得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.09.16

自宅でも作れる『知って得するバターの成分と保存方法』

目次

LINEで送る
Pocket

バターは、乳の中に含まれている脂肪分を練り上げることで作られた加工品です。バターの起源については明確にはなっていませんが、少なくとも紀元前から生産されていました。世界的に料理に使用されている食材です。

バターの脂質成分の特徴ー『知って得するバターの成分と保存方法』

バターは乳脂肪を練り上げて製造されたものなので含まれている成分のほとんどが脂質です。製法にもよりますが、全重量の80%から90%程度が脂質から構成されています。バターの脂質成分として最も多いのが飽和脂肪酸であり、健康や美容に役立つとされる不飽和脂肪酸はあまり含まれていません。また、バターの脂溶性の成分の中にはコレステロールも多く含まれています。バター100gから200mg前後のコレステロールを摂取することができます。コレステロールは過剰に摂取すると高コレステロール血症になるリスクが高まるという認識が広まり、摂取してはならないものと考えている人も少なくありません。しかし、コレステロールは副腎皮質ホルモンなどの重要なホルモンの原料となり、細胞を作り上げる際に細胞膜の構成成分としても必要とされています。過剰に摂取しないことは大切ですが、不用意に嫌ってしまうと体調を崩してしまう原因になりかねません。バターの使用量はトーストであればせいぜい10g程度なので、適度にコレステロールを摂取するのには適しています。
バター3

ビタミンが豊富に含まれるバターの魅力ー『知って得するバターの成分と保存方法』

バターの主成分は脂質ですが他にも栄養が含まれています。タンパク質や炭水化物はほとんど含まれていませんが、ビタミンは比較的豊富です。バターは種類や生産時期によって色に違いがあって黄色に近い場合もあります。この色の成分となっているのがビタミンAです。ビタミンAはバターに多く含まれているビタミンであり、目の健康を維持するために欠かせないことが知られています。また、皮膚や粘膜の形成と維持にも関わるため、必要量の摂取を続けることが必須のビタミンです。バターにはビタミンDやビタミンEも多く含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収性を高めて骨を丈夫にするのに役立ち、ビタミンEは抗酸化作用を示して血管の健康を促す役割を果たすのが特徴です。これらの三種類のビタミンは脂溶性ビタミンとされるものであり、吸収性を高めるためには一緒に脂質を摂取するのが望ましいとされています。脂質に富むバターは一緒に摂取するのに適した食材であり、効率的に三つのビタミンを吸収することが可能です。この他にもビタミンKも比較的多く含まれています。
栗バター

バターの保存は冷蔵か冷凍ー『知って得するバターの成分と保存方法』

バターは乳由来の加工品であってあまり保存性は高くありません。常温では環境によっては溶け出してしまうほど融点が低いため、基本的には冷蔵か冷凍で保存することになります。使用するときには常温近くに戻してからの方が自由な大きさに切りやすいですが、何度も常温に戻したり冷蔵や冷凍をしたりという作業を繰り返していると腐敗が進みやすいので注意が必要です。未開封で密封されているバターは冷蔵で三ヶ月程度、冷凍で一年程度は保存できます。開封後は冷蔵で二週間から一ヶ月程度、冷凍で一ヶ月から三ヶ月程度が美味しく食べられる限度になります。使用頻度や保存環境によって食べられなくなってしまうまでの期間は異なりますが、常温に戻したときに異臭がしたり、カビが生えたり、部分的に黄色くなったりしているときには変質していると考えて捨ててしまうのが賢明です。保存性を高めるためには冷蔵でも冷凍でも開封後は小分けをして保存し、順番に使っていくようにするのが良い方法です。それぞれをラップに包んで密封できる袋に入れておくと長持ちしやすくなります。

バターは料理に上手に活用ー『知って得するバターの成分と保存方法』

バターは脂質の固まりという印象があって敬遠されがちですが、独特の風味があって料理を美味しくする風味付けに役立ちます。一つの料理に使う量はあまり多くはないので、美味しい食事をするための調味料として活用するのは効果的な使い方です。ソテーをするときに油を敷く代わりにバターを使用しても風味が変わりますが、よりバターの風味を活かそうと考えたら仕上がりに料理の上にかける方法が優れています。バターはどのような食材にも馴染みやすく、肉や魚だけでなく野菜にも米や小麦粉にもよく調和するので広く利用することが可能です。美味しいからといって使い過ぎてしまうと脂質の過剰摂取になってしまうリスクはありますが、風味付けに少量を使うという考え方をしていれば問題ありません。また、有塩バターには塩分も含まれているので少し塩味を効かせたいときに使うこともできます。逆にお菓子作りなどをするときには無塩バターを使えば塩が入ることはありません。美味しい料理のレシピにはしばしば使用されている食材なので上手に使っていくようにしましょう。
じゃがバタ

バターを使ったおすすめレシピ

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

香ばしバター醤油が良く絡む『鯖とそら豆のバター醤油焼き』

香ばしバター醤油が良く絡む『鯖とそら豆のバター醤油焼き』

ペットボトルに入れて振るだけ『1分で出来る自家製バター』

ペットボトルに入れて振るだけ『1分で出来る自家製バター』

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

やっぱり栗は旬の時期に!栗をたっぷり使った『栗バター』

朝ごはんにおすすめ!これから旬のりんごを使った『バターソテートースト』

朝ごはんにおすすめ!これから旬のりんごを使った『バターソテートースト』

天然の魚介だしをたっぷり吸って『あさりバターの炊き込みご飯』

天然の魚介だしをたっぷり吸って『あさりバターの炊き込みご飯』

長い歴史を持つバターは様々な料理の味や風味を高めるために利用されています。飽和脂肪酸を中心とした脂肪が大半を占めるのは確かですが、ビタミンAを代表とするビタミンも含んでいるので上手に料理に活用しましょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

女性の味方『知って得するザクロの成分と保存方法』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

嬉しい栄養たくさん『知って得する柿の成分と保存方法』

漬物にして常備菜に『知って得する梅の成分と保存方法』

漬物にして常備菜に『知って得する梅の成分と保存方法』

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

疲労回復にも活躍『知って得するぶどうの成分と保存方法』

優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

	優秀なエネルギー源『知って得するバナナの成分と保存方法』

健康に良い?!『知って得する落花生の成分と保存方法』

健康に良い?!『知って得する落花生の成分と保存方法』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.16

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『06 発酵のあるくらし』

2018.07.13

レンジで簡単!『トマトの杏仁豆腐』

2018.07.12

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2018.07.12

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

2018.07.07

二十四節気の暮らし方「暑さが段々本格的になる『小暑』」時には暑さを楽しもう

2018.07.05

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2018.07.14

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

2018.07.13

だしがらでもう一品『しっとりふりかけ』

2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

2018.07.12

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2018.07.10

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.04

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』