだろう?ダイエットにも活躍!『海藻(紅藻類)の種類とあれこれ』

海藻は水中の植物の中で、根・茎・葉の区別がはっきりしないもののうち、海水に生息するものの事です。海藻は色によって緑藻類、褐藻類、紅藻類に3つに大別されます。そんな海藻の中からここでは紅藻類の主な種類と栄養成分、食べ方などについて記していきます。

あまのり-『海藻(紅藻類)の種類とあれこれ』

あまのりという名前を聞いたことがあるという方は少ないと思いますが、スサビノリやアサクサノリ等の総称でこれは私たちがよく食べる「焼きのり」の原料になる海藻です。あまのりを紙漉きの要領で平たく敷き詰め、乾燥させたものが「板のり」、「板のり」を焼いたものが「焼きのり」です。現在流通しているもののほとんどが養殖のあまのりを原料にした焼きのりですが、天然のあまのりを使用して昔ながらの方法で作った「岩のり」と呼ばれるのりもありますが、大変高価なものになっています。また、あまのりは焼きのりとしてだけでなく、佃煮などでも食べられています。あまのりにはたくさんの栄養成分、たんぱく質やビタミン類、カルシウムや食物繊維などが含まれており栄養の宝庫であると言えます。これらの栄養は摂取することで老化防止や疲労回復、免疫力の向上、高血圧の予防などここでは紹介しきれないほどの健康効果が期待できます。スーパーなどでも売っていて手に入りやすく、手軽に日々の食事で不足しがちな栄養を補えるので、家に常備しておくとよいでしょう。
あまのり

天草-『海藻(紅藻類)の種類とあれこれ』

天草はテングサ目テングサ科の海藻で、マクサ、ヒラクサなどの総称です。寒天やところてんの材料として知る方も多いのではないでしょうか。採ってきた天草を真水で洗って天日干しを繰り返し、紅藻類特有の色を抜き、白くなったら乾燥させて乾物として流通させることができます。その乾燥させた天草を水から煮て、しばらく煮出したら布巾などで漉し、煮汁を冷やし固めるとところてんになります。ところてんを凍らせて乾燥させたものが寒天なのです。ところてんは海藻特有の香りを楽しむことができますが、寒天は水分とともに海藻の香りがほぼ抜けています。磯の香りを楽しみたい時はところてん、お菓子などを作るときは寒天を使うのが良いとされています。体の調子を整えてくれるカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富で食物繊維も多いので、便秘がちの方にお勧めの海藻です。ところてんや寒天ゼリーなど加工された形でスーパーなどで販売されているものも多くみられ、手軽に食べることができます。ローカロリーなので、ダイエット中のデザート等にも最適です。
天草

シラモ-『海藻(紅藻類)の種類とあれこれ』

シラモはオゴノリ目オゴノリ科の海藻で、天草同様ところてんや寒天の材料として利用されています。寒天を作る際、天草や数種類の海藻をブレンドして作ることが多いのですが、地方やお店によってその種類や割合が違います。そんな中でシラモは比較的多く原料として取り入れられる海藻です。寒天の材料としてだけでなく、乾物としても流通していて、水で戻した後湯通しするとシャキシャキした食感が楽しめます。酢の物やサラダ、和え物でたべるのが一般的です。ほかの紅藻類同様カルシウムや食物繊維が豊富なので、成長期のお子さんがいる家庭やお年寄りにぜひ食べてほしい海藻です。

ふのり-『海藻(紅藻類)の種類とあれこれ』

ふのりはフノリ科フノリ属の藻類の総称です。現在は食用としての利用が主ですが、昔は「のり」としての利用が主流で、着物をパリッとさせたり漆喰の材料としても利用されていました。最近ふのりの栄養成分であるフノランに注目が集まっています。フノランは水溶性の食物繊維でふのり特有のねばねばする成分です。抗酸化作用や血中コレステロールを下げる効果があるとされていて、美容に敏感な方やコレステロールが高い方にうってつけの食材といえます。また、最近ではふのりの健康成分を余すところなく利用するために、食べるだけではなくシャンプーや健康食品の原料としても使われています。料理方法としては、味噌汁やサラダなどが一般的ですが、料理店やスーパーの盛り合わせの中に刺身のツマとしてついてくることがあります。とても栄養価が高いので、ツマに入っていたらぜひ食べてほしい海藻です。
ふのり

ムカデノリ-『海藻(紅藻類)の種類とあれこれ』

ムカデノリはカクレイト科ムカデノリ属の海藻です。ムカデの様な形ののりということで付けられた名前のようですが、環境によって形態変異が激しいのが特徴です。ゆでると紅い色が鮮やかな緑色に変化します。カルシウムが豊富で、味噌汁や佃煮、酢の物、和え物などで食べられることが多い海藻ですが、地域によってはみそ漬けにするところもあります。最近では刺身のツマや海藻サラダに入っていることも多いようです。
ムカデノリ味噌汁

海藻(紅藻類)を使ったおすすめレシピ

ゆず塩麹たまごをアレンジ『ツナたま海苔丼』

ゆず塩麹たまごをアレンジ『ツナたま海苔丼』

2種類の調味料でできるごはんのお供『自家製のりの佃煮』

2種類の調味料でできるごはんのお供『自家製のりの佃煮』

栄養満点!食べごたえ抜群『金のいぶきプルコギおにぎらず』

栄養満点!食べごたえ抜群『金のいぶきプルコギおにぎらず』

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

玄米を韓国風に『金のいぶき玄米キンパ』

玄米を韓国風に『金のいぶき玄米キンパ』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

身体によいおやつを作りませんか?子どものおやつに『フルーツミルクかん』

紅い海藻「紅藻類」は、カルシウムや食物繊維を含むものが多く、男性にも女性にも良い食品であると言えます。しかもローカロリーで腹持ちが良いのでダイエットをしているときには積極的に摂りたい食品です。乾物やさんなどの専門店でないと手に入りづらいものもありますが、焼きのりやふのりなどはスーパーでも手軽に手に入れることができるので、健康的な生活のためにも毎日の食事に取り入れると良いのではないでしょうか。

文/ケノコト編集部

PR:エドノイチ

エドノイチは、日本全国の生産者から首都圏の消費者へ新鮮な食材を届ける、産地直送ECプラットフォームです。日本全国47の空港から、生産者が空輸を使って直接消費者に食材を届けられる物流をもつことが特長。水揚げから最短翌日に届くので、現地と同じような新鮮さで食材を楽しめます。
ホームページ

その他のおすすめ記事

多種多様な仲間たち『アカザ科の野菜の種類とあれこれ』

多種多様な仲間たち『アカザ科の野菜の種類とあれこれ』

お酒のお供にも『マメ科の野菜の種類とあれこれ』

お酒のお供にも『マメ科の野菜の種類とあれこれ』

粘りが特徴『アオイ科の野菜の種類とあれこれ』

粘りが特徴『アオイ科の野菜の種類とあれこれ』

元気の出る香辛野菜『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

元気の出る香辛野菜『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

実は種類が多い!『イネ科の野菜の種類とあれこれ』

実は種類が多い!『イネ科の野菜の種類とあれこれ』

独特の香り『シソ科の野菜の種類とあれこれ』

独特の香り『シソ科の野菜の種類とあれこれ』

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.09.27

HMでコーンウインナーの『御馳走ちぎりパン』

2021.09.27

女性の味方!『スパイス香るいちじくと麹甘酒のスムージー』

2021.09.26

鶏むね肉でも満足!ボリュームおかずに『みそだれチキン』

2021.09.22

とろけるナスがおいしい常備菜『ナスのはちみつマリネ』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.09.18

パリッとした皮とサクサクパン粉が絶品!『鶏肉のバジルソースパン粉き』

2021.09.15

すりおろしりんごで絶品『りんごバター』

2021.09.13

さっぱり!『大葉と茄子の餃子』

2021.09.12

なすを丸ごと炊飯器へ!『なすの炊き込みご飯』

2021.09.06

丸ごと煮込んだニンニクがとろける!ジューシー、柔らか『我が家のニンニク角煮』

編集部おすすめ記事

2021.09.28

混ぜるだけ!『麹甘酒とりんごのラッシー』

2021.09.26

栄養たっぷり!『おかわかめとミニトマトのナムル』

2021.09.25

あると便利!いろいろ使える発酵胡麻ダレで『切り干し大根の胡麻ダレ和え』

2021.09.24

旨味がギュッと詰まった黒いペースト『マッシュルームのペースト』

2021.09.22

自家製万能調味料『パンチみそだれ』

2021.09.21

実も花も食べられる!ズッキーニをおいしく食べるための下処理方法

2021.09.17

沢山食べられる♪オーブンにお任せ『オクラのロースト』

2021.09.17

はじめてのナチュラルフード『自分をつくる』

2021.09.16

むね肉がしっとり柔らか!『むね肉のネギ醤油和え』

2021.09.15

香ばしい&とろける食感『なすの蒲焼』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.08.15

管理栄養士が教えるデトックスウォーターのこと〜レシピ・ダイエットや美容効果と注意点も〜

2021.08.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2021.09.18

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2021.08.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.10.19

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』