得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.12

白ごま、黒ごま、金ごま…色の違いで風味が異なる『ごまの種類とあれこれ』

LINEで送る
Pocket

ごま科ごま属に植物学上で分類される植物の種子は、「ごま」として世界中で利用されている食材です。白ごま、黒ごま、金ごまは日本でよく流通しているごまですが、これは品種によって異なる種子の外観によって分類されています。

白ごま-『ごまの種類とあれこれ』

見た目が白いごまは白ごまに分類されています。白ごまは外皮に色素成分を含んでいないのが特徴です。ごまの種類の中では香りも味も控えめですが、苦味などの成分が少ないことからほのかな甘味を感じ取ることができます。いりごまにしても外皮には糖質やタンパク質があまり含まれていないことから焦げて黒くなりにくい性質があり、強火にかける料理に用いても白い姿のままです。料理をする際に食感や風味を良くするために混ぜることが多いごまとなっています。香りが穏やかなので他の食材の風味を大事にしたいときに重宝されているものです。生のままやいりごまとしてだけでなくすりごまや練りごまにも用いられますが、ごま油の製造では最もよく用いられています。白ごまはもともと油脂分が他の種類に比べても多いからです。油脂の組成については他のごまとは大差はなく、リノール酸やオレイン酸が豊富で血管の健康に良いとされています。加工の際に色素成分が混入するリスクもない点でも加工向きによく利用されているごまです。
白ごま

黒ごま-『ごまの種類とあれこれ』

黒ごまは外観が黒いごまを指しています。外皮に黒色に見えるような吸光度の大きい色素成分が豊富に含まれているのが特徴です。内側の胚乳部分は黒色になっているわけではなく、色素成分は外皮に局在しています。ごまの種類の中では香りは比較的強く、味わいの上ではコクがあるのが特色です。風味の強い食材と合わせて使用しても調和しやすいのがメリットであり、和え物などに生のごまやいりごま、すりごまがよく用いられています。黒い色が料理に付くことから彩りを付けるために使われる場合も少なくありません。スイーツなどに入れると色合いのアクセントになることから重宝されています。いりごまにすると風味が立ちやすいのも特徴であり、料理をする直前に軽くいってから使用することも多いごまです。練りごまにして灰色のペーストとしても用いられることが多く、味わいの深さが魅力として活用されています。昔からあまりごま油の製造には用いられてきませんでしたが、最近では黒ごま油も流通するようになりました。これは外皮に含まれている色素成分が着目されているからです。黒ごまの外皮にはアントシアニンなどのポリフェノール類が多く含まれています。ポリフェノール類は抗酸化作用を有していることから活性酸素の除去による老化防止に役立つとされている成分であり、この摂取を目的として黒ごまを選んで食べる人も増えてきました。また、たくさん食べると髪の毛が黒くなるという研究もあり、白髪対策としても着目されています。
黒ごま

金ごま-『ごまの種類とあれこれ』

金ごまは見た目が黄色から茶色あるいは金色に近い色をしたごまのことです。黄ごまや茶ごまと呼ばれる場合もありますが、白ごまや黒ごまに比べると生産量が少なくて高級品種であり、香りが高くて高級料理によく用いられていることから金ごまと呼ばれることが多くなっています。外皮を取り除くと他のごまと変わらない点では黒ごまと同じですが、金ごまには独特の芳香の高さがあるのが特徴です。見た目は白ごまと同様に穏やかでそれほど目立たないものの、金ごまに含まれているフラボノイドの影響で香りが豊かになっています。外皮の色の成分でもあるフラボノイドは抗酸化作用もあって健康にも優れた効果を発揮すると期待できるでしょう。味わいにもフラボノイドの影響があり、白ごまや黒ごまよりも深い味わいがあって噛んでいると甘味がだんだんと出てきます。濃厚で味も風味も豊かなことから高級な種類のごまとされている面もあり、日本では京都の会席料理などを代表とした料亭料理での応用が盛んです。色の調和に着目して煮物に用いられることもある一方、大福などの色のアクセントにも用いられています。白ごまや黒ごまとは異なり、練りごまとして用いられることは少ないですが、いりごまやすりごまとしては頻用されているごまです。また、金ごまの芳香を活用する目的で金ごま油も生産されるようになっています。

ごまを使ったおすすめレシピ

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ№30 『きゅうりとザーサイの和え物』

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ№30 『きゅうりとザーサイの和え物』

6月のお献立、その1。簡単おいしい!『揚げ茄子』

6月のお献立、その1。簡単おいしい!『揚げ茄子』

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

いつものごはんもアレンジ『塩麹入り黒ごま玄米ごはん』

忙しいときこそ大切にしてほしい朝ごはん『3分でできる黒ごまとバナナの豆乳ココア』

忙しいときこそ大切にしてほしい朝ごはん『3分でできる黒ごまとバナナの豆乳ココア』

『一品おかずからおにぎりづくり』秋刀魚編

『一品おかずからおにぎりづくり』秋刀魚編

たっぷり胡麻で見た目をごまかせる?!『混ぜて焼くだけ 松風焼き』

たっぷり胡麻で見た目をごまかせる?!『混ぜて焼くだけ 松風焼き』

ごまには無数の種類があり、日本で流通している大まかな分け方でも白ごま、黒ごま、金ごまの三種類に分類できます。これらは外観によって分類されていて、胚乳に含まれている成分には大きな違いはありません。しかし、黒ごまには外皮にポリフェノールが含まれていて色付いている面があり、金ごまにはフラボノイドが豊富で芳香が優れたものになっている面があって、それぞれが完全に同じというわけではありません。栄養摂取という観点からは大差はないものの、味や風味、色合いの違いには大きな違いがあるので料理への応用では適切なものを選ぶことが大切です。食材に合わせて風味の調和を考えつつ、視覚的にも美味しさを引き出せるようにすると三種類あるごまの本質を引き出すことができます。価格との相談もしながら上手に使い分けるようにしましょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

実は種類が多い!『イネ科の野菜の種類とあれこれ』

実は種類が多い!『イネ科の野菜の種類とあれこれ』

独特の香り『シソ科の野菜の種類とあれこれ』

独特の香り『シソ科の野菜の種類とあれこれ』

十字架の形に葉っぱが開く『アブラナ科の野菜の種類とあれこれ』

十字架の形に葉っぱが開く『アブラナ科の野菜の種類とあれこれ』

香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』